アイキャッチ画像出典:アブガルシア

釣りは様々なフィールドで楽しむ事が出来る人気のアクティビティで、子どもから大人まで誰でも楽しむ事が出来ます。堤防や漁港でファミリーフィッシングをするのも楽しいですし、荒々しい磯でフカセ釣りやカゴ釣りをするのも楽しいですよね。

堤防や漁港、地磯などは陸続きの釣り場になるのでショアの釣りと言いますが、船の上で釣りをする場合はオフショアの釣りと言います。ショアはシーズンによっては魚の回遊が無くなってしまう事も多く、シーズンを選んで釣りをしなければならない事もしばしばありますが、オフショアはそうとは言えません。

ショアで魚が釣れないのは沖の方へ魚が泳いでいってしまうためであり、逆に言えばオフショアではそういった魚も狙い撃つ事が出来ます。魚群探知機などを駆使して魚を見つけ出すので、釣果が出しにくい真冬でもしっかりと釣果に期待を持つ事が出来ます。

そんなオフショアの釣りでおすすめなのがオフショアジギングで、メタルジグを使って青物やタチウオ、根魚などを狙う事が出来ます。オフショアジギングを楽しむには専用のロッドが必要となりますが、ぜひとも使って頂きたいロッドがあります。それが、今回ご紹介するアブガルシアのソルティーステージのジギングロッドです。

コストパフォーマンスに優れたロッドになっており、用途に応じてロッドを選ぶ事が出来るので様々なアングラーにマッチするロッドとなっております。

本記事では、ソルティーステージのジギングロッドの性能面や各モデルについてご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。

長くなってしまいましたが、早速ソルティーステージについてチェックしていきましょう。

ソルティーステージとはどんなロッドなのか

出典:pixabay

ソルティーステージはアブガルシアの中でも一つのブランドの様なものになっており、ジギングロッドはもちろんの事、ショアジギングロッドやアジングロッド、さらにはリールまでがラインナップされています。

ロッドもリールもコストパフォーマンスに優れていながらも性能面は非常に高く、大物が掛かっても対等にやり合う事が出来る性能に仕上がっています。

ジギングロッドは筆者も所有していますが非常に扱いやすく、大型の青物が掛かっても問題なくランディングする事が出来ました。

性能面が優秀である事に間違いはありませんが、ジギングロッドの特筆すべき点は豊富なラインナップにあります。用途に応じて選ぶ事が出来るので、どんなアングラーでも満足出来る事間違いありません。

まずは、ソルティーステージの性能面についてご紹介します。優れた性能を秘めたロッドに仕上がっているので、ぜひチェックしてくださいね。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

ソルティーステージってとってもすごいロッドなんだね!どんな性能なのか気になるし、ラインナップもすごく気になるよぉ!

ロッドのねじれを抑えてトルクをアップさせるX-ラッピング

出典:アブガルシア

オフショアジギングではメタルジグをしゃくったり、ヒットした際のファイトなどでロッドにねじれが生じてしまいます。ロッドにねじれが生じてしまうとロッド本来の性能を引き出す事が出来なくなってしまいますし、本来ならば獲れていたであろう魚も逃してしまいます。

そうならないために、ソルティーステージにはX-ラッピングというものが採用されています。

X-ラッピングはカーボンを斜め方向からX状に巻き上げているものを指し、これによってロッドのねじれを大幅に軽減させる事に貢献しています。

X-ラッピングが搭載されている事でロッドのねじれが抑えられるので、しゃくりやすさもアップしますし、ロッドの戦闘力もアップしますよ。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

少しの工夫でロッドの性能は大幅に向上するんだね!X-ラッピングがある事で安心して大物とやり取りが出来そうだね!

