掛かりやすく、バレにくい独自のフック形状が持ち味の「アッパーカットジグヘッド」をご紹介。ダートにもスイムにも対応する万能型なので、持っておくと重宝しますよ。

マグバイトのアジング用ジグヘッドは全6種類

ライトゲームを中心にこだわりのアイテムを展開する「マグバイト」からは、↓の6種のアジング用ジグヘッドが発売されています。

  • アッパーカットジグヘッド
  • アッパーカットフィール
  • アジキラージグヘッド
  • 小悪魔ジグヘッド
  • ステッパージグヘッド
  • くるくるジグヘッド

本記事で紹介する「アッパーカットジグヘッド」はスイムとダートの両方に対応する万能型ジグヘッド。汎用性が高く、ローテの中核を担ってくれます。

マグバイト「アッパーカットジグヘッド」の特徴

出典:楽天市場

続いては、マグバイト「アッパーカットジグヘッド」の特徴を見ていきましょう。ポイントは↓の4点です。

  1. 掛かりやすくバレにくいオープンゲイブ
  2. スイム&ダート対応のヘッド形状
  3. ワームがズレにくいフック軸
  4. 糸を結びやすいラージアイ

掛かりやすくバレにくいオープンゲイブ

「アッパーカットジグヘッド」の一番の特徴は針先。先端だけが外側を向くオリジナル形状です。気持ちの良い即掛けスタイルでアジングを楽しめます。

先端だけが外を向く独特なフック形状はバラシも軽減。ファイト中にテンションが抜けても曲がった針先が引っかかり、フックオフを防ぎます。掛かりやすいけど、バレやすいという通常のオープンゲイブの弱点がカバーされているのも注目ポイントです。

スイム&ダート対応のヘッド形状

ヘッドは前方と上下の水を切り裂く形状。ロッドをシャクれば左右にダートし、テンションフォールやスイムの姿勢も安定します。ひとつのジグヘッドで多彩な攻めに対応するので、当日のパターン探しがグッと楽になります。

ワームがズレにくいフック軸

フック軸はややキツめの角度で曲げてあるので、キーパーがなくてもワームがズレにくいです。追い食いのチャンスを逃さずものにできます。

  • 遠投リグと併用して沖をサーチ
  • 高活性のアジがワームを取り合い

などの少し特殊なパターンでも釣果を上げやすいってのも魅力です。

糸を結びやすいラージアイ

「アッパーカットジグヘッド」は小型ながらもアイは大きめ。リグの準備や交換を素早く行えるので、釣行時のストレスを減らしてくれます。老眼に悩むベテランアングラーの方にもおすすめです。

マグバイト「アッパーカットジグヘッド」のラインナップ

出典:楽天市場

マグバイト「アッパーカットジグヘッド」には↓の6種の重量がラインナップされています。

0.5g / 0.8g / 1.0g / 1.2g / 1.5g / 2.0g

フックサイズは中アジ~良型狙いの「#6」、小アジ~アベレージサイズ対応の「#8」「#10」の3種類です。シーズンやフィールドに応じてフックをアジャストしていけば、効率よく釣果を伸ばしていけます。

↓ #6 ↓

created by Rinker
マグバイト(Magbite)
¥350(2020/09/23 23:38:26時点 Amazon調べ-詳細)

↓ #8 ↓

created by Rinker
マグバイト(Magbite)
¥770(2020/09/23 23:38:27時点 Amazon調べ-詳細)

↓#10↓

created by Rinker
マグバイト(Magbite)
¥346(2020/09/23 23:38:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

GyoGyoくん
GyoGyoくん

というわけで、マグバイト「アッパーカットジグヘッド」の紹介は以上~!その他のマグバイト製ジグヘッド・ワームを一気見するなら↓の記事が便利だゾ♪

↓おすすめ関連記事(※近日公開)↓

アジング界で人気沸騰中!マグバイト製ジグヘッド・ワームを総まとめ