アイキャッチ画像出典:ダイワ

釣りでは様々なターゲットを狙う事が出来るため、小さなお子様でもアジやサバなどをサビキ釣りで狙ったり、ルアー釣り初心者の方がライトゲームでカサゴやメバルを釣ったりと気軽に楽しむ事が出来ます。

夏のシーズンには涼みがてら夜釣りを楽しむ方も多くいらっしゃるので、釣りの楽しみ方は人それぞれとなっています。

アジやサバなどの小物釣りも楽しい釣りですが、アングラーの中には大型青物やシイラ、良型根魚などの大物狙いを専門としている方も数多くいらっしゃいます。

強靭な引きを繰り出す魚を獲ってこそ釣りだと考える気持ちは筆者もよく分かりますし、何より達成感が別格です。

そんなビッグゲームを制するためには、タックルもそれなりのものを用意する必要が出てきます。

特にリールは頑丈で強いものでないと破損するリスクがありますし、ドラグが弱ければ大物を獲る事は不可能といっても過言ではありません。

そこで、今回ご紹介したいのがダイワの大人気リールであるキャタリナ スピニングモデルです。

ショアジギングやオフショアジギングなどでよく使われているリールで、要塞並の堅牢さを持っているリールとなっています。

価格はお高めですが、ビッグゲームを制したいアングラーには非常におすすめのリールとなっていますので、ビッグゲームを制したいアングラーの方々はぜひチェックしてくださいね。

キャタリナ スピニングモデルとはどんなリールなのか

出典:pixabay

キャタリナ スピニングモデルは、大型青物やシイラ、GTにマグロなど、ビッグゲームのターゲットと呼ぶに相応しいターゲットを獲るための大型スピニングリールです。

ダイワの公式サイトではオフショア用スピニングリールと紹介されていますが、ショアジギング用リールとしても根強い人気を持っており、ショア、オフショア問わず様々なシーンで使用されています。

キャタリナ スピニングモデルの特徴は何といっても圧倒的な頑丈さと強さで、手にしただけでもリールの強さが伝わってくるほどのパワーを秘めています。

剛性に富んでおり、大型の魚が掛かっても持ち前のパワーで問題なくファイトを楽しむ事が出来ます。番手も豊富となっており、狙いたいターゲット、行いたい釣法によって選ぶ事が出来ます。

キャタリナ スピニングモデルと並んで人気を得ているのが、ダイワの言わずと知れたフラッグシップリールであるソルティガです。

しかし、ソルティガは価格が非常に高いため、キャタリナ スピニングモデルで決める方も多くなっています。もちろん、ソルティガの方が性能面が上ではありますが、キャタリナ スピニングモデルの性能も驚くほどに高くなっています。

筆者もキャタリナ スピニングモデルを一台所有していますが、圧倒的な頑丈さ、圧倒的な強さをしっかりと感じる事が出来ているので、本当に買って良かったと思える一台となっています。

そんな魅力溢れるキャタリナ スピニングモデルの性能についてたっぷりご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。

快適な使用感を約束するマグシールド&マグシールドボールベアリング

出典:ダイワ

大型青物やシイラ、GTといった大物を狙い場合、堤防や漁港で狙う事はほとんどないのが実情です。

大物を狙う場合には地磯や沖磯、オフショアなど過酷な環境へと身を投じる必要があります。地磯、沖磯、オフショア、この全てにおいて共通しているのが波をかぶる恐れがある事です。
地磯、沖磯であれば突然来る高波をかぶったり、オフショアであれば移動中に波しぶきをかぶったりと、状況によって様々です。

自分だけが濡れればまだ良いですが、ほとんどの場合はタックルにも波をかぶる事が多いです。特にリールに波をかぶるとリール内部に海水が入る事になってしまうので、リールの性能を著しく低下させてしまう恐れがあります。

しかし、キャタリナ スピニングモデルのメインシャフトにはダイワ自慢のマグシールドがばっちりと搭載されているので、防水性、防塵性は極めて高くなっています。

それだけでなく、ラインローラーにはマグシールドボールベアリングが使用されているので、いつまでもスムーズな回転を維持し続けてくれます。

過酷な環境で使うリールであるからこそ、高い防水性能と防塵性能が必要になります。リールに波をかぶってしまうのが怖くて過酷な環境での釣りにあと一歩踏み込めない方は、キャタリナ スピニングモデルを使えば安心して釣りを楽しむ事が出来ますよ。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

波をかぶっても性能を維持し続けるなんて、マグシールドとマグシールドボールベアリングは本当にすごい技術だね!