大物を想定して作られた最強のガイドシステム

出典:アブガルシア

オフショアジギングでは大型の青物が掛かる事も珍しくないため、ジギングロッドにはそれ相応の強度を持ったガイドが必要不可欠となります。

ガイドが脆いものだと魚がヒットしたと同時にガイドが外れてしまったり、ラインがガイドに絡まっている状態でキャストしたりするとガイドも一緒になって飛んでいくという様な事態を招いてしまいます。

ガイドがなくなってしまうとロッドの性能がガタ落ちになってしまうので何としても避けたい所ですが、ソルティーステージにその心配は必要ありません。

ソルティーステージのガイドはアブガルシアの公式サイトでも最強のガイドシステムと言われており、とにかく強い強度が自慢となっています。ラインのばたつきをきちんと抑えてくれますし、ロッドのパワーロスも抑えてくれるので正確なフッキングをばっちり決める事が可能となっています。

ガイド部のアンダーに一度ラッピングを施したダブルラッピング仕様になっているので、大物の強烈な引きを食らってもガイドが消し飛ぶ事はありません。大物を想定して作られているので、安心して使って頂く事が出来ますよ。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

大物を想定して作られているガイドなら、安心して大物を狙う事が出来るね!破損を恐れて釣りをする時代は終わったんだ!

ライントラブルを抑えてくれるスパイラルガイド(SJC-70/250-KR LFJを除くLFJモデルのみ)

出典:アブガルシア

オフショアジギングではベイトロッドを使用するアングラーが多いですが、ベイトロッドでオフショアジギングをしているとライントラブルに苦しむ事があります。オフショアジギングではラインスラッグが多く生まれる事が多いため、ラインスラッグがガイドに絡まってしまう事が非常に多いです。

そんな煩わしいライントラブルを防ぐために、ソルティーステージのLFJモデルにはスパイラルガイドが採用されています。

スパイラルガイドは簡単に言えばガイドが手元からティップにかけてガイドがどんどんねじれる様に装着されているものを指します。
ベイトロッドだとティップ部のガイドは上を向いていますが、スパイラルガイドだとスピニングロッドの様に下を向いています。これによって細かなラインメンディングが可能となり、繊細なロッドワークをも可能としています。

初めて見ると不良品なのではと思う様なガイド配置ですが、実は計算し尽くされている優れたガイドシステムです。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

スパイラルガイドって初めて見たけど、とんでもない配置になっているんだね!でも優れた性能を持っているなら、ぜひとも使ってみたいなぁ!

ソルティーステージのラインナップに迫る

出典:photoAC

ソルティーステージの性能面についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

ねじれに強くて大物の引きにも耐えられるガイドも保持していてLFJモデルはライントラブルに強いスパイラルガイドを搭載しているという、まさに至れり尽くせりな性能となっています。

さて、ソルティーステージのジギングロッドが優れている事が分かった所で、ここからはソルティーステージのジギングロッドにはどんなラインナップがあるのかをご紹介します。

中々これだというロッドが見つからなかったアングラーの方も、きっとお気に入りの一本を見つける事が出来ますので、ぜひチェックしてくださいね。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

ついにソルティーステージのラインナップについて知る事が出来るんだね!どんなロッドがあるのか楽しみだなぁ!

繊細な攻めが出来るスロージギングロッドのSJC-67/150-KR SJ

SJC-67/150-KR SJは、スロージギング専用のロッドで繊細に誘って食わせる事を得意としているロッドです。

メタルジグはMAX180gまで使用する事が出来るので、近海ジギングでの使用には最適な仕様となっています。

6フィート7インチという少し長めのレングスによってロッドワークの誘いの幅を広げる事が出来、フォールの時間を長く取る事が出来ます。

青物はもちろんの事、ヒラメや真鯛を繊細に誘って食わせたいというアングラーにはぜひとも使って頂きたい一本です。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

繊細に誘う事が出来るロッドなら、食い渋っている様な状況にも強そうだね!一本持っておくと便利なロッドだね!

中深海にも対応するスロージギングロッドのSJC-63/180-KR SJ

SJC-63/180-KR SJは中深海での釣りにも対応しているスロージギングロッドで、様々なポイントで活躍してくれるロッドです。

メタルジグはMAX250gまで使用する事が出来るので、深場に潜む魚もばっちり狙う事が出来ますよ。

高弾性ブランクス設計の掛け調子テーパーに仕上がっているので、フォール中や前あたりなどどんなあたりもしっかりと感じ取る事が出来ます。

メタルジグをしっかりと跳ね上げさせる事が出来るだけでなく、大型の魚が掛かっても抜群のパワーでしっかりと浮かせる事が可能となっています。

小型の魚から大型の魚まで狙う事が出来るので、スロージギング用のオールラウンドロッドが欲しいという様な方にはぜひともおすすめしたい一本です。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

中深海にも使う事が出来るなら、様々なフィールドで使用する事が出来るね!スロージギングをやってみたかったから、ぜひとも使ってみたいなぁ!

