アイキャッチ画像出典:ダイワ

釣りのジャンルの中で磯竿を使ったウキ釣りやカゴ釣り、サビキ釣りは人気の高い釣りですが、慣れていなかったり夜間の釣りになると穂先への糸絡みが非常に厄介になります。

穂先にラインが絡んでしまった状態でキャストしたり合わせを入れたりすると、最悪の場合穂先が折れるなんて事も珍しくありません。

そうなってしまうと釣りが終了になってしまうだけでなく、修理費用も発生してしまうためアングラーにとって何一つ良い事はありません。

そんな時に、アングラーの強い味方となってくれるのがインターラインのロッドです。

別名中通し竿とも呼ばれるインターラインのロッドは、ラインをガイドではなくロッドの内部に通す事が出来る作りの磯竿です。

もちろん、穂先にもガイドがないためラインがガイドに絡まるといったトラブルはないといっても問題ありません。

今回は、そんなトラブルレスなインターラインロッドについてご紹介します。筆者の厳選したインターラインロッドをご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。

インターラインロッドとはどんなロッドなのか

出典:pixabay

インターラインロッドとは、冒頭でもご紹介しましたがラインをロッドの内部に通す事が出来るロッドの事を指します。

本来ラインが穂先に絡まってしまうのは、ガイドにラインが引っ掛かってしまう事が原因でもあるので、ライントラブルの原因を取っ払ってしまったインターラインロッドはアングラーの強い味方であるといえます。

しかし、釣り竿といえばガイドが付いたものをイメージする方が多いため、本記事で初めてインターラインロッドの事を知った方も多いのではないでしょうか。筆者もその一人で、インターラインロッドにはどんなメリットがあるの?と長年思い続けてきました。

インターラインロッドに興味が出て調べてみると、なんで早くインターラインロッドを使わなかったのかと思ってしまうほどのメリットの山でした。

おすすめのインターラインロッドをご紹介する前に、まずはインターラインロッドの持つメリットについてご紹介します。

メリットを知れば知るほどインターラインロッドが欲しくなる事間違いありませんので、ぜひチェックしてくださいね。メリットの後にはインターラインロッドのデメリットについてもご紹介しますので、そちらも併せてご覧ください。

インターラインロッドを使用するメリット

出典:pixabay

ここからは、インターラインロッドを使用するメリットをご紹介します。

インターラインロッドのメリットは他のロッドにはないメリットばかりなので、知れば知るほどインターラインロッドが欲しくなる事間違いありません。

一つ一つのメリットが釣りをする上で魅力的なものばかりなので、ぜひチェックしてくださいね。

穂先への糸絡みが皆無に等しい

インターラインロッドといえばこれだろうというメリットが、穂先への糸絡みが皆無に等しい事です。

通常磯竿というものはガイドが付いたものが一般的であるため、風の影響を受けたり操作が上手くいっていない場合には穂先のガイドにラインが絡まる事があります。

穂先にラインが絡まってしまうと、合わせを入れたりキャストをした際に穂先が折れてしまう事に繋がってしまうため非常に危険です。

明るい時間帯の時はあまり絡ませないという様な方でも、夜釣りになると糸絡みが激増する方もいるのではないでしょうか。
筆者もその一人で、夜釣りであまりにも穂先にラインが絡まるので何か対策はないかと思い辿り着いたのが、インターラインロッドでした。

インターラインロッドはガイドがなく、ロッドの内部にラインを通すため穂先への糸絡みが皆無といっても過言ではありません。

インターラインロッドであればラインが見にくい夜釣りでも、穂先への糸絡みを気にする事がなくなるので攻めの釣りを展開する事が出来ます。

実際に釣りをしていれば分かりますが、穂先への糸絡みを気にせずに釣りをする事が出来るという事は本当に大きなメリットです。

大きくしゃくる動作が多いエギングでもインターラインロッドが人気となっているのは、穂先への糸絡みを気にしないでいいという点があるためです。

また、磯竿は長さが5m前後あるため、穂先にラインが絡まってしまうとラインを解くのが非常に面倒くさいです。そんな面倒くささも解消してくれるインターラインロッドは、アングラーにとって頼りになる存在ですよ。

