アイキャッチ画像出典:photoAC

エサ釣りで人気のあるジャンルとして挙がるのはサビキ釣りやフカセ釣りだと思いますが、極めれば極めるほど楽しい釣りがカゴ釣りです。

カゴ釣りは遠投して魚を狙う釣りで、投げサビキ釣りと似ている釣法となります。マダイや青物などを狙う事が出来る釣法なので、病みつきになっているアングラーが非常に多くいます。

そんなカゴ釣りですが、スピニングリールと両軸リールを使ったタックルが存在しています。スピニングリールは扱いやすさから初心者の方でも扱いやすいタックルですが、遠投性能や風への強さなどが両軸タックルに比べて劣ります。

今回は、そんな両軸タックルを楽しむ上でおすすめのロッド、ダイワのインプレッサをご紹介します。抜群の性能を誇るダイワのインプレッサは、多くのアングラーの強い味方となってくれる事間違いありませんので、ぜひチェックしてくださいね。
記事の後半からは、インプレッサに組み合わせるおすすめの両軸リールもご紹介しますので、そちらも合わせてどうぞ。

両軸タックルでカゴ釣りを楽しむメリット、デメリット

出典:pixabay

インプレッサについてご紹介する前に、まずは両軸タックルを使う事によってどんなメリット、デメリットがあるのかについて押さえておきましょう。
両軸タックルを使うメリットとデメリットが分からないままでは、わざわざ慣れない両軸タックルを使わないですよね。両軸タックルを使うとデメリットよりもメリットの方が圧倒的に多いので、慣れれば両軸タックルの方が絶対に有利になります。

早速ですが、まずは両軸タックルを使う事によって得られるメリットについてご紹介します。知れば知るほど両軸タックルの良さが分かるので、ぜひともチェックしてくださいね。

メリット①スピニングタックルよりも優れた遠投性能

スピニングタックルと両軸タックルでは、どちらの方が遠投性能があると思いますか?
おそらく、多くの方がスピニングタックルと答えると思いますが、実は両軸タックルの方が飛距離を出す事が可能です。

両軸タックルはスプールからまっすぐにラインを放出する仕組みになっているため、ガイドにラインがばたばたとあまり当たりません。スピニングはフリーな状態でラインが放出されるのでガイドにラインがばたばたと当たってしまい、その事が抵抗となってしまいます。

また、両軸リールはブレーキを掛けながら仕掛けを飛ばしますが、その事によって仕掛けの姿勢を安定させて飛距離を稼ぐ事が可能となっています。

慣れるまでは遠投させる事が難しいかもしれませんが、慣れてくるとサミングの感覚も掴めてくるので確実に飛距離を伸ばす事が出来る様になりますよ。

メリット②スピニングタックルよりも強力な巻き取り力

両軸タックルの大きなメリットとして、強力な巻き取り力が挙がります。

ベイトリールは巻き取り力が強いと聞いた事がある方も多いと思いますが、スプールを回転させて直接ラインを巻き取るので強力なパワーを得る事が出来ます。

カゴ釣りでは重い仕掛けに加えて大型のマダイや青物が掛かる可能性もあるので、巻き取り力はあればある方が良いです。

潮の流れが激しい様なエリアでは巻き取り力の差を明確に感じ取る事が出来るので、ぜひとも両軸タックルで安定感のある巻き取り力を体験してみてくださいね。

メリット③太いラインを使ってパワーゲームが出来る

スピニングタックルだと太いラインを使えば飛距離が落ちるというイメージがあるかと思いますが、両軸タックルでは太いラインを使っても飛距離が落ちにくいです。

メリット①でもご紹介した様に、まっすぐにラインが放出されてガイドにばたばたとラインが当たりにくいので、太いラインを使っても飛距離に影響が出にくくなります。それによって、飛距離を気にする事なく太いラインを使用する事が出来、細いラインでは心配なターゲットを狙う際にも安心出来ます。

太いラインを使っても糸ふけが出にくいという点が両軸タックルのメリットでもあり、風の影響を受けずにラインメンディングを行いやすくなるのも両軸タックルの大きな強みでもありますよ。

両軸タックルを使用する唯一のデメリット「バックラッシュ」

両軸タックルを使用する事の唯一のデメリットは、バックラッシュ一択です。
バックラッシュはベイトリールでよく発生するライントラブルですが、両軸タックルでも発生してしまいます。両軸タックルの機構上どうしても避けられない事ではありますが、ブレーキ設定やサミングなどをきちんと行えばバックラッシュはそこまで恐れるものではありません。

バックラッシュを克服する事が出来れば、有り余るほどのメリットを手に入れる事が出来るので、ぜひともバックラッシュを恐れずに両軸タックルにチャレンジして頂きたいです。