オートマチックに仕事をしてくれるATDドラグ

出典:ダイワ

スピニングリールの性能を決める上で重要なのがドラグ性能で、ドラグの性能が悪ければ魚の引きに追従してラインを送り出す事が出来ませんし、ラインブレイクの原因にもなってしまいます。

ドラグをフルロック状態にしてファイトをする事も可能ですが、それにはそれ相応の強いラインが必要となりますし、フックも曲がりにくい強靭なものを使用する事が求められます。

ドラグの理想は魚の引きに追従して最低限のラインを送り出してラインブレイクを防ぎ、かつ魚に主導権を渡さない事です。

キャタリナ スピニングモデルにはATDドラグというものが搭載されており、魚の引きに追従してラインを送り出す事が出来るものとなっています。

ATDドラグが出る前は、魚の引きに対して常にラインが出続けてしまう事もあり、中々魚を止められないといった事も多かったですが、ATDドラグの場合はラインが出たとしても止めるべき時はきちんとラインを止めてくれるので、魚に主導権を与えにくいのが特徴的です。

ATDドラグの優れた点はセッティングの簡単な所にもあり、初心者アングラーにとって難しいドラグをどれぐらい締めておくかという問題を見事に解決してくれています。

ドラグが緩い状態で強い引きが来れば通常であればラインが一気に出ていってしまいますが、ATDドラグの場合はラインが出たとしても出続けない様にドラグがオートマチックに仕事をしてくれます。

上級者にとっても使いやすいドラグとなっていますが、ATDドラグは初心者アングラーの強い味方になってくれると筆者は強く感じています。

ドラグ設定をシビアに行わなくても適切なドラグで魚の引きに対応してくれるという事は、初心者アングラーがそれだけバラシを減らす事が出来るという事ですし、釣果アップに繋げる事が出来ます。

ショアジギングやオフショアジギングではビッグなターゲットが掛かる事が多いため、ATDドラグを搭載したキャタリナ スピニングモデルは多くのアングラーの助けとなってくれる事間違いありません。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

ドラグ設定なんてあまり分からない僕でも、ある程度の設定で適切なドラグ設定になるATDドラグはとてもありがたい存在だなぁ!

軽くてもしっかりと強いZAIONエアローター

出典:ダイワ

スピニングリールには様々なパーツが組み込まれており、その一つ一つがどれも重要な役割を担っています。数あるパーツの中でも、回転フィールや軽さなどに密接に関係してくるのがローターです。

ローターはスプールの下部部分にある回転するパーツの部分で、回転性能が求められる重要なパーツです。
キャタリナ スピニングモデルのローターには、ダイワ独自のカーボン素材を使用したZAIONが使われており、強度と軽さを見事に実現しています。

リールを構成するパーツは、海釣りで使用していると腐食してしまう恐れがありますが、ZAIONは金属素材と異なって腐食に強いという夢の様な性能を秘めています。

それだけでなく、強度面はマグネシウムを上回るため、高剛性で軽量というまさに理想ともいえる素材となっています。

高性能素材であるZAIONをローターに使用する事で、軽やかな回転フィールを得られる事はもちろんの事、アングラーの意思に応じたレスポンスの良い反応を見せてくれます。

ローターはリールのパーツの中では大きい部類に入るため、ZAIONを使って軽量化を果たす事でリール全体の大幅な軽量化に繋がっています。

まさに良い事尽くめのZAION素材を使ったZAIONエアローターは、一度使うと病みつきになる事間違いありませんよ。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

ZAIONってとってもすごい性能を秘めているんだね!軽くて強くて腐食に強いなんて、リールに使う素材としては最高だね!