雨が降ってもラインがロッドに張り付かない

釣りは大自然の中で行うアクティビティであるため、不意の雨に襲われる可能性があります。

雨の中で釣りをする事自体は珍しい事ではありませんが、雨の中で釣りをするとロッドのブランクスにラインが張り付いてしまう事があります。

外ガイド式のロッドはラインがガイドを通っているため、どうしても濡れたブランクスにラインが張り付いてしまい、スムーズなラインの放出の妨げとなってしまいます。

スムーズなラインの放出が妨げられるという点は、繊細な仕掛けを使用するフカセ釣りにおいては大きな障害となってしまいます。

そんなストレスの溜まるラインの張り付きは、インターラインロッドであれば気にする必要がありません。

インターラインロッドはロッドの内部にラインが通っているため、雨が降ったとしてもブランクスにラインが張り付くといった事がありません。ラインが張り付く心配をしなくていい事によって、雨の中での釣りも快適に行う事が出来ますよ。

繊細さを要求されるフカセ釣りを雨の中でも存分に楽しむ事が出来るので、雨が降ったからといって釣りを中止する必要がなくなるのは大きなメリットといえますね。

筆者も外ガイド式のロッドで雨の中釣りをした事がありますが、仕掛けが非常に軽いものを使用していたためラインが張り付いて中々ラインが放出されませんでした。

雨の中だとシャワーをロッドに浴びせながら釣りをしている様なものなので、ラインの張り付きは想像以上でした。そんな厄介なラインの張り付きがなくなるだけでも、大幅なストレス軽減に繋がりますよ。

風の影響を気にせずに釣りをする事が出来る

釣りをしている際の厄介なものといえば、風が浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

風が吹いている状態だとラインが風に吹かれてしまい、余分な糸ふけを生み出す原因となってしまいます。

外ガイド式だとガイドとガイドの間でラインがたるむといった症状を生み出してしまう事が多いので、ラインメンディングが非常に難しくなります。

また、ラインがたるむ事によってガイドにラインが絡まってしまう原因にもなってしまうため、アングラーのストレスになる事間違いありません。

しかし、インターラインロッドであれば、ラインがロッド内部を通っているため風の影響を受ける事がありません。

唯一風の影響を受ける部分が穂先から出ているラインの部分だけなので、穂先を海面に近づけてあげれば風の影響をほとんど受ける事無く釣りをする事が出来る様になりますよ。

風の影響を減らす事が出来ればラインの動きでアタリを取る事が出来る様になりますし、仕掛けをスムーズに流していく事が出来る様にもなります。

軽い仕掛けだと風に吹かれてしまえば、仕掛けが全く沈んでいかないという事も珍しくないので、とても大きなメリットといっても過言ではありません。

風が強い日でも釣りを楽しみたいという方にとっては、見逃す事が出来ないメリットですね。

インターラインロッドを使用するデメリット

出典:pixabay

ここまでインターラインロッドを使用するメリットについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。どれも魅力的なメリットばかりなので、インターラインロッドは最強なのではと感じる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、便利なインターラインロッドにも残念ながらデメリットが存在してしまいます。デメリットといっても、使用するのを躊躇う様なデメリットではないのでその点はご安心下さい。

デメリットがある事を考慮してもメリットが大幅に上回るので、デメリットについてもぜひチェックしてくださいね。

外ガイド式に比べて飛距離が劣る

フカセ釣りやウキ釣りでは仕掛けを遠投して探らなければいけない状況もあるため、遠投は出来る方が良いです。

外ガイド式であればラインに掛かる摩擦抵抗が少ないので飛距離を稼ぐ事に秀でていますが、インターラインロッドはロッド内部にラインが通っているのでどうしても摩擦抵抗が大きくなってしまいます。

