アイキャッチ画像出典:ダイワ

ルアーフィッシングにおいては様々なルアーが使われていますが、人気の高いルアーとして挙がるのがメタルジグです。メタルジグはショアジギングやライトゲームなどで使用されており、対象魚は青物やロックフィッシュ、フラットフィッシュなど実に様々です。

ターゲットが数多くいるメタルジグを使ったルアーフィッシングですが、ショアからの釣りだけでなくオフショアの釣りでも頻繁に使われます。

オフショアジギングでの釣りはヒラマサやブリ、シイラにキジハタ、マグロなどビッグなターゲットを狙う事が出来るので、非常に人気が高いです。

近年ではスローな誘いで狙うスロージギングも人気を得ており、女性の方でもオフショアジギングを楽しむ方が増えてきました。

そんなオフショアジギングではスピニングリールだけでなく、ベイトリールを愛用するアングラーも数多く存在しています。筆者もその一人で、オフショアジギングにおいてはベイトリールの方が有利であると感じているほどです。その中でぜひとも使って頂きたいのが今回ご紹介するキャタリナ ベイトモデルです。漆黒のボディがとてもかっこよく、コストパフォーマンスにも優れているので非常に人気の高いベイトリールとなっています。

スピニングリールで高い人気を得ているキャタリナですが、ベイトリールのキャタリナも堅牢で非常に強いリールなのでオフショアジギングにぴったりとなっています。

今回は、オフショアジギングでベイトリールを使うメリットやデメリットを紹介し、その後キャタリナ ベイトモデルの性能面を徹底解説します。

記事を見終わる頃にはキャタリナ ベイトモデルが欲しくなっている事間違いありませんので、ぜひチェックしてくださいね。

キャタリナ ベイトモデルとはどんなリールなのか

出典:pixabay

キャタリナ ベイトモデルは、スピニングリールで高い人気を誇るキャタリナのベイトバージョンで、ベイトリールならではの強い巻き上げ力が魅力的なオフショアジギングリールです。

キャタリナ スピニングモデル同様、非常に強いボディとギアを有しており、オフショアジギングで大物を狙う際にはぜひとも使って頂きたい一台です。

キャタリナ ベイトモデルにはスロージギングに対応したモデルも販売されており、スロージギングに適したハンドル形状やハンドル長など、スロージギングが非常にやりやすい仕様となっています。

価格も控えめとなっており、スピニングモデルを購入するよりも大きくコストを抑える事が出来るので、多くのオフショアジギングアングラーが愛用している一台となっています。

シンプルな作りであるキャタリナ ベイトモデルではありますが、性能面は非常に優秀なのでこれからオフショアジギングを始めてみたい方はもちろんの事、オフショアジギングでベイトタックルを揃えたいというベテランアングラーの方にも納得して頂ける一台です。

そんな魅力溢れるキャタリナ ベイトモデルですが、以下からはそもそもオフショアジギングでベイトタックルを使用するメリットはどんなものがあるのか、どんなデメリットがあるのかについてご紹介します。

オフショアジギングでのベイトタックルは非常に扱いやすいタックルとなるので、ぜひチェックしてくださいね。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

スピニングリールのキャタリナを持っているけど、ベイトリールのキャタリナもあるんだね!スロージギングモデルもあるなんて、とても気になるなぁ!

フォールでのアタリを取りやすい

オフショアジギングではキャスティングを除けばメタルジグを真下に落とす事がほとんどのため、フォール中に魚が食ってくる事も珍しくありません。そのため、フォール中にアタリを取る事が出来るか出来ないかで釣果は大きく変わってきます。

ベテランアングラーであればフリーフォールでメタルジグを落としていても、ラインの出方でアタリを取る事が出来るかもしれませんが、中々簡単にはいかないですよね。

フォール時にアタリを取る方法として最も良いのが、サミングをしてアタリを取る事です。サミングとはスプールを指で押さえてラインの放出をコントロールする事を指しますが、スピニングリールでは少々やりにくいのが難点です。

ロッドを持っている手に加えてもう片方の手でスプールを押さえなければいけないので、少々面倒くさくなってしまいます。

しかし、ベイトリールであればロッドを持っている手の親指でサミングをする事が出来るので、フォール時のアタリを非常に取りやすいです。

アタリがあったと思えば親指でスプールを押さえながら合わせを入れれば即座にフッキング出来るので、とても大きなメリットといえます。

スピニングリールではベールを返すというワンテンポが必要となるので、そのままフッキングに持ち込む事が出来るベイトリールはアングラーにとってとても便利な作りとなっていますね。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

ベイトリールではサミングが必須となるけど、オフショアジギングでサミングが大きな強みとなるんだね!フォールのアタリを取って釣果をどんどん伸ばそう!

