シーバスはルアーフィッシングで楽しまれている魚です。
シーバスをリリースする方も多いですが、シーバスは美味しい魚です。本来は高級魚として扱われている魚で、リリースするのはもったいないです。

この記事ではシーバスのおいしい料理を紹介します。

シーバスは美味い!?不味い!?

「シーバスは不味い!」釣り人の方でそういった意見を言う方も多くいます。

結論から言うと、シーバスは美味しいものと不味いものがいます。その理由として、シーバスは特定の場所に居付くタイプと、餌を求めて回遊するタイプがいるということから。

特定の場所に居付くタイプのシーバスは臭いがキツく食べるのに苦労します。
一方、餌を求めて回遊するシーバスは、特定の場所に居つかず水の綺麗な場所にいることが多いため臭みがなく非常に美味しいです。

美味しいシーバスを釣り上げることができれば、とても美味しい料理に変身させることができますよ!

シーバスの塩焼きは注意!

シーバスを塩焼きにするときには注意が必要です。塩焼きにすると、素材の味がそのまま出ます。そのため魚が臭うと味にも影響します。
臭みがあるシーバスを塩焼きにすると、臭いがきつくなってしまう可能性があります。臭みのないシーバスが手に入った時だけ塩焼きにしましょう。

シーバスのおすすめ料理は天ぷら!

ではシーバスのおすすめの調理法を紹介します。

ちなみにシーバスは癖がない白身魚で、料理の方法はさまざまです。シーバスは刺身で食べる『シーバスの洗い』が有名で、お寿司のネタにもなっています。

出典:写真AC

その一方、私は天ぷらにするのをおすすめします。

撮影:筆者

シーバスの天ぷらの作り方はこちら!

  1. ウロコをとる
  2. 頭を落とす
  3. 内臓をとる
  4. 三枚おろしにする
  5. 食べやすい大きさにぶつ切りにする
  6. 卵と薄力粉を混ぜ、天ぷら粉を作る
  7. 全体に天ぷら粉をつける
  8. 油であげる
  9. お好みで塩コショウをつける

多少の臭みがある場合でも天ぷらにすると臭みも和らぎます。ふわふわの身でとても美味しいですよ!

こんなシーバス料理も!

シーバスのムニエル

出典:写真AC

ムニエルとは、フランス料理のひとつで、魚の表面に塩胡椒で味付けし、小麦粉でまぶしてバターで焼いたものです。

シーバスをムニエルにするのも相性が良く、おすすめです。

Cpicon 極上♡スズキのムニエル by フシッチェ


また好みのソースを作ることで違った風味の味を楽しむことができます。

トマトソースを作ってさっぱりとした味にするも良し、カレー粉をまぶしてカレー風味にするのも良いでしょう。

シーバスのフライ

出典:写真AC

天ぷらとはまた違った触感が味わえるのがフライです。

ふわふわとした触感ではなく、ガツンとした触感で、タルタルソースやレモンが合います。

Cpicon 白身魚のフライ〜鱈バージョン by verita_n


淡白なシーバスには天ぷらはもちろん、フライにしてもおいしくいただけます。

魚は下処理をしっかりとすれば美味しい!

出典:写真AC

美味しく魚をいただくためには、釣り上げてからの活け〆、血抜きなどの下処理が重要となり、下手な方法で処理すると生臭い状態になってしまいます。

逆にいえば、都会で釣ったシーバスでも釣り上げた直後に活け〆と血抜きをしっかりとして、すぐに氷をはったクーラーに入れれば非常に美味しくいただけます。

シーバスはとても美味しい魚なので、普段からシーバス釣りをするけれど持ち帰るのを避けている方はぜひチャレンジしてみてください!

手軽に美味しい、こちらもオススメ⬇︎

骨まで食べられる焼き魚
¥2,980(2020/06/04 04:49:28時点 Amazon調べ-詳細)