ホッケはだれしもが知っている美味しい魚で、干物にされたものを食べたことが人も多いのではないでしょうか。そんな味に定評のあるホッケですが、実は岸から手軽に釣ることができます。

そして、これから迎える春はホッケ釣りのハイシーズン。タイミングが合えば数釣りも夢ではなく、おすすめの時期でもあります。

今回は味にも釣り味にも定評がある、ホッケの釣り方や仕掛けをご紹介します。

ホッケの釣り方

ホッケはさまざまな釣り方で狙うことができます。餌釣りはもちろん、ルアーでも狙えることから、とても人気がある釣りです。

ここでは、簡単で効率よく釣ることができるサビキ仕掛けについてご紹介します。

ホッケの仕掛け: サビキ仕掛け

出典:著者

ホッケ釣りで使うサビキ仕掛けは特別なものではなく、市販されている一般的なもので十分釣ることができます。難しい仕掛けを作る必要もないので、だれでも簡単に挑戦できるのも魅力の一つです。

ロッド

ロッドは磯竿の3号前後を準備しましょう。堤防から近場を狙うことが多いので、7フィート程度のシーバスロッドなどでも代用できます。水深が浅い場所であれば、硬めの渓流竿を使う人もいます。

リール

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥9,800(2020/09/27 17:25:06時点 Amazon調べ-詳細)

リールは3000番前後の使い勝手が良いです。基本的に岸から近い場所で釣れるため、大型のリールは必要ありません。

ライン

ラインはナイロンラインの3号前後を用意しましょう。大きなものでは60cm近くなるため、あまりに細いラインでは切られてしまいます。

サビキ

ホッケ釣りで使うサビキ仕掛けは市販されているものがおすすめです。サイズはホッケのサイズに合わせて3~5号を使い分けましょう。時に大型が針掛かりして、切られることもあるため予備の仕掛けは必要です。

ホッケ釣りのエサは?

created by Rinker
マルキュー(MARUKYU)
¥550(2020/09/27 17:25:08時点 Amazon調べ-詳細)

ホッケ釣りでは通常のサビキと同様にオキアミを使います。ブロック状に冷凍してある「オキアミブロック」が安価でおすすめです。

春先はまだ気温が低いので、あらかじめ解凍したものを持っていくと良いでしょう。サビキへの反応が悪い場合は少し大きめのオキアミを付け餌として針に付けると効果的です。

ホッケの釣り方

コマセカゴに解凍したオキアミを入れ、底まで落とします。そのまま待って、アタリがなければオキアミを水中に広げるように意識して竿を上下させましょう。最初のうちはまだ魚がよって来ていない場合が多いため、あまり待たず短いピッチで仕掛けを投入します。

アタリがあっても、すぐに仕掛けを上げずその場で待つことで、複数のホッケが仕掛けにかかるので、効率よく釣果を伸ばすことができます。

ホッケが釣れる場所

ホッケは茨城以北の太平洋沿岸や日本海の沿岸に生息しています。なかでも北海道は生息数が多く、一般的な釣りものとして知られています。

ホッケを岸から狙う場合は堤防や磯が良いでしょう。特に堤防は足場が良く、釣りもしやすいのでおすすめです。堤防でも潮通しの良い場所を重点的に攻めることで釣果を伸ばすことができます。

ホッケが釣れる季節と時間帯

ホッケは普段、水深の深い場所に生息しているため、船釣りであれば通年釣ることができます。岸から狙う場合は、産卵のために接岸してくる冬、もしくは産卵後に荒食いを始める春がおすすめ。特に春のホッケは「春ボッケ」とも呼ばれ、食味が良い点も魅力です。

また、ホッケは昼間、夜間問わず釣ることができます。特に朝まずめはホッケの活性が上がるため外せない時間帯です。

まとめ:ホッケの釣り方や仕掛けをご紹介!

ホッケはとても美味しい魚であるとともに、釣りのターゲットとしても人気の魚です。特にこれから迎える春は産卵後の荒食いと水温の上昇によって釣りやすい時期といえます。

さらに、「春ボッケ」とも呼ばれる旬の時期に当たるため、食味も抜群。干物が美味しいことは知られていますが、新鮮なホッケはまた格別です。鮮度の良いホッケはなかなか出回らない釣り人の特権といっても過言ではありません。

釣りを楽しむも良し、美味しくいただくのも良し。魅力あふれるホッケをこの春に狙ってみてください。