要塞並の堅牢感を誇るスーパーメタルボディ

出典:ダイワ

リール全体の剛性を決めるのはボディにどんな素材を使っているのかが分かれ目となり、重量にも大きく関わってきます。

価格が抑えめのリールには樹脂を使う事も多いですが、ターゲットがアジやサバ、大きくてもツバス程度であれば樹脂ボディでも問題になる事はほとんどありません。

しかし、大型青物やシイラといった引きが非常に強い魚を相手にすると、樹脂ボディではリールがたわんでしまい、パワーロスに繋がったり最悪の場合リールの破損にも繋がってしまいます。

そのため、大物を狙うための大型スピニングリールには金属素材を用いられる事が多いです。キャタリナ スピニングモデルも同様で、要塞の様な強さを誇るボディにはメタル素材が欠かせません。

スーパーメタルにダイワ独自の超精密マシンカットを施して作られたスーパーメタルボディは、抜群の剛性を誇るとともに、精密に作られたボディによってシルキーな巻き心地も実現しています。

スーパーメタルボディの強さは折り紙付きで、筆者がオフショアジギングでメジロを掛けた時もボディがたわむ事なく、ゴリ巻きで一気に寄せる事が出来ました。
樹脂ボディのリールでは絶対に無理だったと感じていますし、改めて金属素材の強さを感じる事が出来ました。

金属素材のボディを持つリールは非常に強いリールに仕上げる事が出来ますが、その分重量が重くなってしまうのが残念な所です。
しかし、大物を獲るためには間違いなく剛性感溢れる金属素材の方が向いているので、大物を獲りたい方はぜひスーパーメタルボディを有するキャタリナ スピニングモデルを使ってみてくださいね。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

スーパーメタルボディがあるからこそ、大物が掛かっても安心してやり取りが出来るんだね!安心してやり取りが出来るなら重さは気にならないね!

強度と耐久性が桁違いなハイパーデジギヤ

出典:ダイワ

リールを作る上で必ず必要となるパーツがギヤで、ギヤがあるからこそ巻き取りが可能となっています。

ギヤの強度や耐久性はリールの性能や寿命と密接な関係にあり、ギヤが弱いものだと巻き取り力が弱くなったりギヤの歯が欠けたりと、良い事は何もありません。逆に、ギヤが強いものであれば巻き取り力が強くなりますし、ギヤの歯も欠けにくくなります。

キャタリナ スピニングモデルのドライブギヤにはジュラルミンの1.6倍もの強度を持つC6191という素材が採用されており、さらに一回りも大口径化した事で強度と耐久性が大幅に向上しています。

それに加えて、歯面の形状をコンピュータ解析によってミクロの誤差をも許さない製法も技術として加わって生まれたものがハイパーデジギヤです。

非常に強いタフなギヤとなっているため、大型青物やGTに対しても問題なく使用出来る強さを誇っています。
強いだけでなく、精密に作られた歯面形状によってシルキーな回転をも生み出してくれるので巻き心地も非常に良いです。
また、非常に頑丈なため、長期間強さと巻き心地を維持し続ける事が出来るのが、嬉しいポイントでもあります。

ビッグなターゲットをたくさん釣るのであれば、それ相応のギヤが求められます。生半可なギヤでは寿命が早く来てしまいますが、ハイパーデジギヤであれば長期間アングラーをサポートしてくれるので、ビッグゲームが好きなアングラーには欠かす事が出来ないギヤですね。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

リールの心臓部でもあるギヤが強いと、抜群のパワーを得られるんだね!巻き心地も良いなんて文句の付け所がないなぁ!

