エギングにスナップは必要なのか?問題について考えてみました。結論は「必要!」なんですが、スナップを使うメリット・デメリットも丁寧に解説しています。スナップを付けようかお悩みの方は、ぜひお役立てください。

エギングでスナップは付ける派?付けない派?

エギンガーはスナップを付ける派、付けない派に分かれますが、みなさんはどっちサイドでしょうか?

ちなみに筆者は断然付ける派。エギングでもライトゲームでも必ずスナップを使います。だって、デメリットがほぼないんですもん!メリットだらけなんですもん。

逆に使わない人の神経を疑いますね。(…は言い過ぎかw)

まあ、前置きはこれぐらいにして、ここからはエギングでスナップを使うメリット・デメリットを考えていきましょう。

エギングでスナップを使うメリット

まずはメリットからです。多くのアングラーがエギングでスナップを使う理由と言い換えてもいいでしょう。ポイントは下の5点です。

  • エギの交換がスムーズになる
  • エギのローテが積極的になる
  • リーダーが減りづらい
  • エギの動きがより自然になる
  • 歯が鋭い魚対策になる

スナップを使うメリット①エギの交換がスムーズになる

スナップを使うと、エギの交換が超スムーズになります。付けているといないとでは、まさに雲泥の差です。

コンディションに応じたエギのローテーションは釣果アップの必須項目。スナップを活用することでエギ交換の作業時間を大幅に削減でき、手返しが良くなります。

スナップを使うメリット②エギのローテが積極的になる

エギのローテーションが積極的になるってのも、スナップを付けるメリットです。

スナップを付けていないと、エギを交換するたびにラインを結び替える必要があって超面倒…。結果、エギを変えなくなる→獲れたはずのイカが獲れない…ってなことになっちゃうんです。

スナップをつけてエギ交換の手間を省くことで、手軽に、気軽にエギをローテできるようになります。多くのパターンを試せるので、獲れるイカの数も増えるってわけです。

スナップを使うメリット③リーダーが減りづらい

スナップをつけていれば、エギ交換のたびにリーダーを切る必要がなくなります。リーダーの減りを抑えることができ、エコなのです。

もちろん、メインラインとリーダーを結束する頻度も減らせるので、作業の手間的にもラクになります。

スナップを使うメリット④エギの動きがより自然になる

スナップには空白部分が設けてあるので、エギの可動域がやや大きくなります。ラインをエギに直結しているときに比べて、不自然な動きが減り、イカに違和感を与えづらくなるってのも利点。

エギの姿勢が安定するので、イカが飛びつきやすくなります。

スナップを使うメリット⑤歯が鋭い魚対策になる

スナップを使うことで、少しではありますが、エギの頭からリーダーまでの距離が伸びます。歯が鋭い外道の猛攻からリーダーを保護してくれるんです。

もちろん、根ズレに関しても同じ理論が通用します。ラインがスレにくくなり、ラインブレイクのリスクを低減することが可能です。

エギングでスナップを使うデメリット

続いては、エギングでスナップを使うデメリットについて考えてみましょう。とはいえ、あまりデメリットはないんですよね〜。ってことで、無理くり挙げてみたのが↓の2つです。

  • リーダーの消耗度チェックを忘れがち
  • 購入費用がかかる

スナップを使うデメリット①リーダーの消耗度チェックを忘れがち

スナップを付けていると、ラインを結び替える手間が圧倒的に減ります。それにより、リーダーの消耗度チェックを怠りがちになっちゃうんです。これがデメリットといえます。

とはいえ、定期的にリーダーを手で撫でて、キズの入り具合を確認するクセをつけておけば良いだけのこと。それほど決定的なデメリットではありません。

スナップを使うデメリット②購入費用がかかる

それほど高額ではないものの、スナップの購入にはお金がかかります。これもデメリットのひとつでしょう。でも、これに関しても大きなデメリットとはいえないんですよね〜。

エギングスナップは1袋10個入りで300円ぐらいです。よって、1個当たりのお値段は30円程度。その程度の投資で前述したメリットを教授できるなら、使わない手はないでしょう。

結局、エギングにスナップは必要なの?

じゃあ、結局のところエギングにスナップは必要なの?って話ですが、これはもちろん「必要!」です。

無くても釣りはできるんですが、あったほうが圧倒的にエギングがはかどりますし、釣果が伸びる可能性も高くなります。

デメリットよりもメリットの方が遥かにデカイんです。付けないと損です。おそらく、付けない人の方が少数派だと思います。

エギングにおすすめの便利スナップ3選

メリットだらけのエギング用スナップ。みなさんも、もちろん付けますよね?ってことで、おすすめのアイテムをチャチャッと紹介しておきます。

ダイワ「EG(イージースナップ)」

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥257(2020/10/19 16:02:11時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワから発売されているエギング専用スナップ。秋イカシーズンは細軸のSサイズ、春イカシーズンは太軸のMサイズを選ぶのがおすすめです。

年中同じものを使いたいなら、太軸が良いでしょう。大は小を兼ねるってやつですね。

ヤマシタ「エギングスナップ」

created by Rinker
ヤマシタ(YAMASHITA)
¥527(2020/10/19 16:02:11時点 Amazon調べ-詳細)

ど定番の爆釣エギ「エギ王」シリーズを手掛けるヤマシタ製のスナップ。SS・S・M・Lとサイズ展開も豊富です。相手にするイカのサイズに応じて使い分けましょう。

がまかつ「音速エギスナップ」

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥300(2020/10/19 16:02:12時点 Amazon調べ-詳細)

エギの脱着が早い!と評判のがまかつ製スナップ。エギの性能を最大限に引き出すラウンド型となっており、アクション面でもアドバンテージを得られます。

エギングスナップの結び方は「ユニノット」が定番!

出典:ヤマシタ

エギング用スナップにラインを結ぶときは、ルアーゲームの定番ノットである「ユニノット」がおすすめです。簡単に結べるのに、しっかり強度を出すことができます。

スナップを駆使してエギングをもっと快適に!

この記事では、エギングにおいてスナップは必要なのか?について考えてみました。

結論としては、もちろん「必要!」です。スナップを付けるデメリットは皆無に等しいのに、メリットはめちゃめちゃありますからね。

エギングにおいて、スナップは付けなきゃ損!そんなに高いもんでもないので、ぜひ活用してみてください。

この記事で紹介したアイテム

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥257(2020/10/19 16:02:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ヤマシタ(YAMASHITA)
¥527(2020/10/19 16:02:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥300(2020/10/19 16:02:12時点 Amazon調べ-詳細)

エギングの上達には「釣りビジョンVOD」

エギング上達のための知識は動画からゲットするのがおすすめ。釣り専門の配信サービス「釣りビジョンVOD」には、高品質なエギング動画がこれでもかと言わんばかりに揃っています。

今なら14日間無料でお試しできるので、ぜひチェックしてみてください。

>>>釣りビジョンVODの詳細はコチラ<<<