独特な形状で玄人感を放つ、Indigo(インディゴ)マイスターランディングネットはなぜ玄人アングラーに好まれるのか?
天然木の綺麗な木目、カーブ形状のフレームは見た目だけではない利点があったのです。

Indigo(インディゴ)マイスターランディングネットの美しいフレーム曲線

Indigo(インディゴ)は群馬にある釣り具販売店の株式会社嶋屋さんのブランドです。
リアル店舗はないようですが群馬では有名な釣り具問屋です。例年主催で群馬フィッシングショーを開催しています。

そんなインディゴ(Indigo)より発売されているのが『Indigo(インディゴ)マイスターランディングネット』です。
このフレームの曲線美に魅了されているファンも多く、特に渓流好きのフライマンには人気が高いランディングネットです。

Indigo(インディゴ)マイスターランディングネットの特⻑

Indigo(インディゴ)マイスターランディングネットはフレームのカーブ曲線が独特です。それは単にインパクトがあるということではなく、ランディングネットにとって一番大切な魚を取込みやすいという点でとても理にかなっている理想の形なのです。

・美しいカーブフレーム形状とその利点
・握りやすさを追求したカーブグリップ
・綺麗な木目を使用
ネット素材はしなやかなクレモナ糸採用

美しいカーブフレーム形状とその利点

出典:Amazon

ストレートタイプ(テニスラケットのような形)のランディングネットをご利用のアングラーの方はこのカーブタイプのフレームの機能は意外と知られていないかもしれません。

見た目は曲がっていて使いにくそう。なぜカーブしている方がいいの?

分かりやすくイメージ図でご説明します。
【図の状況】
・浅い河川
・グリップを真っ直ぐ持って水中にランディングネットを入れる
・魚の大きさは同じ

水深が浅い時のランディング(取込み)
作図:筆者

左のストレートタイプはグリップを握って魚の方に差し出す形でランディング(取込み)するため水深がない分ネット部分が水に浸かる面積が小さくなる。

魚のまで距離がある状態や水量が多い河川での利用に適している。

一方、右のIndigo(インディゴ)マイスターランディングネットの様なカーブタイプはネットが横向きで入るため水に浸かるネットの面積が大きくなります。

魚の下へネットを入れてすくい上げるようにランディング(取込み)します。
金魚すくいの要領です。

渓流や源流域では水量が少ないので、ストレートタイプのランディングネットを差し出すと川底や岩に当たりやすいため、カーブ型の方が適しているということになります。

但し、向きがあるので少し慣れが必要です。

こんな利点があるなんて、見た目で判断できないね!

握りやすさを追求したカーブグリップ

出典:Amazon

Indigo(インディゴ)マイスターランディングネットはグリップ自体もカーブしています。実際には魚とファイトしながら、ネットのグリップを掴む必要があります。

掴んだ時にカーブがどちらを向いているか?握ったら瞬時にわかるよう、グリップもカーブしているのです。

天然木の角も握りやすくカットされコーティングされています。

綺麗な木目を使用

出典:上州屋

Indigo(インディゴ)マイスターランディングネットは天然木を使用しているため、同じ木目はありません。そのオリジナル感、ハンドメイド感が玄人アングラーの心を鷲掴みにします。

使って行くほど味が出る色合いと木目ですね。

なんだか背中に付けてるだけで玄人感出ちゃいますね~

ネット素材はしなやかなクレモナ糸採用

定番のクレモナ糸を使用してるIndigo(インディゴ)マイスターランディングネット。
自然に溶け込みやすいしなやかで網目も適度なサイズとなっています。
カラーはサイズにより違います。
SサイズはナチュラルイエローでMサイズがナチュラルグリーンです。

Indigo(インディゴ)マイスターランディングネットのラインナップ

Indigo(インディゴ)マイスターランディングネット(Sサイズ)

出典:Amazon

Sサイズは渓流・源流域での利用に適しています。サイズは全長で30cmありませんので源流域の沢登りなどで携行するには最適です。

ネットの内径は小さいですが、深さは30cm以上あるので40cm程度のBigトラウトに遭遇しても取込可能です。

このネットと魚の写真を撮るととっても大物に見える。というおまけも付いてきます。

ネット素材全長×幅(cm)ネット内径(cm)
クレモナ糸29×1819×18

Indigo(インディゴ)マイスターランディングネット(Mサイズ)

出典:Amazon

Mサイズは渓流でオールマイティーに活躍できるサイズです。
ネットのオリーブ色が自然とマッチして、トラウトの写真も映えると思います。

ネット素材全長×幅(cm)ネット内径(cm)
クレモナ糸40×2130×21

渓流ではIndigo(インディゴ)マイスターランディングネットは最強!

出典:写真AC

さてIndigo(インディゴ)マイスターランディングネットはいかがでしたでしょうか?なぜ玄人アングラーがカーブタイプのランディングネットを好んで使用しているのかもお分かりになったと思います。さぁ!あなたも是非玄人アングラーの仲間入りをしませんか~

合わせて読みたいランディングネットの関連記事