インプレッサとはどんなロッドなのか

出典:pixabay

両軸タックルを使用するメリットとデメリットが分かったところで、ここからはダイワのインプレッサについてご紹介していきます。

ダイワのインプレッサは、カゴ釣りロッドとしてはエントリーモデルに位置するモデルになっており、これからカゴ釣りを始めたい方にぜひとも使って頂きたいモデルです。

また、両軸リールに対応しているカゴ釣りロッドの中で最も安いモデルになるので、両軸リールでカゴ釣りをしたい方にとっては最適なロッドとなっていますよ。

エントリーモデルといっても、性能面に一切妥協はないので大型のマダイや青物が掛かったとしても全く問題なくやり取りをする事が出来ます。

以下からは、インプレッサの性能面についてご紹介していきます。優れたダイワのテクノロジーをしっかりと搭載しているので、ぜひチェックしてくださいね。

ロッドのねじれを防いで性能を大幅にアップしてくれる「X45」

出典:ダイワ

ロッドというものは使用していると様々な場面でねじれが生じてしまい、アングラーの気付かない間にパワーロスに繋がっていたりするものです。
ロッドがねじれてしまうとキャスト性能が落ちるだけでなく、不意の大物に対応する事も難しくなってしまうため、わりとロッドにとっては死活問題です。

しかし、ダイワのテクノロジーであるX45は、ロッドのねじれを最大限に防いでロッドのパワーロスやキャスト性能の悪化などを防いでくれます。
X45は、±45°に斜行したカーボン繊維等をロッドに巻き付ける事でねじれを防いでおり、感度の向上にも期待が出来ます。

ダイワの低価格帯のロッドにも採用されている事が多いX45ですが、低価格帯で採用される事が多いからといって低い性能というわけではありません。むしろ、しっかりと高い性能を低価格帯にも落とし込む事が出来ているダイワの企業努力が感じ取れますね。筆者も数多くのダイワ製のロッドを所有していますが、どのロッドにもX45が搭載されています。

ロッドのねじれを感じる事はなく、パワーが弱めに設定されているロッドであっても想定外の大物もしっかりと獲る事が出来ているので、X45の力は偉大だと感じています。

大げさに感じるかもしれませんが、X45があるだけでもロッドの性能は大きく変わるので、ぜひともX45の性能の高さをインプレッサで感じてみてくださいね。

細くても粘り強い力を秘めている「高密度HVFカーボン」

出典:ダイワ

インプレッサのボディには、ダイワが誇る高密度HVFカーボンというものが採用されています。

高密度HVFカーボンとは、分かりやすく言えば脂肪を落としたムキムキボディのボクサーの様なもので、見た目は細くてもしっかりと力を持っているロッドに仕上げる事が出来ます。

特に、カゴ釣りロッドであればキャストする際の反発力を生み出す事にも役立っていますし、根に突っ込もうとする魚を受け止める力を生み出す事にも役立っています。

高密度HVFカーボンは無駄な部分をこそぎ落としている分軽量化にも役立っており、キャストする際の振り抜きの良さやラインメンディングをする際の操作性にも役立っています。

この様に、高密度HVFカーボンを採用するだけで実にたくさんのメリットを得る事が出来ます。

エントリーモデルであるインプレッサにも搭載されていますが、性能の高さを見るとインプレッサをエントリーモデルと呼ぶと逆に失礼に思えてしまいますね。

価格面だけ見れば3万円前後のため非常に高く見えますが、両軸タックルのロッドはスピニングタックルのロッドよりもかなり高くなってしまうため、実はそこまで高いというわけではありません。

高密度HVFカーボンで戦闘力を大幅にアップさせたインプレッサは、両軸タックルデビューには持ってこいなロッドなので、ぜひ使ってみてくださいね。

インプレッサの号数はどれを選ぶのがベストなのか

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥26,644(2020/10/29 14:35:18時点 Amazon調べ-詳細)

インプレッサにはカゴ釣りで使用される号数としてポピュラーな3号、4号の2種類がラインナップされています。

どちらの号数を選べば良いのか悩む所ではありますが、号数に関してはどのエリアでどんなターゲットを狙いたいのかという点が関係してくるため、一概にこの号数がベストと決める事が出来ません。

ライトなタックルで気軽に楽しみたい方にとっては3号がベストですが、ヒラマサなどを狙うには少々パワーが不足してしまいます。逆に、4号のロッドを使用すればヒラマサなども狙っていく事が出来ますが、仕掛けが重くなってしまうのでキャストする際の疲労感などが大幅に増してしまいます。

筆者個人的な考えですが、初めてカゴ釣りを初めてみるという初心者の方は3号のロッドを使用し、ある程度カゴ釣りの経験がある方は4号を選ぶといった選び方が良いと考えます。3号のロッドであれば、ライトなカゴ釣りとしてアジやサバなども楽しく釣る事が出来るので、初心者の方の練習には持ってこいです。
慣れている方は大物を狙う方法をしっかりと理解している方が多いので、4号でマダイや青物を狙う事をおすすめします。

長さについてですが、3号は5.7mの長さしかないため選択肢がないですが4号は5.3mと5.7mの2種類があります。
長さが長い方が飛距離を稼ぐ事は出来ますが、ロッドを振り抜く際の力がより多く必要になるため、力に自信がない方は5.3mを選ぶ事が良いでしょう。

