アイキャッチ画像出典:ダイワ

フカセ釣りやエビ撒き釣りなどで多用される事が多いリールといえば、スピニングリールにレバーブレーキが搭載されたレバーブレーキリールです。レバーブレーキリールを使用する事で魚にのされたロッドを立て直す事が出来る様になり、主導権を魚からアングラーへと取り戻す事が可能となります。

そんなレバーブレーキリールは価格が高めに設定されており、高い性能を得るためには高価格帯のレバーブレーキリールを購入する必要がありました。

しかし、2019年9月にダイワから常識を覆すレバーブレーキリールが2台発売となりました。それが、シグナスLBDとラグザスLBDです。コストパフォーマンスを追求するシグナスLBDの上位モデルに位置するラグザスLBDは、高級感溢れる装いが魅力的なレバーブレーキリールです。

今回は、見たものの心を奪う様な高級感が魅力的なラグザスLBDについてご紹介します。

シグナスLBDよりも価格が高くはなりますが、高級感溢れる装いと性能の高さを目の当たりにすればきっと欲しくなる事間違いありません。

話が長くなってしまいましたが、早速ラグザスLBDについてご紹介していきます。見所がたくさんあるので、ぜひチェックしてくださいね。

ラグザスLBDとはどんなリールなのか

出典:pixabay

ラグザスLBDは、冒頭でもご紹介した通り2019年9月に発売されたレバーブレーキリールで、高い性能で話題を呼んでいるリールです。
シグナスLBDと同時発売になりましたが、以前まではトライソとプレイソというレバーブレーキリールが販売されていました。シグナスLBDがトライソ、ラグザスLBDがプレイソの位置に属しているといえば分かりやすい方も多いのではないでしょうか。

シグナスLBD、ラグザスLBDともに以前までは上位機種にしか搭載されていなかったバイターボブレーキと呼ばれるダイワ最強のブレーキシステムを搭載しており、その性能はトライソとプレイソを大きく上回るものといっても過言ではありません。

ラグザスLBDは高級感が素晴らしく、ゴールドに輝くレバーやザイオンで出来たハンドルなどシグナスLBDよりも豪華に作られています。

もちろん、ただ見た目が高級そうに見えるだけではありません。ラグザスLBDの内部には、ダイワが誇るテクノロジーがこれでもかというほどに詰め込まれています

以下からは、そんなダイワが誇るテクノロジーについて詳しくご紹介していきます。一つ一つのテクノロジーが驚くほどに高性能なものばかりなので、知れば知るほどラグザスLBDが欲しくなってしまう事間違いありません。

早速、ラグザスLBDに秘められてダイワテクノロジーについてチェックしていきましょう。

最強ブレーキはどんな魚の引きをも止めてしまう「バイターボブレーキ」

出典:ダイワ

レバーブレーキリールの最も特徴的な部分といえばブレーキシステムですが、レバーブレーキリールの性能はブレーキ性能で全てが決まるといっても過言ではありません。

レバーブレーキリールのやるべき仕事は魚にのされてしまったロッドを立て直す事と、ラインを絶対に出せない状況でブレーキを掛ける事です。

ロッドをのされてしまったらロッド本来の力を発揮できなくなってしまうので、レバーブレーキリールによってラインをあえて放出し、ロッドを立て直す事が求められます。
そうする事によってロッドがまっすぐに戻ろうとする力が魚を浮かせる力へと変わり、結果的に魚を浮かせる事が出来る様になります。

また、絶対にラインが出せない状況というのは、地磯や沖磯などで多く見られる状況です。磯ではごつごつとした岩場が多く点在するため、グレの根に潜ろうとする動きはアングラーにとっては致命傷となる可能性があります。

そんな状況では絶対にグレの動きを止めてやる必要がありますが、今までのブレーキシステムではワンテンポブレーキが掛かるまで遅く、根に潜られてしまうというシーンがありました。
しかし、今回ラグザスLBDに搭載されているバイターボブレーキは、従来の1/4のスピードで必要ブレーキ力に達する事が出来るので、根に潜られる前にグレの動きを止める事が出来る様になりました。
それだけでなく、指に掛かる力も今までの半分程度で良いので、楽にグレの動きを止める事が出来る様になりました。

