実売価格3000円台でちゃんとエギングを楽しめるコスパロッド「ライトステップⅡ エギング」をご紹介します。とにかく予算を抑えてエギングデビューしたい方は要チェックです!

リアルメソッド製エギングロッドの全体像

まずはリアルメソッド製エギングロッドの全体像をチャチャっと見ておきましょう。製品ラインナップは↓の6シリーズです。

シリーズ実売価格
エギングGRⅡ 振出12,000円前後
コンパクトゲームGRⅡ10,000円前後
エギングGRⅡ10,000円前後
Wハンター エギング5,000円前後
ライトステップⅡ エギング3,500円前後
モビリティーキャスト エギング3,500円前後

本記事で紹介する「ライトステップⅡ エギング」は超お手頃な入門ロッド。エギングを楽しむのに必要な最低限の性能を持たせながら、価格をギリギリまで下げたって感じのシリーズです。

リアルメソッド「ライトステップII エギング」の特徴

出典:タカミヤ

続いては、リアルメソッド「ライトステップⅡ エギング」の特徴を見ていきましょう。ポイントは↓の4点です。

  1. 実売3000円台~というバカ安価格
  2. オールシーズン使える3機種展開
  3. 握りやすく、投げやすいグリップ設計
  4. 大胆に赤を取り入れた個性的なデザイン

実売3000円台~というバカ安価格

一番の注目ポイントはやっぱり価格でしょう。8ft台のエギングロッドながらも実売価格は驚愕の3000円台~。もちろん高性能は期待できませんが、最低限エギングを楽しめるよう造られています。

本当のことを言えば、入門用ロッドには1万円程度の予算を掛けたほうがいいです。しかし、可能な限り予算を抑えたいって方にとっては、「ライトステップⅡ エギング」はありがたい製品。激安の入門用と割り切って買うならアリだと思います。

オールシーズン使える3機種展開

「ライトステップⅡ エギング」は8ft台に3機種が展開されています。機種のどれもが2.0~4.0号のエギに対応する万能モデル。Mパワークラスに相当し、年中エギングを楽しむことができます。

握りやすく、投げやすいグリップ設計

激安ロッドとはいえ、できる限り軽量化するためにセパレートグリップが採用されています。手が触れる部分にはEVA素材が配置してあり、ホールド力もGood。快適にロッドをシャクれます。

大胆に赤を取り入れたデザイン

出典:楽天市場

デザインはグリップやガイド周りに大胆に赤を配置。光沢もあり、高級感が演出されています。上位機と比較すると多少の野暮ったさはありますが、とても3000円台には見えませんね。

リアルメソッド「ライトステップII エギング」のラインナップ

出典:タカミヤ

リアルメソッド「ライトステップⅡ エギング」は全3機種で展開されています。スペックの一覧は↓のとおりです。

機種全長(m)自重(g)エギサイズ(号)
802.441532.0-4.0
832.511562.0-4.0
862.591692.0-4.0

ライトステップⅡ エギング 80

タカミヤ H.B concept ライトステップII エギング 80(エギングロッド)
全長自重エギサイズ継数
2.44m153g2.0-4.0号2本

シリーズで最も短く、操作性に優れたモデル。取り回しが良く、エギの操作もしやすいので、港内を中心としたエギングに適します。女性やお子様用にもおすすめです。

ライトステップⅡ エギング 83

タカミヤ H.B concept ライトステップII エギング 83(エギングロッド)(東日本店)
全長自重エギサイズ継数
2.51m156g2.0-4.0号2本

80よりも飛距離が出しやすいセミショートモデル。長すぎず、短すぎす、絶妙に使いやすい万能型となっています。エギング入門用にピッタリです。

ライトステップⅡ エギング 86

タカミヤ H.B concept ライトステップII エギング 86(エギングロッド)【大型商品】
全長自重エギサイズ継数
2.59m169g2.0-4.0号2本

エギングロッドの定番レングス8.6ftが採用された王道モデル。シリーズの中では最も長く、広範囲を探ることができます。シーバスやロックフィッシュ、ちょい投げといった他ジャンルの釣りにも流用しやすいのもGood!

 

GyoGyoくん
GyoGyoくん

というわけで、リアルメソッド「ライトステップⅡ エギング」の紹介は以上だよ!その他のリアルメソッド製エギングロッドをチェックしたい方は↓の記事へGO♪