エアベールのさらに上を行く強さを持つタフエアベール(3500、4000は除く)

出典:ダイワ

スピニングリールを構成するパーツの中で、ラインと触れ合う事が多いパーツがベールです。

ベールはラインローラーへとラインを送り出す事が重要な役割となっているパーツで、ベールの形状が悪いと適切にラインを巻き取る事が出来なくなってしまいます。

ダイワのベールは中空構造で軽さに磨きがかかったエアベールというものが使われており、強度面もしっかりと確保されているため高い人気を得ています。

しかし、キャタリナ スピニングモデルは要塞並の強さが売りでもあるので、エアベールでは満足していません。

エアベールよりもステンレス素材を分厚くする事で強度を4倍もアップして、タフエアベールとして生まれ変わったものを武装しています。

タフエアベールは名前にタフが付くほど強度面がアップしており、チタンのソリッド素材より同重量では約13倍もの耐久性を持っています。

もちろん、ただ頑丈になっただけではなく、ラインをラインローラーへと送り出す段差のない形状は健在で、ライントラブルを大幅に解消する性能はしっかりと残っていますのでご安心ください。

タフエアベールは実際に見てみれば分かりますが、通常のエアベールを採用しているリールと見比べてみても一目瞭然のサイズの違いが見て取れます。

大物を相手にするリールだからこそベールにも強度は欲しいですし、破損のリスクは少ないに越した事はないので、タフエアベールはアングラーを安心させてくれる重要な役割を担っていますね。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

ベールが分厚くなるなんて、まるでムキムキのマッチョだね!それでもライントラブルを抑える性能は健在っていうんだから、ダイワの技術には驚かされるよね!

パワーが必要な釣りだからこそ必要なパワーライトノブ

出典:ダイワ

ショアジギングやオフショアジギングでは大物が掛かる事が多いため、ハンドルノブの形状は非常に重要なポイントとなります。

ライトゲームで使用される様なI型のハンドルノブでは力は全く入りませんし、T型のハンドルノブも少々持ちにくいです。そのため、ショアジギングやオフショアジギングの様なパワー重視の釣りではパワーハンドルノブを愛用する方が非常に多いです。

パワーハンドルノブは丸みのあるノブとなっているので手の平で握り込みやすくなっており、力を込めてリーリングする際には最適な形状となっています。

キャタリナ スピニングモデルのハンドルノブにはパワーライトノブと呼ばれるものが装着されており、丸みのある形状でしっかりと握り込みやすくなっているだけでなく、EVA素材で作られているので濡れた手でも滑りにくく、かつ軽いという恩恵を得る事に成功しています。

パワーハンドルノブには金属素材を採用しているものも多いですが、重量が増してしまうというデメリットがあります。

もちろん、金属素材のパワーハンドルノブの方が頑丈であるためメリットもありますが、ただでさえ重い大型スピニングリールの重量を少しでも減らしたいと思う方も多くいらっしゃると思います。

EVA素材は滑りにくいため力を込めて握り込むスタイルに向いているので、ショアジギングやオフショアジギングとの相性もばっちりです。

筆者はキャタリナ スピニングモデルを所有していますが、EVAのパワーハンドルノブに不満を持った事はありません。

何よりも軽いですし滑りにくいので、ただただ使いやすいと感じています。金属素材と違って多少すり減ってくる一面もありますが、使用に影響が出る程のものでもないのでそこまで気になるポイントではありませんよ。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

ハンドルノブの形状は色々あるけど、パワーが必要な釣りにはパワーハンドルノブが最適なんだね!EVA素材のパワーハンドルノブを使ってみたくなってきたなぁ!

キャタリナ スピニングモデルのおすすめの番手はどれなのか

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥58,202(2020/09/23 15:09:51時点 Amazon調べ-詳細)

キャタリナ スピニングモデルの性能面についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

キャタリナ スピニングモデルはまるで要塞の様な強さ、頑丈さが特徴的なリールなのでビッグゲームを楽しみたいアングラーにはベストマッチなリールとなっています。

価格はお高めですが、購入する価値は大いにあると筆者は強く感じています。

さて、キャタリナ スピニングモデルの良さは分かってもどの番手を選べば良いのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