もちろんグレだけではなく、強烈な引きを繰り出す青物にも効果があります。

ジャッというブレーキ音とともに作動するバイターボブレーキは、本当に今まで手が届かなかった存在でもあるので、ぜひともラグザスLBDで最強のブレーキシステムを体感して頂きたいです。

リールを守ってくれる頼もしい防御機構「マグシールド」

出典:ダイワ

スピニングリールやベイトリールなどでは、ある程度の防水機構が施されていますがどうしても完全に防ぐ事は出来ません。使用後に水洗いなどをきっちりと行っていてもリール内部に海水が残ったままなんて状況もよくありますし、その海水が原因で腐食に繋がるなんて事も十分にあり得ます。

そんな、恐ろしい海水の侵入を防いでくれるダイワ最強の防御機構がマグシールドです。

マグシールドは磁性のオイルの事を指しており、ボディとローターとの隙間にシールドを施してくれます。それによって高い防水性能を発揮するだけでなく、防塵にも長けた性能を発揮してくれます。
マグシールドは多くのダイワ製リールに搭載されているテクノロジーで、長い期間その使用感を維持してくれます。

自分自身でオーバーホール出来ればマグシールドは必要ではないかもしれませんが、ほとんどのアングラーが自分自身でのオーバーホールに自信を持ってはいないと筆者は感じています。
リールは精密機械なのでちょっとした事で壊れてしまう事もあるため、自分で分解してまた元の状態に戻すという行為はリスキーです。

そんな事をしなくてもマグシールドがリールをきちんと守ってくれるので、年に1回ほどダイワにオーバーホールを依頼しておけば全く問題ありません。

マグシールドはオイルであるため使用し続けていると、どうしても残量が減ってしまいます。しかし、ダイワにオーバーホールを依頼すれば減っているマグシールドを補充してくれるので、いつまでも安心して使用し続ける事が出来ますよ。

マグシールドを搭載している箇所にマグシールドでないオイルを注油してしまうと、マグシールドの効果が失われてしまう恐れがあるので絶対に注油しない様に気を付けましょう。

必要以上にラインを出さない優れたドラグ機構「ATD」

出典:ダイワ

グレや青物の強烈な引きを止めるためにブレーキを駆使してやり取りを行いますが、ブレーキに余裕があったとしてもラインには限界がきてしまいますよね。綱引き状態になるとラインへの負荷が一気に高まってしまい、結果的にラインブレイクに繋がってしまいます。

そんな時に役立つ機構がドラグですが、今までのドラグでは一度ラインが出てしまうと中々止まらないという様な状態になる事がありました。
そうなってしまうと魚に主導権が奪われるだけでなく、他のアングラーに迷惑を掛けてしまうという状態にもなってしまいます。

しかし、ダイワのATDであれば必要以上にラインを出さない様にドラグがオートマチックに仕事をしてくれるので、魚に主導権を渡す事がありません。初心者の方には難しいドラグの設定も細かく行う必要がなく、おおざっぱな設定でもきちんとドラグを効かせる事が出来ますよ。

細いラインでのやり取りが多いフカセ釣りにおいてはまさに相性抜群のドラグとなっており、ブレーキで止めてドラグでも止めるといった攻め方が可能となります。

筆者もATDを使用する様になってからはドラグの設定は正直適当に行っていましたが、適当な調整によってラインが切られた事は一度もありません。

フカセ釣りだけでなく、アジングやエリアトラウトなど細いラインを使用する釣りにおいては絶大な効果を発揮してくれますよ。

ライントラブルを未然に防いでくれる「エアベール」

出典:ダイワ

スピニングリールのベール部分はラインをラインローラーへと滑らせるための部分ですが、ベールに凹凸があると滑らかにラインローラーへ滑っていきません。また、強度が弱いとふとした瞬間にベールが破損するという事もあるほど負荷が掛かる場所でもあります。

