アイキャッチ画像出典:宇崎日新

フカセ釣りは磯竿やレバーブレーキリール、ヒシャクなど様々なアイテムを使用する人気の釣法。

そんなフカセ釣りでまず悩むのが、どの磯竿を使うかが迷うポイントですよね。

今回は、筆者イチオシの宇崎日新のPRO SPEC ISOをご紹介します。

コストパフォーマンスと性能に優れた磯竿なので、きっと気に入って頂ける事間違いありませんよ。

PRO SPEC ISOはコスパ抜群の優れたロッド

出典:宇崎日新

宇崎日新のPRO SPEC ISOは、コストパフォーマンスに優れていながらも性能面に一切の妥協がない磯竿です。

これからフカセ釣りを始めたいアングラーの方にとっては、まさに相性抜群の磯竿と言っても過言ではありません。

フカセ釣りを始めるには様々なアイテムが必要となるので、コストが抑えられるのはとっても魅力的なポイントですよね。

PRO SPEC ISOの魅力的なポイント

出典:宇崎日新

PRO SPEC ISOは優れた性能を秘めた磯竿ですが、どんな魅力的なポイントがあるのか気になりますよね。

特徴的なポイントは以下の2点となります。

SICリング搭載でラインにとっても優しい作り
安心して使えるステンレス製LSシート

早速PRO SPEC ISOの特徴的なポイントについてチェックしていきましょう。

SICリング搭載でラインにとっても優しい作り

出典:Fuji

PRO SPEC ISOガイドにはSICリングというものが採用されています。

SICリングは削れにくいだけでなく、軽量であり、驚異的な低摩擦抵抗、高い放熱性を秘めたガイドリングです。

ラインにとっても優しい作りになっているので、初心者の方にとっては欠かせない存在ですね。

安心して使えるステンレス製LSシート

出典:宇崎日新

PRO SPEC ISOのリールシートには、ステンレス製LSシートが採用されています。

ステンレスで作られている事で錆びにくくなっており、長期間安心して使用する事が可能となっています。

海で使う磯竿だからこそ、ステンレス製LSシートがアングラーの強い味方となってくれますよ。

PRO SPEC ISOの気になるラインナップ

出典:釣具のポイント

PRO SPEC ISOには幅広い号数のラインナップが展開されています。

どんな所で釣りをするのか、どんな魚を狙うのかによって適した号数は異なるので、幅広い号数が用意されているのは非常に嬉しいポイントですね。

以下では、初心者の方におすすめの号数を3つご紹介します。一本一本の特徴の違いを身比べて、ぜひお気に入りの一本を見つけてくださいね。

繊細な釣りを楽しみたいなら0.8号

PRO SPEC ISOの0.8号は、細いラインを使用する事を得意とした繊細な一本です。

アジや小サバなどの小物をかけても曲がりを楽しむ事が出来るので、気軽にフカセ釣りを楽しみたい方や、細いラインや軽い繊細な仕掛けを使いたい方に非常におすすめな一本ですよ。

全長継数仕舞自重適合ハリス適合錘
5.4m6本107cm205g0.8-2号1-2号

程よい柔らかさとパワーを秘めた1号

PRO SPEC ISOの1号は、柔らかさとパワーのバランスが取れたオールラウンドに使う事が出来る一本です。

1号のパワーがあればチヌ狙いにもおすすめですし、口太グレとのファイトも十分に楽しむ事が出来ますよ。

程よく竿を曲げつつも、パワーのあるロッドが欲しいという方にはぜひとも使って頂きたい一本です。

全長継数仕舞自重適合ハリス適合錘
5.4m6本107cm205g1-2号1-2号

不意の大物にも備えたいなら1.5号

PRO SPEC ISOの1.5号は磯竿のオールラウンダーともいわれる硬さで、不意の大物にも対応する事が出来る一本です。

決して硬いロッドではなく、しなやかさを備えているので小物を狙う事も十分に可能です。

一本で幅広いターゲットを狙いたい方に非常におすすめの一本です。

全長継数仕舞自重適合ハリス適合錘
5.4m6本107cm215g1-3号1-3号

PRO SPEC ISOを使ってフカセ釣りの世界に飛び込もう!

出典:宇崎日新

PRO SPEC ISOはコストを抑えていながらも十分な性能を有した磯竿なので、フカセ釣りデビューには持ってこいの一本です。

宇崎日新というメーカーを知らない方も多くいるかと思いますが、ダイワやシマノに引けを取らない一流のメーカーです。

PRO SPEC ISOを使ってたくさんの魚をフカセ釣りで狙ってみてくださいね。