「レンジを抑えてワームをスイミングさせたいけど、おすすめのフックはあるかな?」

「ウェイテッドフックの使いどころやマッチするワームってなんだろう?」

オフセットフックの真ん中にオモリが付いているのを見て、一度はこんな疑問を抱いたことはありませんか?

ウェイテッドフックは、特殊な形状をしているフックですが一定の条件下や独自の使い方ができる強みがあります。
そこで、ウェイテッドフックの特徴から相性の良いワームについて詳しくご紹介します。

当記事を読むことで、ウェイテッドフックを活用したバス釣り攻略ができるようになります。ぜひ参考にしてみてくださいね!

フォールが魅力的?ウェイテッドフックの特徴とは?

撮影:筆者

多様化するバスフィッシングにおいて、バス釣り用フックは時代と共に様々な形状で使用されています。

なかでも、ウェイテッドフックは近年の人気リグの一つになっています。

ウェイテッドフックは、通常のオフセットフックにおけるシャンク部分にオモリが付いています。これは、オモリを標準搭載することで水中での安定感あるフォールとスイミング姿勢を実現します。

一般的に、オフセットフックとして使用する場合はノーシンカーリグになります。ゆっくりとした狙い方ができますが、流れのあるポイントや深場では適していません。
それゆえ、従来であればテキサスリグやジグヘッドリグ等が代替されるリグでした。

しかし、ウェイテッドフックであればノーシンカーリグの延長上となるアクション(流れに負けないほど良いフォールスピード/レンジキープしやすいスイミング姿勢の維持)が可能となりました。

そのため、シャッドテール系ワームを河川でドリフトさせたり、ダムなどの水深のあるポイントでもバスが興味を示すスピード感でフォール・スイミングできます。

アイ部分にスクリュー状のワイヤーがあるため、しっかりとワームを固定できます。キャストやフッキング時におけるワームズレを防いでくれますよ!

ウェイテッドフックでの誘いはドリフトがメイン?

ウェイテッドフックは、一定の条件下において圧倒的な強みを発揮するフックです。

特に、おすすめの使用方法としてはウェイテッドフックを川のメインストリーム沿いにかけてドリフトさせることです。

川の流れ、起伏のあるボトムに対して、きっちりと表層からボトムを巻き取れるのはウェイテッドフックのような軽すぎず、重すぎないフックが必要です。

バスに対しても、ベイトが弱っている状態を演出しやすく、時には逃げるように岸沿いへ動いているアクションも可能です。
流れに対して、ナチュラルな誘いを入れられるウェイテッドフックは釣果に差を付ける重要なアイテムとなるのです。

ウェイテッドフックと相性の良いワームとは?

ウェイテッドフックは、推進性のあるシャッドテール系ワームとの相性が良いです。

レンジコントロールをしやすく、ベイト食いのバスに自然なアプローチができます。以下の項目では、3つのおすすめワームについてご紹介します。

デプス ブルフラット

デプスから発売されているブルフラットは、ウェイテッドフックを使用することでシャローカバーやウィードエリアを攻略しやすくなります。

というのも、ウェイテッドフックを装着することで旋回するようなフォール(スパイラルフォーと呼ばれる)を実現します。ブルーギルがボトムでエサをついばむようなアクションをするので、バスへのアピールも強烈になります。

ブルーギル が生息しているエリアで効果抜群!ウェイテッドフックによるスパイラルフォールで、バスの追随食いが期待できます。

ゲーリーヤマモト ハートテール

ハートテールは、ボリューミーな形状かつ、長めのシルエットをしているシャッド系ワームです。

中規模野池から沼、湖、ダム、河川において、小魚を捕食しているバスに対して有効的で、ウェイテッドフックとの相性も抜群に良いです。

created by Rinker
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)
¥1,237(2020/11/29 23:06:23時点 Amazon調べ-詳細)

表層直下の30-50センチ付近を巻きたい時や流れに対して速めにドリフトしたい時にもおすすめですよ。

ボトムアップ ヴァラップスイマー

ボトムアップから発売されているヴァラップスイマーは、タイトなピッチでボディロールする特徴があります。

ウェイテッドフックを装着することで、視覚的に小刻みな全体振動でバスの捕食を誘い出します。あらゆるフィールドで使用できるのが特徴で、スレバスにも効果的です。

オモリの自重を変えることで引いてこれるレンジを容易に変えられるのも嬉しいです。

ウェイテッドフックを活用してナチュラルなアクションを出してみよう!

撮影:筆者

今回は、ウェイテッドフックの特徴から活用方法についてご紹介しました。

ウェイテッドフックは、オフセットフックのシャンク部分にオモリが付いているため、使用方法がイメージしにくいかもしれません。
しかし、小魚をイミテートとしたワームを使用するのにおすすめで飛距離の確保と安定感のある水中での泳ぎを実現しています。

どうもバスが釣れない日や反応がイマイチな際、ウェイテッドフックを活用してバスを狙ってみてくださいね!