ダイワのエアベールは凹凸がない形状となっており、ラインローラーまでスムーズにラインが滑っていきます。それによってきちんとラインを巻く事が出来ますし、ライントラブルの防止にも繋がります。

エアベールの中身は中空構造となっているため軽量に作られている事はもちろんの事、強度面にも磨きがかかっています。頑丈で軽量、凹凸のないエアベールは、まさに理想のベールといっても過言ではありません。

ベールが脆いスピニングリールを一台筆者は所有していますが、手で軽く力を加えると針金の様に曲がってしまいます。こんなベールでは実釣時に大物が掛かると一発で壊れてしまいますし、何よりきちんとした釣りを展開していく事が出来ません。

安心して釣りをするためにも、エアベールは欠かす事が出来ないものだと強く感じています。

スピニングリールの宿命であるラインのヨレを解消した「ツイストバスターⅡ」

出典:ダイワ

スピニングリールは、その構造からどうしても避けられなかったものがあります。それがラインのヨレで、ラインを巻き取っている際にラインがよじれていく事を指しています。

ラインがヨレてしまうとラインの強度が落ちてしまい、ライン本来の力をフルに発揮できなくなってしまいます。そうなると、せっかく良いラインを使っていても大物が掛かれば切れてしまいますし、キャスト時のトラブルにも繋がってしまいます。

そんなスピニングリールの宿命でもあるラインのヨレを見事に解消してくれるのが、ツイストバスターⅡです。
ツイストバスターⅡはラインローラーの事を指しており、ラインローラーにテーパーを掛けている事が特徴的となっています。

ラインローラーにテーパーが掛かっている事でラインのヨレを防いでおり、ラインのヨレによるライントラブルを未然に防いでくれます。

ラインのヨレを防ぐ事は地味な事ではありますが、実釣時には非常に頼もしく思えるもので、本当に釣りが快適なものになります。細いラインほどヨレてしまうと強度が落ちやすくなってしまうので、フカセ釣りでは必須といっても過言ではありません。

ラインローラーについてあまり考えた事がない方は、ぜひラグザスLBDでツイストバスターⅡの性能の高さを体験してみてください。

滑らかに回転しつつも高強度で頼もしい「エアローター」

出典:ダイワ

ラグザスLBDのローターには、エアローターというテクノロジーが採用されています。

エアローターとは、特異な形状のリム構造をしていて負荷を分散させる事が出来る作りとなったローターを指します。高い強度を実現しつつも、大幅な軽量化も同時に実現しています。ローターのバランスも良くなっており、レスポンスの良い軽い回転も見事に実現しています。
ローターはリールを構成するパーツの中でも重要なパーツの一つで、巻き心地に大きく影響するパーツとなっています。

また、強度も求められる部分となっており、生半可な耐久性では寿命の短いリールへと変貌させてしまいます。

エアローターは強度と軽さ、巻き心地などを全て高次元でクリアしているローターなので、ストレスのない実釣を約束してくれます。

目に見えない所ほど本気なのがダイワテクノロジーの特徴なので、ぜひラグザスLBDで高性能なローターを体験してみてくださいね。

カーボンのパワーをフルに発揮した「ザイオン」

出典:ダイワ

リールを構成するパーツは樹脂やメタル素材で作られている事が多いですが、樹脂は強度面で心配が出たり、メタル素材は頑丈ですが重くなったりとデメリットがあります。
そんなデメリットを全く感じさせないのが、カーボン繊維を織り込んだザイオンです。