スパイラルガイドで扱いやすいSJC-78/150-KR LFJ

※本ロッドはネット通販での取り扱いがありません。

SJC-78/150-KR LFJはロングフォールジャークモデルの一つで、スパイラルガイドが搭載されたモデルとなっています。

ロングフォールジャークはロッドを大きくあおってメタルジグをフォールさせ、フォール中やボトム着底時、さらにメタルジグを持ち上げた際のバイトを狙っていく事が出来ます。

ロングリアグリップを採用しているので、非常に操作がしやすいのも見逃せないポイントです。

ロングフォールとスローピッチを組み合わせたジャークも得意としているので、様々な食わせ方を狙っていく事が出来ますよ。

メタルジグは90~150gが扱いやすく、近海ジギングでは大活躍する仕様となっています。

スパイラルガイドでライントラブルも少ないので、初心者の方でも安心して使って頂く事が出来ますよ。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

ロングフォールジャークって名前だけでも、なんだかすごそうな感じがするね!スパイラルガイドも気になるから使ってみたいなぁ!

ロングレングスとロングフォールジャークで狙うSJC-80/300-KR LFJ

※本ロッドはネット通販での取り扱いがありません。

SJC-80/300-KR LFJは、8フィートというロングレングスとロングフォールジャークで攻める事が出来るロッドです。

ロングフォールジャークモデルなので大きくロッドをあおってメタルジグを落として、フォール中やボトム着底、メタルジグの持ち上げ時にあたりを取る事が可能となっています。

本ロッドは8フィートという長さを誇っているので、長時間しっかりとメタルジグをフォールさせる事が出来ます。

通常では考えられない長さなので慣れるまでは時間が掛かるかもしれませんが、慣れてしまえばアングラーにとって非常に強力な武器となってくれる事間違いありません。

ロッドを操作しやすくするためのロングリアグリップや、メタルジグをしっかりと跳ね上げさせるティップも保有しているので、使用感はとても良いものになっています。

メタルジグは200~300gの重さのものを使用する事が出来るので、潮流の早いフィールドや水深が深いフィールドでもばっちり攻める事が出来ますよ。

ガイドは安心のスパイラルガイドとなっているので、ライントラブルの心配もいりません。

ロングフォールとスローピッチのコンビネーションジャークも得意としているので、深場を中心に狙っていきたいアングラーにはぜひとも使って頂きたい一本となっていますよ。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

水深がとっても深い様なフィールドでも、安心して狙う事が出来る性能だね!スパイラルガイドも搭載されているから、初心者にも安心の作りだね!

浅場をスローピッチで狙いたいならSJC-63/100-KR SJ

※本ロッドはネット通販での取り扱いがありません。

SJC-63/100-KR SJはスローピッチジャーク用のロッドとなっており、スローなアクションで魚に口を使わせる事を得意としているロッドです。

メタルジグは40~100gの比較的軽めのメタルジグを使用するため、浅場や湾内、近海などのフィールドがベストマッチとなっています。

いきなり重いメタルジグを使いこなす自信がなかったり、深場狙いは難しそうという様な考えをお持ちの方には、ぜひとも使って頂きたい一本です。

浅場のフィールドであればボトム着底の把握もしやすいですし、なにより深場から巻き上げる際のしんどさがないので、これからオフショアジギングを始めてみたい初心者の方にはぴったりの一本ですよ。

力に自信のない女性の方にもおすすめとなっています。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

軽めのメタルジグなら、体力や力に自信がなくても扱いやすそうだね!僕なんか力が全くないから、とってもありがたい一本だよぉ!

