堤防というのは、好きなときに行けて好きな時間に帰れるという気楽さが人気の理由です。反面、釣り人が多くてなかなか好ポイントに入れず、釣り座を確保することさえままならない場合があります。その点、渡船を利用して渡る沖堤防はそれほど混雑することはなく、魚も多いという特徴があります。いつもは堤防で釣りをしている皆さん、たまには渡船で沖堤防に渡ってみませんか。きっと新しい世界に触れることができますよ。

●沖堤防の入門には最適な唐津一文字

出典:著者

唐津一文字はその名の通り、真っすぐな堤防です。唐津湾の奥、大島と鳥島の間にあり、唐津港や火力発電所(現在は稼働していない)を波から守っています。鳥島側には同じような形の鳥島一文字があり、やはり釣りは可能です。そのときの状況によって釣れ具合は異なりますから、渡船の船長に尋ねてどちらかを選べばいいでしょう。

撮影:著者
唐津一文字の外側にはテトラが投入されており、外側を釣りたければこの上から竿を出すことに
なります。もっとも、テトラとはいえ、それほど足場は悪くはありません。

一文字は外側にテトラが入っていますから足場はよくはありません。しかし、グレやスズキはこちらの方が多く、テトラ側で竿を出す人は少なくないのです。対して、内側は平坦で足場はいいものの全体に低く、満潮時は船が通ったあとの航跡波が押し寄せてきます。こちらはチヌがメインで、メバルやウミタナゴ、アジ、サヨリがアタります。投げ釣りではシロギスやカレイも出ます。さらに、ハリに掛かった小アジを泳がせるとヒラメやマゴチもヒットします。ビギナーの皆さんが竿を出すなら内側がおすすめです。

撮影:著者
唐津一文字の内側は平坦で足場がよく、クーラーボックスに座って
のんびりと竿を出すことができます。

最近は冬〜春にスズキの群れが入ってくることが多く、ルアーファンは仕事前にロッドを振って、それから通勤しているケースがよく見られます。情報が入れば一度試してみてはどうでしょう。

●沖堤防ではかならずライフジャケットを

撮影:著者
唐津一文字の渡船・一樹丸(かずきまる)です。連絡先は☎090-1162-3586です。船着場の近くのホクト釣具が窓口になっており、こちらに連絡しても予約はできます(☎0955-72-8035)。
また、唐津一文字の情報をネットで流していますから参考にしてみてください。

沖堤防で釣りをしたことのない人に、渡船を利用するうえでの注意を説明しておきましょう。まずは、遅くても釣行日の2、3日前には渡船業者に連絡します。何日に何人で行くという旨を伝え、そのとき出港時間と釣況を確認しておきます。できれば駐車地点も聞いておきたいところです。そして、前日にも必ず連絡して、悪天候による中止はないかどうか確認してください。

当日は出港の30分前には到着するようにしておきます。エサや食料はすべて準備し、ライフジャケットは必ず着用します。磯なら磯靴・磯ブーツも欠かせないところですが、堤防ならその必要はありません。

ほかに釣り客がいれば船や駐車場を教えてくれます。船がわかれば自分の荷物を積み込みます。間違われないように、荷物には自刎の名前を大きく書いておきます。

船長がやってくれば挨拶して、初めてであることと魚はなにを釣りたいかを告げます。釣り場は船長が指示してくれますから、そこで船を降りて荷物を下ろします。釣り道具の上げ下ろしは釣り客の共同作業です。他の釣り人の下船・乗船時には必ず手伝ってください。

納竿時刻は必ず船長に伝えておきます。回収時間はある程度決まっているところが多いので、それに合わせて自分のスケジュールを調整します。

堤防に上がったらあとはいつものペースで釣りをして構いません。いつも釣りをしている場所と違って釣り人が少なく、のんびりできるのも沖堤防のメリットです。

撮影:著者
唐津一文字の向かいにある鳥島一文字です。先端に白灯台があるため「白」と呼ばれています。
対して、唐津一文字は赤灯台があり、「赤」と呼んでいます。

回収時間の30分前には準備を始めます。釣り道具を片付けてバッカンなどの汚れものを洗い、コマセで汚した釣座もきれいに洗い流しておきましょう。船が迎えにきたらすぐ乗船できるように準備を整えます。
港に戻ったら料金を払って帰宅します(渡船によっては前払いのところもあります)。

●30㎝のチヌが1匹

暑さが一段落した10月末、この唐津一文字に釣行しました。平日なので同行者はなく、他の釣り人も少ない日でした。

釣りを始めて1時間ほど経過したころ、それまで反応がなかったウキにようやく動きが出てきました。コマセが効いてきたようです。サシエがかじられたりなくなったりと明らかに魚が食べた形跡が表れてきました。そして、待望のアタリ。スーッとウキが消えていき、なおも待っていると竿先に乗ってきました。そこで竿を立てます。確かな重みが感じられます。ただ、それほど大きくはないようです。

撮影:著者
この日釣れた唯一の獲物です。春には40㎝オーバーが期待できますが、秋は20〜30㎝が中心です

上がってきたのは30㎝クラスのチヌでした。さて、秋にこれより大きいサイズが望めるのかどうか。春なら期待できますが、秋は小型の数釣りと相場が決まっていますから、難しそうです。

ところが、その直後、風の方向が変わって波が出てきました。ボクは唐津一文字の内側で竿を出していたのですが、ほぼ正面から風を受け、満潮だったせいもあって足元が波を被り始めたのです。仕方なく足場を移動しましたが、そこではアタリがなく、30㎝1匹で納竿しました。たまにはこんなこともありますね。

●まとめ

初めての体験は尻込みする人が多いものですが、それを乗り越えた先にはもっと素晴らしい世界が広がっています。通い慣れた堤防にはそれなりのよさがありますが、沖堤防にはまた違った魅力があります。それを知ると、あなたの釣り人生はもっと豊かになるでしょう。唐津一文字は沖堤防の入門には打ってつけの釣り場です。料金は安く(往復1,000円)、乗船時間も短くて、通常の堤防と同じ感覚で釣りを楽しむことができるでしょう。