釣って楽しく食べておいしい魚ということで人気のターゲット、カサゴ。でも、釣り船に乗ってまで行くのはちょっと…、という人も多いのでは?でも大丈夫。カサゴを堤防から狙えるポイントが東京都内にもあるんです。気軽に行ける安全な堤防釣りなので親子で楽しめますよ。そんなカサゴがゲットできる都内のポイントを4カ所、ご紹介します。

【東京都江東区】若洲海浜公園

撮影:著者

若洲海浜公園は東京都江東区にある公園で、海釣り公園に加えキャンプ場やゴルフ場が一体となった大きな公園です。
アクセスは、近場の人なら車か自転車で。
電車やバスでのアクセスは新木場駅から都営バスとなります。

海釣り公園は人工の防波堤がメインの施設で、なんとこの防波堤は海釣り専用です。
その他、人工磯もありますが、こちらは小さなお子さんには危ないので今回はおススメしません。
また、海に向かって突き出ている防波堤に沿って沖の方に出なくても、手前の堤防からでもカサゴが狙えます。
それもそのはず、この公園では公益財団法人日本釣振興会協力の元、カサゴの稚魚の放流を行っているんです。

防波堤は人気が高く、特に土日などは場所取りも結構激しいのですが、そんな無理をしなくても駐車場や自転車置き場から歩いてすぐの場所でカサゴが狙えるのですから、親子連れなら安全面も考えればこの堤防で十分でしょう。
ただし防波堤側と違い堤防側は投げ釣り禁止なのでご注意を。

エサはイソメで、狙い方はお好みですがズボラな方は置き竿でも釣れます。
おススメはオモリを極力小さくしてのズル引き。ルアーでももちろん狙えますが、このポイントではルアーを使うとセイゴやフッコのヒットの確率が高まるので、エサ釣りがおすすめです。
また、公園内には釣具店もあるので、手ぶらで行っても釣りが可能なのはうれしいですね。

若洲海浜公園&江東区立若洲公園の詳細はこちら⬇︎

所在地〒136-0083 東京都江東区若洲 3-1-2
アクセスメトロ銀座線/JR京葉線/りんかい線
「新木場駅」から都営バスで15分
駐車場若洲海浜公園駐車場(345台):1日500円
江東区立若洲公園駐車場(492台):
普通車500円、大型車2,000円(入場毎精算)
※21時〜6時まではオートバイの入場禁止
駐輪場あり(無料)
竿現地調達可能(竿・エサのセット、椅子の有料レンタル有)
売店2箇所あり(釣具店)
公式HP若洲海浜公園&江東区立若洲公園

【東京都品川区】船の科学館周辺

撮影:著者

こちらは住所は品川区東八潮ですが場所的には人気のエリア、お台場からも歩ける距離にある台場エリアの公園です。

基本的に海釣りのための公園ではないのですが、逆に言えばそれだけ堤防の柵がしっかりしているので、小さなお子さん連れの釣りでも安心です。
ただその分、釣りをしない人も結構いるので釣りには細心の注意が必要です。

こちらでの釣りは夜がおすすめですが、昼間でも釣れなくはありません。
というか、夜釣りに行くと特に夏場はデート中のカップルだらけでとても浮くのでやめた方がいいでしょう。

こちらも投げ釣りは禁止なので基本的にはヘチ釣りで、エサは試してみたところイソメなどよりもアジやサバなどの切り身の方が食いが良かったです。
ルアーでも釣れますが障害物が多く、行けばわかりますが数多のルアーがあちこちに引っかかって放置されていますので、あまりおすすめはいたしません。

ただ、少々残念なことに現在船の科学館周辺はリニューアル工事中です。
このため住所でいうと品川区八潮のあたりは立ち入り禁止で釣りができません。しかし、南極観測船「宗谷」の周辺、住所でいうと江東区青海のあたりは問題なく釣りができますので、ご安心を。

ちなみに、この船の科学館から200mほど南へ下った青海ふ頭公園もいい釣りスポットだったのですが、2019年6月現在、工事のため閉鎖されています。
再開は来年の予定のようです。

ついでに立ち寄っても楽しい。船の科学館⬇︎

所在地〒135-8587 東京都品川区東八潮3番1号
アクセス新交通ゆりかもめ「東京国際クルーズターミナル駅」下車すぐ
りんかい線「東京テレポート駅」下車徒歩約12分
駐車場あり(1時間300円【以降30分100円】)
駐輪場特にありませんがどこでも停められます
竿持って行く必要あり。
売店なし(近くにコンビニあり)。トイレもあります。
公式HP船の科学館