深場をスローピッチジャークで狙うならSJC-63/250-KR SJ

SJC-63/250-KR SJはスローピッチジャーク専用のロッドとなっており、180~250gのメタルジグを使用する事が出来るので、深場や潮流の早いフィールドで活躍する一本となっています。

スローピッチジャークで誘う事で、中々口を使わない魚に口を使わせる事が出来ますし、早い動きに反応しない魚にも抜群の効果を発揮します。

深場を狙う事が出来るので中深海での使用も可能となっており、キンメなどの高級魚も狙っていく事が出来ますよ。

大物が掛かってもトルクに溢れるブランクスがしっかりと魚を浮かせてくれるので、安心してやり取りが出来ます。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

スローピッチジャークで中深海を狙う事が出来るなら、高級魚がわんさか狙えそうだね!美味しい魚を釣って、お腹いっぱい食べたいなぁ!

ハイピッチジャークで青物を狙うならSJS-62/250-KR

created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)
¥20,873(2020/10/30 10:44:04時点 Amazon調べ-詳細)

SJS-62/250-KRはハイピッチジャークを得意としたロッドで、ヒラマサやカンパチなどの大型のターゲットを獲るための作りになっています。

スピニングモデルなので扱いもしやすく、早いピッチでのしゃくりは非常に快適に行う事が出来ます。

6フィート2インチの長さはワンピッチジャークを行いやすい長さなので、キレのあるアクションで誘いを掛けていく事が出来ますよ。

大物狙いに的を絞ったモデルではありますが、意外にも柔軟でしなやかな作りとなっています。

がちがちに硬いロッドだとアングラーへの負担も大きいですし、ラインブレイクの原因にもなってしまいます。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

スピニングモデルだったら、ベイトリールに慣れていない僕でも扱いやすそうだね!不意に大物が掛かっても、大物仕様で作られているから何の心配もいらないのが嬉しいポイントだね!

テクニカルアングラーにおすすめのSJS-61/150-KR TJ

created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)
¥21,013(2020/10/30 10:44:05時点 Amazon調べ-詳細)

SJS-61/150-KR TJは、6フィート1インチのショートレングスを生かしてテクニカルな誘いを得意としているロッドです。

ジャカジャカ巻きやコンビネーションジャークなどのテクニカルな誘いを非常に行いやすい作りになっているので、ハマチやメジロといったサイズの青物の数釣りにおすすめです。

もちろん、不意に大物が掛かったとしても持ち前のパワーでしっかりとやり合う事が可能となっているので、安心してくださいね。

メタルジグは60~100g程度のものがおすすめで、PEラインも1.5号程度が使用可能となっているので、近海ライトジギングなどで使う事がおすすめです。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

テクニカルって聞くと難しそうなイメージだけど、様々なアクションに対応していると考えたらとっても良いロッドだね!オフショアジギングが上達したらぜひ使ってみたいなぁ!

近海に潜む大物を仕留めるならSJS-57/210-KR

created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)
¥19,465(2020/10/30 10:44:06時点 Amazon調べ-詳細)

SJS-57/210-KRは近海でヒラマサやブリといった大型青物を狙う事を想定して作られたスピニングロッドで、ワンピッチジャークを得意としています。

ワンピッチジャークは青物狙いには切っても切れない関係なので、青物をとにかく釣りたいというアングラーにとっては非常におすすめの一本です。

大物を仕留められる強さを誇っていますが、ロッドは追従性の高いものになっているのでばれにくくなっており、柔軟さによってアングラーへの身体的負担も減らしてくれますよ。

メタルジグはMAX210gまで使用する事が出来るので、深場を狙うという様な状況になってもばっちり対応出来るので、汎用性の高い一本でもあります。

近海をメインに大物を狙いたいアングラーの方はぜひ使ってみてくださいね。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

ワンピッチジャークで青物を仕留められるなんて、なんだかかっこいいロッドだね!青物好きなアングラーにとっては、最高の一本だね!

