「バスタックルでナマズ釣りをしてみたけど、引きが強すぎてロッドが折れそうになった…」

「ナマズロッドについて気になっているけど、どんな特徴や種類があるのだろう?」

ナマズ釣りを本格的に考えているあなたは、こんな疑問を抱いているのではないでしょうか?

そこで、この記事ではナマズロッドの素材別による選び方や各メーカーで発売されている専用ロッドについてご紹介します。ナマズロッドを選ぶ際の知識を付けられるので、ご自身に合うロッドを見つけてみてくださいね!

ナマズロッドの選び方とは?

撮影:筆者

ご存知のように、ナマズは捕食が非常に苦手な魚です。何度もルアーに対してバイトがあるものの、なかなか乗らないことは良くあることです。

そんなナマズ釣りにおいて、いかにバイトをヒットに変えていくかは大切なポイントです。このような理由から、ナマズロッドはナマズのバイトをしっかりと捉える工夫をしています。

特に、ナマズロッドを選ぶ際の基準は穂先に着目したいです。

  • 穂先がチューブラータイプ
  • 穂先がソリッドタイプ

主に、2パターンのロッドが採用されており、個人の使いやすさによって選ぶのが好ましいです。どちらにもメリット・デメリットがあるので、以下の章で詳しく解説します。

チューブラータイプのナマズロッド

チューブラータイプのロッドは、穂先がチューブラー(空洞になっている)状になっています。

穂先にかけて中空状のロッドティップになっているので、感度が抜群に良いです。また、ロッド全体の自重も軽い傾向にあるので操作性の面でも優れています。

張りのあるロッドティップは継ぎ目もないことから、強度も強く、重めのルアーでも負荷なくキャストできます。

ナマズのように下手なバイトが多い魚は、チューブラータイプのロッドが掛けやすいと評価されています。ただし、ロッドの感度が良いために張りの良さから弾いてしまうこともあります。

ソリッドタイプのナマズロッド

ソリッドタイプのロッドは、チューブラータイプのロッドとは違ってカーボン・グラス素材が固体として詰まっています。

そのため、しなやかさを重視したロッドとなっており、乗せ重視となります。感度や軽さ、操作性に関してはチューブラータイプのロッドに負けますがバイトを吸収してくれる魅力があります。

どちらのロッドでも一長一短があるので、どちらの素材が良いかは断言できます。しかし、長時間の釣り向けであれば軽量さの観点からチューブラー素材、とにかく乗せ重視で釣りをするならばソリッドタイプがおすすめですよ。

ナマズロッドはショートロッドが良いのか?

ナマズロッドは5-6フィートクラスの専用ロッドが多いです。これは、日本の河川サイズに標準を合わせて作られているためです。

小場所となるポイントが多い日本の河川では、7フィート以上のロッドは取り回しが悪いです。アンダーキャストからサイドキャストまで、周囲の障害物等にルアーを引っ掛けずにキャストできる強みがあります。

とはいえ、ナマズロッドにも7フィート以上のロッドは発売されています。大河川やロングキャストを必要とするポイントで使用してみましょう。

各メーカーから発売!ナマズ専用ロッドについて紹介

ここでは、各メーカーから発売されているナマズロッド(ナマズにも適用されている)についてご紹介します。

主に、ナマズ釣りを照準に開発しているメーカー/ロッド名は以下の項目となります。

  • スミス:ナマンチュ
  • テイルウォーク:namazon
  • ツララ:モレーナ53
  • ジャッカル:ナジーチョイス
  • メジャークラフト:コルザナマズモデル

どのナマズロッドも、ナマズの強烈なファーストアタックを受け止めてぶっこ抜きまで対応しています。

ゆえに、グラス/カーボン素材は各ロッドによって異なるのでお好みをチョイスしてみましょう。



小場所周りを打つなら、namazonから発売されているC58MHモデルがおすすめです。重厚感のあるバッドなので、掛けた後のランディングも安心して行えます。

created by Rinker
スミス(Smith)
¥24,561(2020/09/25 13:04:19時点 Amazon調べ-詳細)


ナマズロッドの代表的存在であるナマンチュ。デザインもそうですが、チューブラータイプの早掛けを意識して作られています。

フィールドに合ったナマズロッドを選んでみよう!

今回は、ナマズ専用ロッドについてご紹介させて頂きました。ナマズロッドは、チューブラータイプとソリッドタイプのどちらを選ぶかで使い心地も大きく変わってきます。

釣りの快適さを重視するならチューブラータイプ、ナマズのバイトを確実に捉えたい方はソリッドタイプのロッドがおすすめです。もちろん、最終的にはナマズのルアーに対する捕食位置によって釣果が左右されてしまいます。

しかし、バイトは多数あるのにキャッチまで至らない時は、いま一度ご自身の釣りスタイルを振り返ってみてください。とりわけ、ナマズ釣りに関してはロッド選択が重要ですよ!