それにより、外ガイド式に比べてどうしても飛距離が劣ってしまうのがインターラインロッドの弱点です。

しかし、飛距離が落ちてしまう事は事実ではありますが、そこまで大幅に飛距離が落ちるという訳ではないので大きなデメリットになるとは言いにくいです。

狙いたいポイントがあっても届かない可能性があるという程度の考え方で問題ないので、このデメリットに関してはそこまで気にする必要はないですよ。

また、近年のインターラインロッドは高い性能を有しているので、外ガイド式に匹敵する飛距離を出す事が出来るモデルも多数販売されています。飛距離の事が気になってインターラインロッドに中々手が出せなかった方は、ぜひ高性能になった現代のインターラインロッドを使ってみてくださいね。

筆者もインターラインロッドを一本所有していますが、たしかに外ガイド式に比べれば飛距離が落ちる事は事実です。しかし、実釣をする上で支障が出るのかと言われればそんな事は全くありません。

狙いたい場所に仕掛けを届かせる事は十分に出来ますし、そもそも大遠投してもウキを視認する事が筆者は苦手なので、インターラインロッドでの飛距離が逆にちょうど良いと感じています。

大遠投して狙いたい方もいると思いますので、飛距離が落ちるという事だけは押さえておいてくださいね。

釣行後のメンテナンスが外ガイド式に比べて面倒

外ガイド式の磯竿であれば釣行後のメンテナンスは簡単に行う事が出来ますが、インターラインロッドはそう簡単にはいきません。

外ガイド式であれば濡れたタオルでガイドを拭いたり、ブランクスを拭くだけでおおよそのメンテナンスにはなりますが、インターラインロッドはラインが中を通っているためロッド内部のメンテナンスが重要となります。

ロッド内部のメンテナンスを怠ってしまうと内部に残った海水が結晶化してしまい、スムーズなラインの放出を妨げる原因となってしまいます。そうなってしまうと実釣に支障が出てしまうので、メンテナンスを欠かす事が出来ません。

インターラインロッドをメンテナンスする際は、まずロッドを分解する必要があります。
振り出し式になっているので一つ一つの節をばらばらの状態にしたら、40度程度のお湯でロッドの内部をしっかりと洗い流してあげます。
もちろん、外側も同様に洗い流しておく事が大切です。お湯で流してあげる事によって海水をしっかりと洗い流す事が出来るので、お湯で行う事を強くおすすめします。

インターラインロッドを洗浄する方法としてよく行われている方法が、浴槽にお湯を溜めて漬け置きしておく方法です。確実にロッド内部の塩気を落とし、綺麗にしてあげる事が出来ます。浴槽内に汚れが出てきてしまう事にもなるので、気になる方はシャワーでロッド内部を洗うだけでも十分綺麗になりますよ。

おすすめインターラインロッド3選!

出典:ダイワ

ここまでインターラインロッドを使用するメリット・デメリットについてご紹介してきましたが、ここからはいよいよ筆者が厳選したおすすめのインターラインロッドのご紹介です。

インターラインロッドは外ガイド式のロッドに比べて種類があまりないため、選択肢が多くないのが特徴的ですが、その中でも筆者がぜひとも皆様におすすめしたいインターラインロッドを厳選しました。

初心者の方におすすめのモデルや上級者の方におすすめのモデルまでご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。

ダイワ インターライン リーガル

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥10,318(2020/11/23 20:41:58時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワから販売されているインターライン リーガルは、ダイワのインターラインロッドの中でも最も安価なモデルとなっているエントリーモデルです。

価格は実売価格で一万円程度となっているので、初心者の方の入門ロッドやベテランの方のサブロッドとしても大活躍してくれる一本です。
もちろん、価格が安いからといって性能面に一切の妥協はありませんのでご安心ください。

