冬のバス釣りは過酷です。にっちもさっちもいかない、何をやってもダメ、そんなことも日常茶飯事でしょう。

ただそんな時こそ試して欲しいのがシャッドです。シャッドはタフコンディション下で有効なのはもちろん、冬でも力を発揮してくれるルアーとして知られています。冬の厳しい時こそシャッドの釣りがおすすめです。

冬のバス釣りにシャッドが欠かせない理由

小さなボディ・弱い波動

冬のバスは著しく低活性なため、いかに口を使わせるかがポイントですが、そういった状況でも効果を発揮してくれるのが小ぶりで波動が弱いルアーです。特にシャッドは低活性時には有効で、ワームがダメな時でも信頼して使うことができます。

もちろん状況によっては波動が強いほうが効果的な場合もありますが、バスが著しく低活性な時はシャッドのような小ぶりで波動が弱いルアーを選ぶのがベターでしょう。

水中で止めることができる

シャッドは大きく分けるとフローティングモデルとサスペンドモデルがありますが、冬に有効なのはサスペンドモデルです。理由は冬のバスの鼻先でルアーを止められるからで、ルアーを追わないバスに長時間ルアーを見せることができます。

また、ロッドワークやルアーのモデルを変えることによって、バスがサスペンドしているであろう位置にルアーを送り込むことができるのも大きいでしょう。ワームも中層では止められません。中層で止めることができるのはサスペンドシャッドならではのメリットと言えます。

護岸などを効率的にトレースできる

低活性のバスにはもちろんワームも有効ですが、延々続く護岸やテトラ帯などを攻める場合は、線の釣りのほうが効率的にチェックすることができます。

とりわけハードボトムではシャッドが釣りやすいのでおすすめです。また、波動が弱いシャッドであればスレにくいので同じラインに何度か通すことができるのもメリット。一度トレースしただけでは口を使わないバスにも効果的です。

シャッドの使い方や冬に有効なアクション

出典:写真AC

ただ巻き

シャッドの基本的な使い方はただ巻きですが、注意したいのはトレースするレンジや巻くスピードです。

まずトレースするレンジに関しては、ボトムを切った中層をイメージするようにして巻きます。ボトムべったりのバスは活性が著しく低く口を使わせるのは難しいので、少し浮いた僅かでもやる気のあるバスを狙うのがポイントです。

次に巻くスピードはゆっくりがベター。冬のバスが勢いよくベイトフィッシュを追いかけ回すというのは想像しづらいので、バスの活性に合わせてスローに巻きます。冬はバスにゆっくりじっくりルアーを見せることが大切です。

ストップ&ゴー

ストップ&ゴーは、「アクション後にポーズを入れてバスを誘う」シャッドが得意なアクションです。とりわけサスペンドシャッドであれば水中で止めることができるので、冬の超低活性のバスにもルアーを長く見せて焦らすことで口を使わせることができます。

冬はやはりアクション後のポーズ中にバイトがあることが多く、時にはポーズの時間を長くとることも有効です。

トゥイッチ

トゥイッチは、弱った小魚の動きを演出するためにヒラを打たせるテクニックです。

やり方はルアーを小さく小刻みに動かすイメージでロッドティップを水面に向けてチョンチョンと動かします。このチョンチョンの動きを大きくすると、その分だけルアーが派手に大きく動くので弱った小魚を演出したい時には、コンパクトなロッドワークがポイントです。

また、トゥイッチは先程紹介したストップ&ゴーで応用することができます。トゥイッチをした後にポーズを入れることで、よりベイトフィッシュに近い動きとなるのでもちろん冬場でも有効です。さらにはメリハリのある動きとなるので、リアクションバイトを狙うことも可能です。

冬におすすめしたいシャッド3選

O.S.P ハイカット

ハイカットはバランスが良い使いやすいシャッドです。特に波動が抑えられたピッチの早い動きとベイトフィッシュライクなアクションはタフコンディション下でも信頼して使うことができます。

さらにはノンラトルというのもポイント。冬のスレたポイントでも投げ続けることができます。

created by Rinker
オーエスピー(O.S.P)
¥1,760(2020/11/30 12:55:55時点 Amazon調べ-詳細)

ラッキークラフト ベビーシャッド

ベビーシャッドは、一時期「餌より釣れる」と話題になったことで爆発的な人気を誇った名作シャッドです。当時のシャッド人気に火を付けたのがこのルアーと言ってもいいでしょう。

もちろん現在でもその実力は折り紙付きで、ただ巻きでもストップ&ゴーでもトゥイッチでもあらゆるアクションでバスを釣ることができます。

ただ飛距離が出ないのは難点。ロングキャストが必要なポイントには向きません。

エバーグリーン バンクシャッド

バンクシャッドは、「困った時に結果を出す、ただ巻きシャッド」をコンセプトにして作られたシャッドです。そのためスローリトリーブでもしっかり水を掴んで泳いでくれますし、波動が抑えられたタイトピッチなので冬でも有効です。

また、飛距離が出るのもオカッパリアングラーには嬉しいところ。広範囲を一気に探ることができます。

シャッドは冬でも信頼して使えるルアー

シャッドは冬のタフコンディション下でも信頼して使えるルアーです。まだ冬にシャッドを使ったことがないという方は、もしかすると釣れていたはずのバスを釣り損ねていたかもしれません。

冬は厳しいですが試す価値はあるはず。冬の釣りにシャッドを取り入れてみてはいかがでしょうか。

>>冬のバスと戦おう。関連記事はこちら!