また足元に岩場がごつごつとしている様な磯でカゴ釣りをメインに楽しむ方は、ロッドは長い方が有利となるので5.7mを選ぶ事をおすすめします。

ぜひお気に入りの一本を見つけてみてくださいね。

インプレッサに装着する両軸リールは何が良いのか

created by Rinker
¥14,938(2020/10/29 14:35:18時点 楽天市場調べ-詳細)

インプレッサの魅力についてご紹介してきましたが、ここからはインプレッサに装着する両軸リールのおすすめをご紹介します。

両軸リールは各社から様々なリールが販売されていますが、筆者は数ある両軸リールの中からダイワのシーホークをおすすめします。

シーホークはカゴ釣り用の両軸リールとして販売されていますが、驚きの低価格と高性能を見事に実現している両軸リールなので、ぜひとも皆様に使って頂きたいです。

それでは、以下からはシーホークの性能についてご紹介しますのでぜひチェックしてくださいね。

遠投を可能にしたキャスティング対応遠心ブレーキ

シーホークはカゴ釣り用の両軸リールであるため、キャストするための能力が求められます。

ベイトリールなどでもよく使用される遠心ブレーキが搭載されており、遠心ブレーキによって抜群の遠投性能を実現しています。低価格帯に搭載されているブレーキ性能とは思えないほど高性能な遠心ブレーキなので、両軸タックルに慣れていない方でも問題なく扱う事が出来ますよ。

慣れれば慣れるほど飛距離を伸ばす事が出来る両軸タックルの面白さを存分に味わうには持ってこいのブレーキ性能なので、バックラッシュを恐れずにキャストしてくださいね。

沖の潮目まで仕掛けをなんとかして飛ばしたい時に必ずアングラーの力になってくれるので、思う存分に遠投を楽しんでください。

楽に巻き取りをする事が出来るバランサー付き大型ハンドルノブ

シーホークのハンドルには標準で大型のハンドルノブが装着されているため、力を込めて握り込む事が出来ます。

力を入れて握り込む事が出来るとやり取りを楽に行う事が出来ますし、巻く際の力をリールにしっかりと伝える事が出来るので、カゴ釣りとの相性は抜群に良いです。

それだけでなく、ハンドルアームにはバランサーが付いているので、仕掛けを遠投してからの回収やマダイや青物とのやり取りの最中でも楽にハンドルを巻いてくる事が可能となっています。バランサーがないとハンドルのバランスが崩れてしまい、巻き取りに違和感をどうしても感じてしまうので、標準でバランサーが付いているのはとてもアングラー思いな作りとなっていますよ。

ラインの放出をスムーズにしてくれるシンクロレベルワインド

シーホークのレベルワインドは、キャスト時やドラグが発動した際にラインの放出に合わせて動く作りになっています。レベルワインドがラインの放出に合わせて動く事はベイトリールでもあまりない機構で、スムーズなライン放出を可能としてくれます。

特に、キャスト時にレベルワインドが動く事は飛距離を伸ばす事にも繋がる事なので、低価格帯でシンクロレベルワインドが搭載されている事は本当にすごい事です。
筆者はシンクロレベルワインドが搭載されているだけでも、シーホークを購入する価値があると感じているほどです。

シンクロレベルワインドが気になっている方は、ぜひシーホークを使ってカゴ釣りを楽しんでみてくださいね。

インプレッサを使って両軸タックルの面白さを存分に味わおう!

出典:photoAC

カゴ釣りを両軸タックルで楽しむためのロッドであるインプレッサについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。エントリーモデルであるにも関わらず高い性能を秘めているインプレッサは、初心者の方にはもちろんの事、上級者の方にも安心して使って頂く事が出来るロッドに仕上がっています。

カゴ釣りを両軸タックルで楽しむと飛距離や巻き取りの強さなど、様々なメリットを得る事が出来るので、ぜひともエントリーモデルの域を超えたインプレッサを多くの方に使って頂きたいです。

また、リールについても記事の後半でご紹介したダイワのシーホークを使って頂ければ幸いです。シーホークに関しては、性能面を考慮して価格を見ると驚くほどに安いので、これから両軸タックルでカゴ釣りを始めたいという方には間違いなく買いな両軸リールです。

筆者も両軸タックルでカゴ釣りを初めてみたいと思っていますが、ロッドとリールはインプレッサの3号5.7mとシーホークにしようとすでに決めています。それほどまでにインプレッサとシーホークの魅力に魅了されており、早く使ってみたいという気持ちに心を支配されています。

本記事を読んで頂いた皆様も、ぜひインプレッサとシーホークを組み合わせた両軸タックルでカゴ釣りを満喫してくださいね。エントリーモデルではあるインプレッサとシーホークですが、上級者になったとしても長く使っていく事が出来る性能なので、安心して購入してみてくださいね。

カゴ釣りを楽しむ際は、近くに人や物などがない事がしっかりと確認をし、危険な事に繋がらない様に注意してくださいね。

また、ライフジャケットの着用も徹底し、安全な状態で釣りを楽しむ様にしましょう。