ザイオンは、軽く、強く、腐食に強いという素晴らしいスペックを誇っており、ラグザスLBDのボディやローターなどの主要部品に採用されている素材です。

マグネシウムよりも強度が高いという素晴らしい一面を持っているので、リールの主要部品に組み込まれればかなりのパワーアップを果たす事が出来ます。

何よりも、腐食に強いという点は海釣りにおいては非常に役立つ性能なので、いつまでもラグザスLBDを使い続けていきたいという方にとってはとても喜ばしい事ですよね。

軽くて強くて腐食に強い夢の様な素材であるザイオンで武装したラグザスLBDは、多くのアングラーの強い味方となる事間違いありませんよ。

理想の回転を生み出すためにデジタルを駆使した「デジギアⅡ」

出典:ダイワ

ドライブギアの歯面形状は、完全デジタル化する事はずっと不可能と言われ続けてきました。そんな不可能を可能にし、ドライブギアの歯面形状を完全デジタル化する事に成功したのがデジギアです。しかし、ダイワはデジギアでは満足する事無く研究を重ねた結果、デジギアⅡを生み出しました。デジギアⅡの登場によって、ギアの強度が大幅に上がっただけでなく滑らかな回転性能も得る事に成功しました。

ギアの強度は実は意外と重要なポイントで、ギアが弱いリールで負荷を掛けて巻き続けているとギアがの歯が簡単に欠けてしまいます。
ギアの歯が欠けてしまうと回転性能はがた落ちになってしまい、ごりごりとした巻き感になってしまいます。そうなってしまうと、確実に満足のいくリールの性能は得られないので釣りは楽しいものではなくなってしまいます。

ダイワの誇るデジギアⅡであれば、強度良し、回転性能良しと素晴らしい性能を秘めているので、いつまでもアングラーに快適な釣りを提供してくれますよ。

巻き心地が良いだけでも釣りをしている時の気持ちは全く違うので、巻いているだけでもダイワのテクノロジーの凄さを感じる事が出来ますよ。

ずばりラグザスLBDを購入するならこの番手!

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥32,000(2020/10/30 10:09:11時点 Amazon調べ-詳細)

ラグザスLBDはシグナスLBDよりも上位モデルに位置するレバーブレーキリールであるため、番手違いで何台も購入する事は難しいリールです。
そのため、ラグザスLBDを購入するのであれば筆者は3000H-LBDをおすすめします。

筆者がラグザスLBDの番手で3000H-LBDをおすすめする理由は一つで、4号の太目のラインを巻きたくなったとしても対応出来るからです。その逆で2号のラインを使いたくなっても下巻きをすれば何の問題もなく使用する事が出来るので、上記の番手をおすすめしています。

ハイギアを選んだのも、仕掛けをスムーズに手返し良く回収出来たほうが便利だからです。フカセ釣りでは仕掛けを回収する行動を何度も行うため、回収に時間を取られてしまうと時間がもったいなくなってしまいます。
待っている事に時間を多く使うので、ハイギア以外を選ぶ必要はないのではないかと筆者は感じています。

実は重量面でも3000番はおすすめで、5gの差ではありますが2500番よりも軽く仕上がっています。

小さな差ではありますが軽い方が絶対に良いので、どの番手にしようか悩んでいる方はぜひ3000H-LBDを選んでみてくださいね。

ラグザスLBDで所有欲を満たして釣りを楽しもう!

出典:photoAC

ラグザスLBDの魅力についてご紹介してきましたが、ラグザスLBDの魅力は伝わりましたでしょうか。

シグナスLBDよりも高級感溢れる作りになっているラグザスLBDは、性能の高さももちろんですが所有欲も大きく満たしてくれる一台に仕上がっています。
ゴールドに輝くレバーを見るだけでも気持ちが高まるので、ぜひとも一度店頭で生で見てみる事をおすすめします。

価格帯は実売で3万5千円前後と決して安くはありませんが、一度買えば長く使用する事が出来る作りになっているので、ぜひとも使って頂きたいです。

バイターボブレーキを搭載しているだけでも本来は驚きの性能なので、どうせ買うなら良いレバーブレーキリール、既存のブレーキ性能に満足出来ていない方、高級感溢れるレバーブレーキリールが欲しい方は、ぜひともラグザスLBDを使ってみてください。きっと、使用する全てのアングラーの心を魅了する事間違いありません。ラグザスLBDを使って多くの魚を釣り上げられる様に、心からお祈りしております。

釣りをする際はライフジャケットの着用を徹底し、安全な状態で釣りを楽しんでくださいね。