カップ状ヘッドによる引き抵抗が魅力のティクト「ブルヘッド」の特徴とラインナップをまとめました。巻き(リトリーブ)主体でゲームを組み立てる方にとっては、強い味方となるジグヘッドです!

ティクト「ブルヘッド」の特徴

まずはティクト「ブルヘッド」の特徴を見ていきましょう。注目ポイントは↓の3点です!

  1. カップ状ヘッドが生む引き抵抗
  2. テンションを抜けば真っすぐフォール
  3. ターゲットに合わせたゲイブ形状

カップ状ヘッドが生む引き抵抗

出典:ティクト

ティクト「ブルヘッド」の一番の特徴は独特なヘッド形状。進行方向がカップ状になっていることで、水の抵抗をガッツリ受けてくれます。

引き抵抗が強いので、ジグヘッドを横移動させる巻き(リトリーブ)の釣りにおすすめ。巻き主体でゲームを展開する方はぜひとも持っておきたいジグヘッドです。

テンションを抜けば真っすぐフォール

出典:ティクト

ティクト「ブルヘッド」はテンションを抜けば、ほぼ垂直にフォールするように設計されています。垂直なフリーフォールを上手く駆使すれば、アクションに魅せられてチェイスしてきた個体の目の前にジグヘッドを落とすことが可能。リアクションバイトを狙いやくなります。

また、着底したら真っ逆さまに立ってくれる(※2gを除く)ので、ワームをボトムにステイさせる誘いもGood。長めのワームで多毛類を意識させれば、バイトが多くなるのでおすすめです。

ターゲットに合わせたゲイブ形状

ティクト「ブルヘッド」には、細軸タイプと太軸タイプの2種がラインナップされています。

アジを想定した細軸タイプには、針先が外側を向いたオープンゲイブを採用。フックが口に入ると、どこかに引っかかってくれます。吐き出すまでの時間を稼げるので高確率でフッキング可能です。

メバルやロックフィッシュを想定した太軸タイプは、吸い込み重視のストレートゲイブ。バイトを弾かないようゲイブ幅も狭めです。

 

ティクト「ブルヘッド」のラインナップ

出典:ティクト
出典:ティクト

続いては、ティクト「ブルヘッド」のラインナップを見ていきましょう。前述の通り、細軸タイプと太軸タイプの2種類で構成されています。

ブルヘッド(細軸タイプ)

created by Rinker
ティクト(TICT)
¥440(2020/09/25 06:17:17時点 Amazon調べ-詳細)

アジングには、オープンゲイブの細軸タイプがおすすめ。重量のラインナップは以下の通りです。

  • 0.6g
  • 0.8g
  • 1.0g
  • 1.3g
  • 1.5g
  • 2.0g

ブルヘッド(太軸タイプ)

created by Rinker
ティクト(TICT)
¥436(2020/09/25 06:17:18時点 Amazon調べ-詳細)

メバルやロックフィッシュ狙いの場合は、ストレートゲイブで強さのある太軸タイプがおすすめ。重量のラインナップは以下のとおりです。

  • 1.0g
  • 1.3g
  • 1.5g
  • 2.0g

 

てことで、ティクト「ブルヘッド」の紹介は以上~!その他のティクト製ジグヘッド・ワームを一気見するなら↓の記事が便利だゾ♪