撮影:筆者
伊万里湾大橋は2003年に開通しました。これができたおかげで、伊万里西地区と北地区の流れ
ずいぶん短縮化されました。橋脚周りは当然スズキのポイントとして有力です。

みなさんはマゴチという魚をご存じでしょうか? 関東では昔から沖釣りの対象魚として知られていますが、堤防釣りの常連であるみなさんにはあまりなじみがないと思います。

しかし、ルアー釣りが普及するのにともなって堤防やサーフでも釣れることが徐々に広まっています。また、生きている小魚をエサにする泳がせ釣りも人気を集めています。佐賀県にはそんなマゴチが釣れるところが数か所あります。これから紹介する伊万里湾大橋下もそのひとつです。

●奥の深い伊万里湾

出典:筆者

元寇で知られる鷹島、さらには福島という大きな島で囲まれたその奥に伊万里湾はあります。そのような奥の深い湾ではあまり魚が期待できないという共通点があるのですが、伊万里湾に限ってはいささか事情が異なります。伊万里川、有田川という大きな川が流れ込んでおり、プランクトンやその他のエサが豊富だからです。河口は全国的に見ても好釣り場であることが多く、湾奥である伊万里湾も例外ではないというわけです。

河口に特有の魚としてはスズキやチヌ、ハゼ、コノシロなどがあります。それに加えて、伊万里湾大橋下の場合は大雨後でなければ淡水の影響を受けませんから、キス、アジ、イワシも回遊してきます。さらに、マゴチもいるし、コウイカ、アオリイカもヒットします。

●足場がよくてクルマが横着けできる

撮影:筆者
伊万里湾大橋下の南側にはクルマで入ることができません。
手前に停めてそこから歩いて釣り回ることになります。

伊万里市市街地の北部にある黒川地区に七ツ島工業団地が造成され、2013年から供用されています。しかし、このエリアからコンテナターミナルのある久原埠頭までは伊万里湾が入り込んでいるため、かなり遠回りして資材を運ぶ必要がありました。そこで時間と手間、経費を節減する目的で橋を架けたのが2003年です。これが伊万里湾大橋で、南側のたもとは整備されて広大な木材コンビナートが出現しました。

そして、一部ではあるものの岸壁に沿って道路ができ、家族連れ向きの好釣り場ができたのです。フェンスがあるため小さい子供さんがいても心配はいりません。投げ釣りならこのフェンスに竿を立て掛けられます。

そのほか、ルアー釣り、ウキ釣り、エギング、サビキ釣りとさまざまな釣りが楽しめます。

●マゴチの泳がせ釣りに挑戦

撮影:筆者
ヒラメやマゴチはルアー釣りの世界ではフラットフィッシュと呼ばれています。
上から押しつぶされて平らになったような体型をしているからです。

昔から釣り人の間でなじんでいる慣用句のひとつに「照りゴチ」という言葉があります。梅雨が明けて太陽が強く照りつける時期になるとコチがよく釣れるようになるという意味です。

マゴチの産卵期は夏で、その頃になると接岸してくるため浅場で釣りやすくなります。その時期に合わせ、7月末にB君と伊万里湾大橋下に釣行しました。マゴチの活性が高くなるのは暗くなってからなので(日中でも釣れることはありますが)、昼過ぎからエサのキスを釣り、夕方からマゴチを釣ろうという計算です。

泳がせ釣りではアジやメゴチ、ハゼなどをエサに使いますが、もちろん元気のいい小魚は釣具店でも販売していませんから、自分で釣らなくてはなりません。アオムシでいいので、エサ代に関しては安上がりです。

クルマはB君に任せていますから、ボクはゆっくりビールを飲みながらキス釣りを始めます。いつものキス釣りなら大きいサイズが釣れると嬉しいのですが、エサにするときは小さい方が有利です。これはハゼやアジも同様です。

小さいハリでピンギスを食わせ、大切に生かします。元気なエサほど食いがいいからです。

>>いよいよ実釣!「ヒラメ20、マゴチ40」とは…?

1 2