軽量ジグヘッドでスローに誘いたいけど、風強くてオゥ・シット!ってときにおすすめのモジャモジャ(フレア)ワーム「パラショット」をご紹介します。完全にイロモノ系と見せかけて意外と万能!?その理由も含めつつ、特徴をまとめてみました。

マグバイトのアジング用ワームは全5種類!

まずはマグバイト製アジング用ワームの全体像をチャッとご紹介しておきます。シリーズのラインナップは↓の5種類です。

製品名サイズ(inch)
ブーティーシェイク1.4 / 2.0 / 2.5
バキュームリング2.0
ブーティーブースト3.0
サンバ2.0
パラショット2.0

本記事で紹介する「パラショット」はワームの頭にフレアがついた変わりダネ系。使いどころが限られると見せかけて、意外と汎用性も高いワームとなっています。

マグバイト「パラショット」の特徴

続いては、マグバイト「パラショット」の特徴を見てきましょう。注目ポイントは↓の4点です!

  • フレアがもたらすスローフォール
  • 潮受けの良いリングボディー
  • クセのない素直なスリムテール
  • 万能型の2.0インチ

フレアがもたらすスローフォール

「パラショット」を見てまず驚くのが、ワーム先端のモジャモジャ(フレア)ですよね。このフレアには水の抵抗をガッツリ受けて、フォールスピードを遅くする効果があります。スローに攻められるので、低活性なアジにも口を使わせやすいです。

軽量ジグヘッドを極スローに漂わせないと食わない…。んでも、風があるから1.5gぐらいないと操作感が…。ってときがベストな投入タイミングです。

水受けの良いリングボディー

「パラショット」には水受けの良いリングボディーが採用されており、こちらもスローフォール化に貢献する要素です。水を掴んでくれるので引き抵抗も強く、ワームの存在も感じやすくなっています。

クセのない素直なスリムテール

テールは超シンプルなスリム&ストレート形状。微波動を発生させてナチュラルにアジを誘惑してくれます。テールが細くて柔らかいので、吸い込みも上々。ワームの頭はボリューミーですが、しっかりアジの口に入ってくれますよ。

万能型の2.0インチ

サイズは万能型の2.0インチを採用。時期やフィールドを選ばず活躍してくれる適度なサイズ感となっています。

なんなら、フレアを全部引きちぎって、最強にシンプルなストレートワームとして運用するのもアリ。フレアつきなら使い所が限られますが、ストレートに変身させれば汎用性ステータスが爆上がりしますよ。

マグバイト「パラショット」のラインナップ

マグバイト「パラショット」は全8種のカラーで展開されています。アピールの強いフォルムに合わせて、よく目立つカラーが中心です。

系統が偏らないように3種類のおすすめカラーをご紹介しておきます。(その他のカラーについてはマグバイト公式ページにてご覧ください。)

おすすめカラー①アピッチャート

ライトゲームでは鉄板のチャート系カラー。雨のあとの濁り散らかした潮の中でもよく目立ってくれます。「パラショット」のアピール力を最大限に活かせるカラーともいえますね。

おすすめカラー②ロゼクリア

created by Rinker
ハリミツ(HARIMITSU)
¥226(2020/09/29 15:37:36時点 Amazon調べ-詳細)

シルエットが適度に見えるピンクのクリアカラー。ソリッド系とクリア系の間を取れるので、パイロットカラーに最適です。

おすすめカラー③ホロカーニバル

活性が低めのアジに効果的なクリアラメカラー。アタリはあるけど少ない…、食いが浅い…ってときに入れてみるとハマるかも?

 

GyoGyoくん
GyoGyoくん

というわけで、マグバイト「パラショット」の紹介は以上~!その他のマグバイト製ワーム&ジグヘッドをチェックしたい方は↓の記事へGO♪

↓おすすめ関連記事(※近日公開予定)↓

アジング界で人気沸騰中!マグバイト製ジグヘッド・ワームを総まとめ