出典:pixaday

ルアー釣りでも人気がある対象魚のシーバス釣りですが、シーバス用のルアーとして必ず用意しておきたいものの一つにバイブレーションがあります。

バイブレーションは飛距離を出しやすく、広範囲をスムーズに探ることができるという特徴があり、筆者もシーバスを釣った実績が最も高いルアーはバイブレーションになります。シーバス釣りでは飛距離が重要になり、風が強い日でも飛距離が落ちにくくワームに比べ耐久性が高いことからも好んで使っています。

波動が強くアピール力が高い

バイブレーションは水中でぶるぶる震えながら泳ぐことが特徴です。リトリーブの際には振動が手に伝わってきますので、初めて使う方はびっくりするかもしれません。魚へのアピール力が強いため活性の高いシーバスに有効とされますが、小規模河川や回遊しているシーバスが少ない場所ではスレやすいというデメリットもあります。日中のデイゲームでは定番のルアーであり、多くの方がポイントに到着後、第一選択ルアーに選ぶことも多いです。

スピンテールジグ

コアマンの鉄板バイブと一緒に持っていたいルアーです。

レンジバイブ

よく釣れると評判が高く、実績も豊富なルアーです。

created by Rinker
バスデイ(Bassday)
¥1,540(2020/10/31 13:30:13時点 Amazon調べ-詳細)

バイブレーションを使う際の注意点

キャスト後の着水時に、フックとラインが絡まることやフックがボディに刺さった状態でルアーが泳いでしまうことがあります。

通常のリトリーブに比べて極端に引き重りが強くなる際は、バイブレーションがうまく泳いでいないことが多いです。いったん回収し、絡まりや不具合がないか確認を行ってください。

出典:pixaday

ソリッドタイプ

一般的なバイブレーションのタイプで、比較的肉厚なシルエットです。中身が詰まっていることにより比重が高く、深いレンジを狙う際に有効ですが、鉄板タイプに比べるとキャスト時の空気抵抗があるため飛距離が出にくいという特徴があります。

鉄板タイプ

金属でできているバイブレーションで「鉄板バイブレーション」、「メタルバイブ」などと呼ばれています。薄い形状をしているため空気抵抗を受けにくく、抜群の飛距離を誇りメタルジグと同等の飛距離が出るものもあります。

鉄板バイブの元祖ともされるコアマンのIPシリーズは、フックに「がまかつ」を使用しており、刺さり・強度ともに信頼度が高いです。価格はやや高めですが、引き重りの軽さが特徴です。

スピンテールジグ

テールにブレードがついており、リトリーブ時に回転して反射するためシーバスへのアピール力が高く、小魚が尾ひれをゆらゆらさせながら泳いでいるようなアクションが特徴です。ソリッドタイプや鉄板タイプにまったく反応がない状況であっても、ブレードタイプには反応がある場合もみられるため用意しておくことをおすすめします。

出典:pixaday

早巻きがおすすめ

日中は夜間と違い魚からの視認性が高いため、シーバスにルアーを見切られることが多いです。なので、シーバスが見切る前に食わせることが必要となります。筆者もシーバス釣りを始めたころには、「こんなに早く巻いて、シーバスが食ってくるのだろうか?」と、半信半疑でいました。しかし早巻きはとても有効で、極端にいうと回収のような速さでも食ってきた経験があります。

シーバスは潮の動きが出る際に捕食を積極的に行います。短時間でヒットが連発することもありますが、バラシの多い釣りでもあります。バラシを少なくするためには、バイブレーションの重さを軽くすることがおすすめです。26グラムほどの比較的重いバイブレーションは、ヒットした際にルアーの重さからシーバスのヒットを弾いてしまうことや、サイズの大きくないシーバスはルアーを吸い込む力が弱いためなかなか口に掛からないこともあります。ヒットからキャッチまでが難しい釣りですが、あきらめずにまずは一本キャッチしたいですね。

根掛かりを避けるために

バイブレーションは根掛かりが多くなってしまうデメリットがあるのですが、フロントのトレブルフックをダブルフックに交換することで、ボトムを擦ることによる根掛かりのリスクを減らすことができます。

竿は8フィート以上のものがおすすめです。巻く際には竿を立てた状態で巻くとキープレンジが下がりすぎないため、根掛かりのリスクを減らすことができます。

初心者でも釣れるシーバス釣り

バイブレーションの早巻きはアクションを付ける必要もなく、初心者でもシーバスを釣ることができます。早巻きをしている最中のヒットは初心者でもわかりやすく、いつシーバスからのヒットがあるか楽しみながらリールを巻くことができます。

引き重りが軽いものは疲れにくく長時間の釣りにおすすめ

それぞれのメーカーのバイブレーションは形状が違い、引き重りの程度も違いがあります。シーバス釣りでは、長い時間キャストを行い巻く作業を繰り返すため、引き重りにも注目してバイブレーションを購入することがおすすめです。

まとめ

釣れる時期や時間を見極めることができれば、特別なテクニックは必要なく釣れることもあるのがシーバス釣りの魅力です。シーバスは大型になると1メートルほどまで成長し,その大きさと豪快なエラ荒いも人気の理由です。大型のシーバスはフックが伸びてしまうぐらいの引きの強さがあります。

ぜひシーバスはバイブレーションの早巻きで狙ってみてください。