「価格の安いロッドを使用しているけど、ちょっと感度が伝わりにくい」

「バス釣りにも慣れてきたことだし、少し高めのロッドを購入したい」

バス釣りを本格的に始めた方や釣具を購入できる予算がある方は、上記のような考えをお持ちになることもあるでしょう。

中でも、バスロッドは価格帯が幅広く設定されており、価格に応じて素材や使用感に違いが出てきます。よりバスを釣るためにもロッドの感度や操作性、ファイト時の強さは非常に重要な要素となります。

当記事では、ハイエンドクラスのバスロッドについてご紹介します。業界トップクラスのバスロッドをチェックしてみてくださいね!

シマノ(SHIMANO) ロッド ワールドシャウラ

シマノから発売されているワールドシャウラは、20種類以上にも登る豊富なラインナップがあります。元々は、世界中の怪魚と対峙するために開発されたロッドで、バスはもちろんナマズや青物、カジキなどを照準としています。

スピニング・ベイトロッド、どちらのデザインでも繊細な釣りから巻きの釣り、打ち込む系の釣りまでカバーしています。

バスだけでなく、他の魚種を狙っている方におすすめなオールマイティ系ロッドですよ。

ワールドシャウラでは、スピニングによる遠距離キャストを狙った釣りに向けたロッドもプロデュースされています。

シマノ(SHIMANO) ×ジャッカル ポイズンアルティマ

ポイズンアルティマは、シマノとジャッカル による共同開発で作られた最高峰のバスロッドです。

ロッドの強度をサポートするスパイラルXコアが搭載されており、フルカーボンのモノコックグリップは水中に漂うルアーの位置、動きを正確にアングラーへと伝達します。

流れの中からでもバスのバイトか、障害物への一時的なスタックかどうかを判別することも容易いのです。ですので、釣れそうなポイントにおいて一度で勝負を決める時などに強みを発揮します。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥67,355(2020/09/28 15:59:34時点 Amazon調べ-詳細)


軽さと強靭なロッドパワーを駆使して、勝負所となるポイントを攻略できるロッドです!

エバーグリーン カレイド インスピラーレ

エバーグリーンから発売されているカレイドは、2015年の初代モデルから「カレイド インスピラーレ」へとリニューアルされました。

カレイドの持つ4軸構成のネジレ仕様なロッドは、バスのパワーファイトをしっかりと吸収して寄せるスペックがあります。

その上、セミマイクロなシングルガイドはラインの抵抗をなるべくロッドへと伝達させます。力を分散させず、ブランクに集中させることができるためキャストからフッキングをきっちりと行えてしまいますよ。

力を集中させたルアーコントロールが可能なので、アワセの動作やバスのジャンプ時などにしっかりと対応できます。

エバーグリーン コンバットスティック オライオン

オライオンは、JBトーナメンで優勝経験もある菊本俊文氏が手掛けるバスロッドで、コスト度外視で開発したバスロッドです。

菊本氏といえば「ヘラクレス」と呼ばれる人気ロッドを開発したとして、有名です。ですが、今回は2020年新作ロッドとしてオライオンをリリースしました。

今回のオライオンでは、ヘラクレスに搭載できなかった最新のテクノロジーを盛り込むことでディープな仕上がりになっています。キャスト精度を高めつつ、ロッドのブレをなくす製法のため安定感のあるパフォーマンスを実現しています。

また、ダブルガイドを採用しているので軽量化されたロッドを補強する役割もあります。

ロッドの曲がりが綺麗で、バスの口をしっかりと貫通できる反発力があります。

ダイワ(DAIWA) バスロッド ベイト ハートランド

ハートランドはisseiの代表でもある村上晴彦氏によって開発されたバス釣り用ロッドです。基本的なロッド性能の高さはもちろん、オカッパリバサーの視点に立って細部にまでこだわりのある作りになっています。

村上氏のロッドガイドに対する熱い思いから、「AGS」と呼ばれるカーボン素材を採用しています。ロッド全体の軽量化に成功しながらも、カバーなどからバスを引き出すための強靭さも兼ね備えています。

ロッド全体との一体感を強く感じられるので、使い込むほどにハートランドの良さに気付けるはずです。

通常のロッドよりも細身でありながら、強靭なバットでやり取りできます。摩擦抵抗を抑えられるガイドによって、遠距離キャストも行いやすいですよ。

信頼できるバスロッドを探してみよう!

撮影:筆者

今回は、ハイエンドクラスのバスロッドについてご紹介しました。シマノ・ダイワなどの人気釣具メーカーによるバスロッドは価格に見合った素材やスペックとなっています。

いずれのバスロッドも、カーボン素材のロッドが多くブランク、ガイド、リールシート、グリップなどの細部にまでこだわりがあります。

高級ロッドの良さは、一度使うと病みつきになる心地よさ(キャストフィーリング、ロッド感度、操作性等)があります。

オカッパリアングラーの方からボート釣りをメインとするアングラーまで、ご自身の釣りスタイルに応じたロッドを選んでみてくださいね!