ダイワから発売されている格安アジングロッド「アジングX」の特徴を紹介していきます。アンダー1万円ながらもしっかりアジングを楽しめるロッドですので、入門用ロッドをお探しの方はぜひチェックしていってください。

ダイワ製アジングロッドのラインナップ

まずはダイワ製アジングロッドの全体像をサクッと見ていきましょう。

泣く子も黙る大手メーカー「ダイワ」ですから、アジングロッドのラインナップも充実しており、5つの製品ラインに分かれています。

製品ライン実売価格
月下美人 EX アジング
月下美人 EX AGS アジング
50,000円~
月下美人 AIR AGS アジング30,000円~
月下美人 MX アジング20,000円~
月下美人 アジング10,000円~
★アジングX7,000円~

本記事でご紹介する「アジングX」は最もリーズナブルな価格で入手できるエントリーモデル。とにかく安く快適にアジングを始めてみたいという方におすすめのロッドです。

ダイワ「アジングX」の注目ポイント

続いてはダイワ「アジングX」の特徴を紹介していきます。注目ポイントは以下の3点。

  • 「ブレーディングX」でブランクスを強化
  • 握りやすいオリジナルのリールシート
  • 上位モデル「月下美人」シリーズを感じさせるデザイン

「ブレーディングX」でブランクスを強化

出典:ダイワ

アジングXには、ブランクスの最外層にX状のカーボンテープを巻き付ける「ブレーディングX」という技術が採用されています。カーボンテープで斜め方向に締め上げることでロッドの強度が大幅に向上。魚に主導権を渡さず、安定したファイトを展開できます。

握りやすいオリジナルのリールシート

出典:ダイワ

アジングXは低価格帯のロッドながらも、こだわりのオリジナルリールシートが搭載されています。ライトゲーム用に設計されているので、適度なフィット感がありアタリの伝達もスムーズです。

手が触れる部分にはスリットが使われており、キャストやリグ操作時に滑りにくく快適。釣果アップのために必要不可欠なキャストの再現性を高める補助をしてくれます。

上位モデル「月下美人」シリーズを感じさせるデザイン

出典:ダイワ

アジングXは実釣性能だけでなくデザインにもこだわって開発されています。リールシートやバット部分は特に、月下美人を彷彿させる仕上がりとなっており、とてもアンダー1万円のロッドには見えません。

ダイワらしい”品”をまとっており、少し遠めから見ると月下美人シリーズそのもの。わざわざ「アジングX」という名前に変えず、月下美人ブランドで展開しても良いのでは?って思えるほどです。

ダイワ「アジングX」全モデルの特徴

続いてはダイワ「アジングX」各モデルの違いや特徴をご紹介していきます。スペックのラインナップは以下の3種類です。

モデル全長自重ルアー重量
59UL-S1.75m98g0.3~5g
68L-S2.03m108g0.5~8g
72L-S2.18m115g0.5~8g

短い順に見ていきましょ~!

アジングX 59UL-S

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥7,370(2020/12/04 16:55:06時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.75m98g0.3~5g2pcs

「59UL-S」はジグ単での近距離戦に特化したショートモデル。スローな誘いで常夜灯下のアジに口を使わせるアミパターン攻略を得意とします。ジグ単に割り切ってシンプルに攻めたい方にピッタリです。

アジングX 68L-S

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥11,128(2020/12/04 19:38:20時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.03m108g0.5~8g2pcs

「68L-S」はジグ単から軽めの遠投までをこなすオールラウンダー。アジングならほとんどの仕掛けに対応でき、足元から沖まで満遍なく探ることができます。1本で何でもできる万能型なので、アジングデビュー用の1本におすすめです。

アジングX 72L-S

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥11,529(2020/12/05 07:50:42時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.18m115g0.5~8g2pcs

「72L-S」はジグ単よりも遠投リグの使用に適したロングロッド。キャロやフロートで沖の良型アジを狙いたいシチュエーションで活躍してくれます。ジグ単用とは別に遠投に特化したヤツが欲しいぜって方はぜひ。

コスパ抜群の「アジングX」で華麗なデビューを決めよう!

というわけで、ダイワの格安ロッド「アジングX」の紹介は以上です。アンダー1万円で入手できるにもかかわらず、快適にアジングができる性能と月下美人ライクな美しいデザインなんて欲張りですよね。

これからアジングを始めたい方におすすめのロッドであることは間違いありません。お近くの釣具屋さんでぜひ手に取ってみて下さい。

入門用の1本におすすめのモデル「68L-S」

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥11,128(2020/12/04 19:38:20時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.03m108g0.5~8g2pcs

全3種の中でアジングデビューにおすすめなのは「68L-S」。ジグ単から遠投リグまで満遍なくカバーしてくれるので、フィールドを選ばず活躍してくれる1本です。