ブランクス内部にはラインのべたつきを抑えるリニア構造が取り入れられており、ダイワ独自の耐久撥水加工によって外ガイド式に匹敵するほどのライン放出性を秘めています。

号数も1.5号と2号の使い勝手の良い号数がラインナップされているので、フカセ釣りやエビ撒き釣り、サビキ釣りなどもこなす事が出来ますよ。

インターラインロッドはどんなものなのか気になる、雨が降ってきた際のロッドとして使用したい、夜釣り用のロッドが欲しいという方は、ぜひインターライン リーガルを使ってみてくださいね。

ダイワ IL インプレッサ

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥21,147(2020/11/23 20:41:59時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワから販売されているIL インプレッサは、ダイワのインターラインロッドの中ではミドルグレードに位置するモデルとなっており、価格以上の高い性能を秘めている事が魅力的なインターラインロッドです。

号数のラインナップも豊富となっており、フカセ釣りやエビ撒き釣りなどを楽しむ事が出来る1.5号から、遠投カゴ釣りを楽しむ事が出来る遠投モデルまでラインナップされています。

ダイワ独自のテクノロジーもふんだんに盛り込まれており、ロッドのねじれを抑えてパワーロスを防ぐX45や、軽量に仕上げつつも強度とパワーを底上げしている高密度HVFカーボン、ロッドの内部に水滴を残しにくい作りになっている超撥水ドライなど、魅力的なテクノロジーでいっぱいです。

価格は号数によってばらつきがありますが、2万円台で購入する事がほとんどなのでコストパフォーマンスに優れた一本となっています。

インターラインロッドが欲しいけど高い性能を低価格で手に入れたいという方にとっては、ぜひともおすすめしたいモデルなのでぜひ使ってみてくださいね。

ダイワ メガドライ

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥78,842(2020/11/23 20:42:00時点 Amazon調べ-詳細)

ダイワから販売されているメガドライは、ダイワのインターラインロッドの中では最高峰に位置するハイエンドモデルとなっています。

価格はかなり上がってしまいますが、その分性能は驚異的なものとなっており、ラインの放出性能は外ガイド式とほぼ同じといっても過言ではありません。

Zハイパードライによって水滴が球状のまま滑り落ちていくので、長期間ノンストレスで釣りを楽しむ事が出来ますよ。

それ以外にも、ねじれを抑えるX45や、軽量にしつつも驚異的なパワーを生み出す超高密度SVFカーボン、ロッドの継ぎ目のパワーロスを抑えるVジョイントなど、魅力的なダイワテクノロジーがふんだんに盛り込まれています。

とにかくインターラインロッドでの釣りを極めたい、高性能なインターラインロッドでストレスなく釣りを楽しみたいという方にとっては最適なロッドとなっています。

デザインも赤色が美しい見た目となっているので、デザイン重視の方にもおすすめ出来る一本です。

価格は高いですが買ってよかったと思える一本である事は間違いありませんので、気になった方はぜひ使ってみてくださいね。

インターラインロッドを使って快適な釣りを楽しもう!

出典:pixabay

インターラインロッドのメリット・デメリットやおすすめのインターラインロッドについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

インターラインロッドはメンテナンスのしにくさや飛距離の低下など、デメリットがあるといえばあるのですが、それを忘れさせてくれるほどの魅力的なメリットで溢れています。

ガイドへの糸絡みのなさや、ブランクスへのラインの張り付きのなさ、強風でもラインの糸ふけを気にしなくても良いといった点は、必ずアングラーの皆様の強い武器となってくれる事間違いありません。

筆者は特に夜釣りでの使用に関しては、インターラインロッド以外の使用は考えられないほどです。それだけインターラインロッドの性能が高いという事ですし、モデルによっては価格があまり高くない事もお財布が寂しい筆者にとっては嬉しいの一言に尽きます。

釣り竿といえば外ガイド式が一般的であるため中々とっつきにくい一面があるかもしれませんが、一度使えばインターラインロッドの虜になる事間違いありません。

ぜひ、本記事を読んで頂いた皆様も、多くのメリットを秘めているインターラインロッドを使って快適な釣りを楽しんでくださいね。

釣りをする際はライフジャケットの着用を徹底し、安全な状態で釣りを楽しんでくださいね。