強い巻き上げ力でパワーゲームが出来る

オフショアジギングではヒラマサやカンパチといった大型青物や、大型のロックフィッシュ、さらにはマグロといった大型の魚が掛かる事が非常に多いです。

そのため、リールに強い巻き上げ力がないと全く歯が立たないという様な状況になる事も珍しくありません。

スピニングリールでも大型のものを使えば強い巻き上げ力を得る事が出来ますが、スピニングリールの構造上どうしても巻き上げる動作に疲れが出やすくなってしまいます。

スピニングリールはローターを回転させてスプールにラインを巻き取っていく作りになっているため、どうしてもパワーロスに繋がってしまう一面があります。

その反面、ベイトリールはスピニングリールよりも強い巻き上げ力を持っているので、楽に大型の魚とファイトする事が出来ます。

ベイトリールはスプールを回してそのままラインを巻き取っているので力の伝達に優れているので、スピニングリールでは巻きに苦労する様なシーンでも楽に感じる事が多いです。

大型の魚とのやり取りが楽になるだけでなく、メタルジグをしゃくる際にも楽に巻き取る事が出来る様になります。

オフショアジギングでは深い海の底にメタルジグを落とし込んでいくので、ただでさえ重いメタルジグに水圧が加わって非常に重く感じてしまいます。

200gを超えるメタルジグを使えばその重さは凄まじいものとなるので、早い段階で腕がぱんぱんになってしまいます。

そんな状況にもベイトリールがあれば大幅に疲労を軽減する事が出来るので、オフショアジギングとの相性はばっちりですね。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

ベイトリールはスピニングリールよりも巻き上げ力が強いんだね!パワーを必要とするシーンが多いオフショアジギングでは、とっても相性が良いね!

スピニングリールよりも重量が軽くなる

オフショアジギングでは大物が掛かる事が多かったり、ラインキャパシティを多く必要とする事が多いため、大型のリールを使用する事がほとんどです。

特にスピニングリールはぱっと見ただけでも大きさに気付くほどで、剛性の強いメタルボディで作られているものは重量が非常に重たいです。

重量が重くなるのは仕方のない事ではありますが、しゃくる動作を繰り返すオフショアジギングではどうしても疲労の原因となってしまいます。

その反面、オフショアジギング用として作られているベイトリールは大物向けに作られていたとしても、コンパクトな作りとなっている事がほとんどです。

ベイトリールはスピニングリールとは構造が大きく異なっているため、スピニングリールよりもシンプルな作りになっています。

シンプルな作りである事が功を成して大幅な重量削減にも繋がっているので、長時間しゃくり続けるオフショアジギングとの相性はばっちりです。

もちろん、コンパクトで軽量だからといっても弱いという事もなく、むしろ強い作りになっているので大物にも安心して使って頂けますよ。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

スピニングリールはとても重く感じるけど、ベイトリールはとても軽いんだね!オフショアジギングでは疲れが出やすいから、とても大きなメリットに感じるよ!

オフショアジギングでベイトタックルを使用するデメリット

オフショアジギングでベイトタックルを使用する事のメリットについてご紹介してきましたが、どれも魅力的なメリットですよね。

スピニングリールよりも断然ベイトリールの方が良いのではと、感じる方も多くいらっしゃるかと思います。

そんな魅力溢れるベイトリールですが、残念ながらデメリットも存在します。

ベイトリールのデメリットとして最も挙げられるのが、バックラッシュです。バックラッシュは放出されるラインのスピードをスプールの回転速度が上回った際などに起こる現象で、ひどいバックラッシュになると釣り再開が絶望的になる事も珍しくありません。

バックラッシュはキャストする時に起きる現象じゃないの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ルアーをただ真下に落とすだけでも起こり得る現象です。

特にオフショアジギングでは重いメタルジグを使用する事になるので、フォール速度は思いのほか早いです。

そのため、サミングしていないと簡単にバックラッシュしてしまうので注意が必要です。

また、スピニングリールであればキャスティングゲームなどでも使用する事が出来ますが、オフショアジギング用のベイトリールでのキャスティングは出来ない事がほとんどです。

アンダーハンドで軽く投げるぐらいであれば問題ない事も多いですが、バックラッシュするリスクを考えたらしない事が賢明です。

バーチカルな釣りで活躍するのがベイトリールなので、バーチカル主体で使っていく様にしましょう。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

ベイトリールはバックラッシュが怖いリールだよね・・・キャスティングは行わず、バーチカル主体の釣りで使っていこう!

