シマノの振出式ルアーロッド「フリーゲーム」の特徴とラインナップをまとめました。持ち運びに便利なコンパクトロッドなので、遠征用にもおすすめですよ。

シマノ製エギングロッドの全体像

シマノのエギングロッドは主に8つの製品ラインで構成されています。一覧は↓のとおりです。

製品ライン実売価格
セフィア リミテッド65,000円前後
セフィア エクスチューン45,000円前後
セフィア CI4+30,000円前後
セフィア SS20,000円前後
セフィア BB15,000円前後
ソルティーアドバンス10,000円前後
★フリーゲーム9,000円前後
ルアーマチック6,000円前後

本記事で紹介する「フリーゲーム」はアンダー1万円のお手頃価格でエギングを楽しめるコスパロッドとなっています。

シマノ「フリーゲーム」の特徴

出典:シマノ

続いては、シマノ「フリーゲーム」の特徴を見ていきましょう。注目ポイントは↓の3点です。

  1. 持ち運びに便利な振出式の本格ロッド
  2. トップガイドにSiCリングを採用
  3. シマノのオリジナルリールシートを搭載

持ち運びに便利な振出式の本格ロッド

出典:シマノ

「フリーゲーム」が他の製品ラインと最も違うのが、振出式という点です。仕舞寸がコンパクトなので、持ち運びがすごく便利。サブロッドとして車に積んでおくのも良いでしょう。

トップガイドにSiCリングを採用

「フリーゲーム」はラインとの干渉が多いトップガイドに、SiCリングを採用しています。激しいアクションやファイト時にありがちなラインへのダメージを軽減。苦労して掛けた1匹を無念のラインブレイクでバラす…なんて、悲しい出来事も起きにくいです。

シマノのオリジナルリールシートを搭載

出典:シマノ

リールシートはシマノのオリジナル。軽くて手に馴染み、正確なルアー操作をアシストしてくれます。エギングロッドでは定番のアップロック式となっており、他の製品と併用する場合も違和感なく使えます。

シマノ「フリーゲーム」のエギング対応モデルまとめ

出典:シマノ

シマノ「フリーゲーム」は様々なルアーフィッシングに対応する汎用ブランドなので、スペック展開は豊富です。本記事では、全9機種の中からエギングに使える3機種を紹介します。スペックの一覧は↓です。

モデル全長(m)自重(g)エギサイズ(号)
S80ML-42.441352.0~3.5
S86ML-42.591402.0~3.5
S90ML-42.741502.0~3.5

全モデル共通でロッドパワーはML。小~中型のエギを中心としたベーシックなエギングを楽しめる竿調子となっています。

フリーゲーム S80ML-4

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥8,624(2020/12/05 21:55:24時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重エギサイズ仕舞寸法
2.44m135g2.0~3.5号70.5cm

操作性に優れた8.0ftモデル。それほどキャスト飛距離を必要としない港内を中心に釣りを展開するときに便利です。取り回しが良いのでエギング初心者の方でも扱いやすく、入門用の1本にもGood!

フリーゲーム S86ML-4

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥8,626(2020/12/05 21:55:25時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重エギサイズ仕舞寸法
2.59m140g2.0~3.5号74.1cm

エギングロッドの定番レングス8.6ftモデル。キャスト飛距離と操作性のバランスが良く、どんなシチュエーションにも対応する万能型です。漁港でも磯場でもエギングするよ~って方におすすめ!

フリーゲーム S90ML-4

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥9,240(2020/12/05 06:08:07時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重エギサイズ仕舞寸法
2.74m150g2.0~3.5号78.2cm

豪快な飛距離を持ち味とするロングロッド。9ftの長尺を活かした遠投で、他の釣り人のエギが届かないエリアを攻めることができます。スレていない高活性な個体を狙えるので、イカを釣るチャンスも多いです。

てことで、シマノ「フリーゲーム」の紹介は以上~!その他のシマノ製エギングロッドを一気見するなら↓の記事が便利だゾ♪