大型スピニングリールを購入した事のない方にとっては、キャタリナ スピニングモデルの一番小さい番手である3500番でも大きく感じる事でしょう。

ダイワの公式サイトでは各番手のおすすめの使用方法について紹介をされていますが、こういった紹介を見ても中々決めるのが難しいですよね。

3500番から6500番まであるキャタリナ スピニングモデルの中から、一つだけ選ぶならどれが良いのかと聞かれたら、筆者は迷わず5000番をおすすめします。

5000番はPE5号を300mも巻く事が出来る程のラインキャパシティを持っており、一見するとオーバースペックになりそうで怖いと感じる方も多くいらっしゃると思います。

なぜ5000番をおすすめするのかというと、大きなボディによる巻き上げ力の強さに加えて大型スプールの方がキャストした際のラインの抵抗を抑える事が出来るので飛距離を稼ぐ事が出来るためです。

PEラインの2号を使用したいのであれば下巻きをすれば済みますし、ヒラマサやカンパチといった大型青物やGTなどのモンスターフィッシュとも対等にやり合えるパワーを持っているので買い足しを行う必要もなくなります。

ローギアかハイギアで悩む方も多いと思いますが、5000番の場合ローギアでも一巻き104cmというっ巻き取り量を誇っているので、巻きが軽いローギア選んでもハイギアと同等の性能を得る事が出来ます。

オフショアのキャスティングゲームで巻き取り量を重視したいというアングラーはハイギアを選んでも問題ありませんが、あまりこだわりがないのであればローギアを選ぶ事をおすすめします。

ここまで5000番をおすすめしてきましたが、それ以外の番手が悪いという事は全くありません。

オフショアジギングには行かずにショアジギングだけを楽しみたいという方や、オフショアジギングに行ったとしてもライトジギングしかしないという方には4000番もあれば十分ですし、マグロゲームをしたいという方には6500番を選ぶ事をおすすめします。

5000番はショアジギング、オフショアジギング、オフショアのキャスティングゲームをバランスよくこなす事が出来る番手であるので、おすすめしています。

価格が高いため複数台購入するのが難しいキャタリナ スピニングモデルなので、ぜひお気に入りの番手を選び、相棒となる一台を決めてくださいね。

GyoGyoくん
GyoGyoくん

番手選びはリールを選ぶ時に悩むポイントだよね!5000番がバランスが良いなら5000番にしてみようかなぁ!

キャタリナ スピニングモデルのパワーと頑丈さで夢のビッグフィッシュを釣り上げよう!

出典:ダイワ

キャタリナ スピニングモデルについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

普段サビキ釣りやフカセ釣り、ライトゲームにシーバスゲームなどを楽しんでいる方にとっては桁違いの大きさを誇るキャタリナ スピニングモデルは、ビッグゲームを制するためには必要不可欠なリールです。

ただひたすらに頑丈さを求めて、ただひたすらに強さを求めるキャタリナ スピニングモデルは、ヒラマサやカンパチ、GTにマグロといったビッグフィッシュを狙うアングラーの心強い味方となってくれる事間違いありません。

価格が高いため中々手が出し辛いリールではありますが、ダイワ独自の技術によって長期間使用し続ける事が出来るので、結果的にはコストパフォーマンスに優れたリールとなっています。手にした時の重厚感やデザインの秀逸さは、キャタリナ スピニングモデルだからこそ味わえるものです。

番手選びでたくさん悩むかもしれませんが、悩みに悩み抜いて選んだ一台きっとアングラーの皆様の宝物になってくれる事間違いありません。

過酷な環境で釣りをされる方、夢のビッグフィッシュを追い求めている方、耐久性に優れた頑丈なリールが欲しい方、ぜひともキャタリナ スピニングモデルを使ってみてください。筆者も感じていた事ですが、とにかく頑丈で壊れないリールとなっているので末永く愛用して頂けますよ。

本記事を読んで頂いた皆様が、キャタリナ スピニングモデルを使ってビッグフィッシュを釣り上げる事を心から祈っております。

ビッグフィッシュを追い求めるための環境は環境なものである事がほとんどなので、釣りをされる際は危険を感じたら無理をせずに、安全な状態を確保してから釣りを行いましょう。

また、ライフジャケットの着用も徹底し、命を守る用意をきちんと行う事も忘れないでくださいね。