オールラウンダーとして活躍してくれるSJS-60/180-KR

created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)
¥19,173(2020/10/30 10:44:06時点 Amazon調べ-詳細)

SJS-60/180-KRは汎用性の高いオールラウンダーの様なロッドとなっており、様々なジャークをこなす事が出来る一本となっています。

不意の大物が掛かっても仕留める事が出来るパワーはもちろんの事、アンダーキャストで広範囲に攻める事も出来ますし、バーチカルもこなす事が出来ます。

最初に何を買えば良いのか分からないという初心者の方にとっては、非常におすすめの一本なのでぜひ使ってみてくださいね。

メタルジグはMAX180gまで使用する事が出来るので、多彩なフィールドで活躍してくれる事間違いありませんよ。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

オールラウンドに使う事が出来るロッドって、僕みたいな初心者アングラーにとってはとっても心強い存在だよね!僕もまずはこのロッドを使ってみようかなぁ!

近海をスローピッチジャークで狙いやすく作られたSJC-63/150-KR SJ

SJC-63/150-KR SJはMAX150gまでのメタルジグをスローピッチジャークで狙う事を得意としたロッドで、近海ジギングで使用する事がおすすめのロッドです。

メタルジグをしっかりと横に向かせる事が出来る高反発力を保有しているので、魚に食わせの間を与える事を得意としています。

中々口を使わないから釣果が伸びないという様な状況に強く、早く派手なアクションよりも落ち着いたスローな動きが効く状況で大活躍してくれますよ。

スローピッチジャークの入門ロッドをお探しの方に、おすすめしたい一本です。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

スローピッチジャーク入門者には、とっても扱いやすそうなロッドだね!早いしゃくりは苦手だから、スローピッチジャークモデルを使ってみたいなぁ!

活性の低い魚や口を使わない魚に強いSJC-70/250-KR LFJ

※本ロッドはネット通販での取り扱いがありません。

SJC-70/250-KR LFJはロングフォールジャークを得意としたロッドで、ロングフォールジャークモデル中、唯一スパイラルガイドを搭載していないモデルになります。

ロングフォールジャークの強みを生かす事が出来る性能は当然の様に備えており、とにかく活性の低い状況や口を使わない魚がいる様な状況に強いです。

しっかりとメタルジグを魚に見せてあげる事はとても重要な事で、早いピッチでしゃくっていってしまうと魚が付いてくる事が出来ないという様な状況になります。

活性が低ければなおの事食いつきが悪くなるので、スローで存分に食わせの間を与えてあげてください。

ロングフォールジャークモデルを使ってみたいけどスパイラルガイドが嫌という様な方は、ぜひこちらのモデルを使ってみてくださいね。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

唯一スパイラルガイドを搭載していないロッドでも、性能面には一切の妥協が感じられないね!普通のガイドセッティングが好きな方も多いだろうから、このロッドも人気を呼びそうだね!

ソルティーステージを使って大物をどんどん仕留めよう!

出典:アブガルシア

ソルティーステージの性能面やラインナップについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

優れたコストパフォーマンスと性能面を保持しているだけでも十分に購入対象の条件は満たしてくれますが、どのモデルを選べば良いのか悩む所もソルティーステージの良い所です。

筆者はスロージギングモデルを所有していますが、本当に使いやすくて良いロッドだなとつくづく感じさせてくれます。価格も抑えられているのでお財布に優しいですし、デザインもカッコよく仕上げられているので安っぽさもありません。

入門用としてもおすすめなロッドではありますが、上級者の方のメインロッドやサブロッドとしてもおすすめなので、ぜひ使ってみてくださいね。

オフショアジギングをする際は、船の上でも使用する事が出来るライフジャケットをきちんと着用し、命を守る事が出来る状態で釣りを楽しみましょう。
また、船内は滑りやすくなっている事も多いので、滑りにくい靴や長靴などを履いておく事をおすすめします。磯などで使用するスパイクシューズは船床を傷つけてしまう恐れがあるので、着用はやめておきましょう。

安全な状態でルールを守れば、オフショアジギングはとっても楽しい釣りになりますので、ライフジャケットの着用とルールの徹底は必ず守ってくださいね。

本記事を読んで頂いた皆様が、ソルティーステージを使って大海原に潜むモンスターをゲット出来る事を心から祈っております。