キャタリナ ベイトモデルの性能面に迫る

出典:ダイワ

オフショアジギングでベイトタックルを使う事のメリット、デメリットについてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

輝かしいメリットを備えているベイトリールですが、デメリットも存在してしまいます。

しかし、デメリットはアングラーが気を付けておけば問題になる事はほとんどないので、そこまで気にする必要はありません。

デメリットの面に気を付けておけば非常に扱いやすいリールとなるので、サミングを行う、キャスティングに使わない、という点には十分に注意しておきましょう。

さて、メリット、デメリットについて知る事が出来たら、次はいよいよキャタリナ ベイトモデルの性能面に迫っていきます。

価格は控えめでも性能面は非常に優秀なキャタリナ ベイトモデルについて、早速チェックしていきましょう。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

いよいよキャタリナ ベイトモデルの性能面について知る事が出来るんだね!
早く教えてよぉ!

要塞並の堅牢さを誇るスーパーメタルハウジング

出典:ダイワ

キャタリナ ベイトモデルのフレームには、スーパーメタルという高強度アルミで作られたフレームが採用されています。

スーパーメタルは非常に剛性が高い素材となっており、リーリングする際のねじれに対して抜群の強さを誇ります。

ねじれに対して強さを持っている事によってパワーロスを軽減させられるので、抜群の巻き取り力を実現しています。

キャタリナ ベイトモデルはフレームとサイドプレートが一体となっており、一体になっている事によって要塞並の堅牢さを得ています。

この堅牢さが大型の魚と対峙した時に役立つポイントであり、重いメタルジグを深場でしゃくる際にも安心できるポイントとなっていますよ。

ベイトリールはパーミングのしやすさも非常に重要で、握り込みやすいか否かで操作性にも大きく関わってきます。

キャタリナ ベイトモデルはパーミングのしやすさも秀逸で、操作性も非常に良くなっているのが特徴的ともいえます。

リール自体のパーミングのしやすさに加えて、ロングクラッチバーや大径ロングアームスタードラグの採用によって、実釣時の操作性が抜群に良くなっています。

現場の事をしっかりと分かっているプロが作るからこそ、完成させる事が出来たのがキャタリナ ベイトモデルだといえますね。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

スーパーメタルで作られたボディは、名前を聞いただけでも強さが伝わってくるね!パーミングもしやすいなら、小柄な女性の方でも扱いやすそうだと感じたよ!

抜群の強さを支える心臓部であるハイパーデジギア

出典:ダイワ

ショア、オフショア問わず大物を獲る際に重要なのが、リールの心臓部ともいえるギアです。

ギアが弱いと巻き上げ力が弱くなってしまいますし、歯面が欠けて壊れやすくもなります。

キャタリナ ベイトモデルに採用されているハイパーデジギアは抜群の強さが売りのギアとなっており、精密に作られている事によって滑らかな巻き感をも得る事に成功しています。

ギアはピニオンと綺麗に噛み合う事で力をフルに発揮する事が出来ますが、ハイパーデジギアはデジタル解析によってミクロの誤差をも許さない製法で作られているので、滑らかな巻き感でありながらもパワフルな巻き上げ力を可能としています。

ハイパーデジギア搭載のスピニングリール、ベイトリールを筆者は所有していますが、本当に巻き感は滑らかでパワフルそのものです。

ギアが強い事によって長期間使用感が変わる事無く使用する事が出来ているので、価格が高くなりがちなハイパーデジギア搭載のリールも結果的にコストパフォーマンスに優れています。

オフショアジギングの様なリールに強い負荷が掛かる釣りにおいてハイパーデジギアは抜群に良い働きをするので、オフショアジギングを長く楽しみたい方にはぜひとも使って頂きたいです。

そんなハイパーデジギアが搭載されているキャタリナ ベイトモデルは、価格も抑えられているので手を出しやすいのが非常に嬉しいポイントですよ。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

リールの心臓部ともいえるギアが強いと、安心してオフショアジギングを楽しむ事が出来るね!ぜひとも使ってみたいなぁ!

近海ジギングから中深海ジギングまでこなす事が出来るΦ50mm高強度アルミスプール

出典:ダイワ

オフショアジギングはショアジギングとは違って、水深200mを超える様なポイントでの釣りも頻繁に行われます。

そうなってくると大きなラインキャパシティを持ったリールが必要となりますが、キャタリナ ベイトモデルに採用されているΦ50mm高強度アルミスプールは、PE1.5号を600m、PE3号を300mというラインキャパシティを有しているので、中深海ジギングにも対応しています。

スプールは高強度のアルミで作られているので、剛性面にも大きな安心感を得る事が出来ています。

中深海ジギングはもちろんの事、近海でのジギングにも対応しているので使用用途が非常に幅広いリールに仕上がっていますよ。

スプールの強度が弱いと巻き上げ時に変形してしまう事がありますが、大物が掛かっても安心できる強度を有しているので、がんがん使い倒す事が出来ますよ。

ラインを巻いていく際に注意点があり、PEライン1.5号が600mという表記になっていますが、決して表記以上のラインを巻かない様にしましょう。

一見するとまだラインを巻けそうだなと感じるかもしれませんが、ベイトリールでラインを巻きすぎるとバックラッシュする確率を大幅に高める事になってしまいます。

少ないかなと感じる程度がスプールの回転性能を損なわず、バックラッシュの確率を減らす事が出来るので、ラインを巻く際は注意しておきましょう。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

中深海ジギングにも使えるスペックがあるのは、とても嬉しいポイントだね!でも、ラインを巻く際には巻く量にも十分注意しよう!

