著者はブラックバス、トラウトなど幅広くルアー釣りに取り組んでいます。ルアーフィッシングの醍醐味は、釣り人のアクションを通じて魚を騙す(釣る)点にありますよね。
またバス釣りをするフィールドでは全国的にブルーギルを見かけることがあります。このブルーギルも実はルアーで釣れる面白いターゲットです。

今回はそんなブルーギルをスプーンで釣る方法について詳しく紹介します。

ブルーギルはスプーンで釣れる?!

撮影:筆者

上記の写真を見て頂くとお分かりのように、ブルーギルがトラウト用のスプーンで釣れました。ブルーギルといえば活発に虫エサなどを捕食しており、サイズ的には10-15センチ前後まで成長します。

またブラックバスが生息するフィールドに同じく生息しており、ブラックバスの主な捕食対象でもあります。バス釣りをしている人であればブルーギルはとても身近な存在に感じますよね。

普段はバス釣りしかしない人で、もしその日に全然バスが釣れない時なんかにおすすめなのがブルーギルをスプーンで釣る方法です。ブルーギルを狙う方法は非常にシンプルでトラウトフィッシングで用いる小型のスプーンで狙います。

ブルーギルを釣るために必要なタックル/スプーンのサイズ感とは?

ブルーギルは個体のサイズはせいぜい大きくて15センチ程度です。中には20センチサイズの大型個体も釣れる時がありますが、子バスサイズだと頭に入れておきましょう。

またブルーギルの特徴としてはバスよりもルアーへの関心が強く、簡単にバイトを誘えます。しかし口が非常に小さいので従来の釣り方ではワームを千切ったり、小型のルアーで誘うしかありませんでした。

そこで効率よく数釣りが楽しめる方法がスプーンを用いたブルーギル釣りになります。タックルはライトなバス釣りタックルを使用します。

ロッド

ロッドはバス釣り用のULクラスのスピニングロッドを使用します。理由としてはロッドの柔らかさを重視し、小さな口にフックが乗りやすいからです。
また軽量のスプーンでもロッドのしなりを活かしてキャストしやすいためです。

スプーンに弾みをつけて、しなやかなキャストができるロッドがおすすめです。

リール

リールのサイズは2000-2500番を使用しましょう。スプーンの移動距離を抑えて、なるべくゆっくりと誘いたいのでノーマルギアで十分です。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥23,759(2020/09/22 22:17:24時点 Amazon調べ-詳細)

スプーンを早く巻きすぎると捕食しきれないので、ゆっくりと巻きやすいノーマルギア(ローギア)のリールを使用しましょう。

ライン

使用するスプーンの重さにもよりますが1-2.5g程度なので、太すぎると飛距離が出なくなってしまいます。
そのためラインの太さは2-4lbを目安に選びましょう。

created by Rinker
クレハ(KUREHA)
¥871(2020/09/22 22:17:25時点 Amazon調べ-詳細)

バス釣りとの併用を考え、余裕を持って4lbがちょうど良いと感じています。

スプーンとフックについて

使用するスプーンはトラウト用のスプーンを選びます。スプーンのカラーや形状、スイミング姿勢は自分好みで良いです。意識したい点としてはブルーギルが泳いでいるレンジが表層〜ボトムのどの付近であるかです。



表層付近を泳いでいれば1-1.5g、ボトム付近であれば2-2.5gを目安にスプーンの沈下速度が早いタイプを使用しましょう。

続いて非常に重要になるのがフックの種類とサイズです。トラウト用のスプーンは、細軸であるフックと一体になってバランスの取れたスイミングをします。そのため小さなアタリでもしっかりとバイトが取れるフックを使用しましょう。
またフックのサイズ次第でキャッチ率も変わり、#6を目安に使い分けましょう。

created by Rinker
VANFOOK(ヴァンフック)
¥574(2020/09/22 22:17:26時点 Amazon調べ-詳細)

早掛け仕様のトラウトフックはブルーギルの小さな口にも掛かりやすいです!

スプーンで釣るブルーギルは優しいアクションがコツ

ブルーギルは動くものやキラキラと光るルアーに強い関心を抱くので、ただ巻きで巻いてるだけでバイトしてきます。しかし口が小さく捕食が苦手なので、コツが必要です。
具体的にはゆっくりと巻いてあげる、あるいはリフト&フォールでフォール中に食わせる、シェイキングで釣るなどです。とにかくキラキラとロールアクションをする中でも、ゆっくりとした「食わせの間」を作ってあげましょう。

とにかく釣れるブルーギル!スプーンで数釣りを楽しもう

撮影:筆者

今回ご紹介した内容についてまとめますと、ブルーギルはトラウト用のスプーンにも積極的にバイトしてきます。しかし何度も説明しますが、口が小さいためにどうしてもフックが口に掛かりにくいです。
ですので、このような点を意識してフックのサイズをブルーギルのサイズ感に合わせて微調整をしてみましょう。基本的には普段使いのバス用タックルで釣れるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?