リトリーブ主体の釣りに最適なジグヘッド「ジグパラヘッド スイムタイプ」の特徴とラインナップをまとめました。重量の種類もいっぱいあるので、いろんなシチュエーションで活躍してくれますよ。

メジャークラフト「ジグパラヘッド スイムタイプ」の特徴

まずはメジャークラフト「ジグパラヘッド スイムタイプ」の特徴を見ていきましょう。注目ポイントは↓の3点です。

  1. 巻きでのレンジキープがしやすいラウンドヘッド
  2. しっかり吸わせるノーマルゲイブ
  3. ワームキーパーでズレを軽減

巻きでのレンジキープがしやすいラウンドヘッド

「ジグパラヘッド スイムタイプ」は癖のないラウンドヘッド形状。正面からの水の抵抗を適度に受け流してくれるので、リトリーブによるレンジキープがしやすいのが強みです。巻きを中心にゲームを組み立てる方におすすめのジグヘッドとなっています。

スイムに強いジグヘッドながらも、フォール姿勢も安定。巻き→ストップ→巻き→ストップ…、という食わせの間を作りながらのアプローチも有効です。

しっかり吸わせるノーマルゲイブ

フックは針先がまっすぐのノーマルゲイブです。バイトを弾きづらいので、吸い込み系のバイトをする魚の口にもスムーズに入っていきます。チャンスが少ない渋めの状況でも、虎の子のバイトをものにすることが可能です。

ワームキーパーでズレを軽減

「ジグパラヘッド スイムタイプ」のフック軸には樹脂製のキーパーが搭載されています。この小さなポッチリのおかげで、刺したワームがかなりズレにくくなり、バイトチャンスが増加。刺し直しの手間も減るので、手返しも良くなります。

 

メジャークラフト「ジグパラヘッド スイムタイプ」のラインナップ

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥287(2020/11/29 15:19:43時点 Amazon調べ-詳細)

「ジグパラヘッド スイムタイプ」には以下の7種の重量がラインナップされています。

  • 0.6g
  • 1g
  • 1.25g
  • 1.5g
  • 2g
  • 2.5g
  • 3g

下は0.6g、上は3gまで充実のラインナップ。単体で使ってもいいですし、軽めのやつを遠投リグと組み合わせてもOKです。アジングにもメバリングにも万能に使えますね。

 

てことで、メジャークラフト「ジグパラヘッド スイムタイプ」の紹介は以上~!その他のメジャクラ製ジグヘッド・ワームを一気見するなら↓の記事が便利だゾ♪