【東京都江東区】暁ふ頭公園

撮影:著者

暁ふ頭公園は「こんなところに公園があったのか!」というようなとてつもないへき地にある公園です。

しかし、BBQ場も併設されている一応立派な都立公園です。
とはいえ筆者はBBQをしている人達をあまり見たことがありません。
まぁこんなへき地まで来なくても今や都内にBBQ場は掃いて捨てるほどありますからね。

話が逸れましたが、それだけへき地の公園というだけあって結構色々釣れます。

シーバスセイゴカレイアイナメメバルハゼギンポ、そしてカサゴ

こちらも投げ釣りは禁止ですが、人がとても少ないのでちょい投げならできます
ただこちらの公園の難点は、堤防の柵の先にまだ1mほどコンクリが出っ張っているところです。小さなお子様ならちょい投げでも仕掛けを海に落とすのはちょっと難しいかもしれません。
仕掛けの投げ込みだけは大人がやってあげた方がいいかもしれませんね。

こちらでのカサゴはオモリを小さくした仕掛けにイソメを付けてズル引きが最も釣果が良かったです。底が比較的砂地になっているのか根掛かりが少ないのでズル引きがあっているのかもしれません。

ただこの公園は本当に遠いです。車がないとアクセスはほぼ不可能といっても過言ではありません。子連れならなおさらです。

調べたら公式HPにはテレコムセンター駅から徒歩20分と書いてありましたが、ムリです。
絶対ムリです。
30分くらいかかります。

しかも、途中から人っ子一人歩いていない、雑草が背の丈よりも伸びたような不気味な道を歩かされます。
夜なら一人で歩くのは正直、勘弁してほしい道です。
そんな場所にあります。
ただし、だからこそ結構釣れるので、やっぱりおススメです。

なので実はあまり人に教えたくない公園でもあったりします…。

秘境?暁ふ頭公園の詳細はこちら⬇︎

所在地〒135-0064 東京都江東区青海三丁目・四丁目
アクセス新交通ゆりかもめ「テレコムセンター駅」
下車徒歩20分(やめといた方がいいよ)
駐車場あり(無料)
駐輪場特にありませんがどこでも停められます
竿現地調達可能
(竿・エサのセット、椅子の有料レンタル有り)
売店あるわけなし(最寄りのコンビニまで徒歩30分くらい)。
トイレはあります。
公式HP暁ふ頭公園

【東京都江東区】有明西ふ頭公園

撮影:著者

こちらの公園はコミケなどで有名な東京ビッグサイトのおとなりにあります。

海沿いに堤防が延々と続く公園ですが、先の方まで行くと突然堤防が無くなっていて危険な場所になっていますので、お子様連れの場合は注意してください。

こちらのポイントで釣れるのはシーバスセイゴメバル、そしてカサゴ

ついでにアカエイというどえらい迷惑なヤツも結構かかるので、注意が必要です。
といっても注意してても食ってきちゃうのでエサ釣りは基本おすすめしません。

こちらでカサゴを狙うならワーム系のルアーが最も食いがいいようです。
ヘチ釣りや落とし込みで狙うも良し、ちょい投げで探りながらも良し。

堤防が切れているところを除けば足場もかなり良く、眺めもいいので休日のお昼などは親子連れで行くと本当に楽しいスポットです。

しかし、コミケ開催中はこの辺りでコミケ参加者の皆さんが大撮影会やら大物々交換会やら何やら一般人には何をしているのかよく分からないことをしていらっしゃるので、コミケの日がいつか確認して避けた方がいいでしょう。

アクセスもゆりかもめの東京ビッグサイト駅の目の前と至便ですので、手軽に行けるのもうれしい有明西ふ頭公園。
ただし、売店等はありませんので事前の準備はお忘れなく。

※公式HPを見ると、「工事中」となっていますが(2019.6.12現在)、6月11日に実際に現地で見たところ工事は終了していました。

アクセス良好!有明西ふ頭公園の詳細はこちら⬇︎

所在地〒135-0063 東京都江東区有明3-12
アクセス新交通ゆりかもめ「東京ビッグサイト駅」徒歩3分
駐車場なし
駐輪場特にありませんがどこでも停められます
竿現地調達可能
(竿・エサのセット、椅子の有料レンタル有り)
売店なし。
トイレはあります。
公式HP有明西ふ頭公園

【まとめ】

都内で比較的簡単に行けて親子で楽しめるカサゴ釣りのスポットを4つご紹介しました。今回は「親子で」ということで夜釣りに関する情報は入れませんでした。夜釣りの場合、終電の時間や駐車場の閉まる時間など留意しなければならない点が増えるのでご注意ください。
ただ、親子で日中に行くなら、どこも眺めが良く安全な場所ですので、これからの季節とても楽しい時間が過ごせると思いますよ。