大物にも安心して対峙する事が出来るATDドラグ

出典:ダイワ

オフショアジギングでは大物と出くわす事が多いため、油断しているとラインブレイクに繋がる事も珍しくありません。

太いラインを使用していれば多少ドラグを締めていても安心出来ますが、中深海ジギングで細めのPEラインを使用している際は注意が必要です。

堅牢さが強みのベイトリールといえど、ドラグは重要な機構なので性能の高いものが求められます。

キャタリナ ベイトモデルにはATDドラグというドラグが採用されており、オートマチックに仕事をしてくれるドラグとなっています。

ドラグは緩くてもきつくてもダメであるため調整が中々難しいものでありますが、ATDドラグはそこまで細かく調整をしなくても、ドラグが勝手に仕事をしてくれるので非常に楽な仕様となっています。

ドラグが勝手に仕事をしてくれる事によってファイト中にドラグを調整し直す事もなくなり、ファイトに集中出来る様になりますよ。

ラインを出すときは出して出さない所はきっちりと止める作りになっているので、細いラインでも安心して大型の魚とファイトする事が出来るのは大きなメリットといえますね。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

ドラグの設定はあまり得意じゃなかったけど、ATDドラグなら僕でも簡単に使いこなせそう!初心者の強い味方だね!

キャタリナ ベイトモデルはどのモデルがおすすめなのか

created by Rinker
¥29,832(2020/09/21 02:23:18時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥27,798(2020/09/21 02:23:19時点 Amazon調べ-詳細)

キャタリナ ベイトモデルの性能面についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

オフショアジギングをする上で抜群の使いやすさを誇るキャタリナ ベイトモデルは、初心者の方だけでなくベテランアングラーも納得の一台に仕上がっています。

そんなキャタリナ ベイトモデルですが、ラインナップは2モデルあります。通常のジギングに向いている15Hと、スロージギングに向いている15H-SJとがありますが、どちらも非常に使い勝手が良いモデルとなっています。

一般的なジギングでの使用をメインとされるのであれば15Hを選ぶ事がおすすめで、ハンドルも早いピッチでのジャークを行いやすい作りになっています。

逆に、15H-SJのハンドルはスロージギング向けの作りとなっているため、早いピッチでのジャークは苦手としています。

しかし、スロージギングをする際には非常に持ちやすいハンドルとなっているので、スロージギングを楽しみたいなら間違いなくおすすめなモデルです。

中深海ジギングも行うという方にとっては15H-SJがおすすめなので、用途によってモデルを選んでみてくださいね。

ちなみに筆者は早いピッチでのジギングは体力が持たないため、スロージギングがとても大好きです。

そのため、どちらかを選ぶのであれば迷わず15H-SJを選びます。ハンドル形状も独特で気に入っているのも選んだポイントですが、15Hも非常に使いやすい作りになっている事は間違いないので、ぜひお気に入りのモデルを選んでくださいね。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

どっちのモデルを選ぶか、とても悩むポイントだね・・・僕は早いピッチでジャークをするのが好きだから、15Hを選んでみようかな!

キャタリナ ベイトモデルを使ってオフショアジギングをとことん楽しもう!

出典:photoAC

キャタリナ ベイトモデルについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

スピニングモデルと並んで高い人気を誇るキャタリナ ベイトモデルですが、コストパフォーマンスの高さや要塞並の堅牢さ、デザインのかっこよさなど、魅力的なポイントがたくさんあります。

初心者の方でも扱いやすい作りになっているので、これからオフショアジギングを始めてみたいという方にはぜひとも使って頂きたいです。

もちろん、初心者の方だけでなくベテランアングラーの方にもおすすめ出来るリールに仕上がっているので、多くのアングラーの方に使って頂ければ幸いです。

キャタリナの上にはソルティガというフラッグシップモデルが存在していますが、性能面はソルティガにかなり近づいています。

それでいて圧倒的なコストパフォーマンスを誇っているので、買って後悔は間違いなくしません。

買って良かった、もっと早く買ってオフショアジギングで使いたかったという気持ちにさせてくれる事間違いありませんので、ぜひキャタリナ ベイトモデルを使ってオフショアジギングをとことん楽しんでくださいね。

オフショアジギングでは落水などの危険性も高く、命に関わる事故が起きる事もあるので十分に注意して釣りを楽しんでくださいね。

また、ライフジャケットは必ず着用する事を徹底し、安全な状態で釣りを楽しんでくださいね。