出典:pixabay

釣り人にとって、大物を釣り上げる事が夢であったり目標であるという方は少なくはないと思います。

ブリやヒラマサ、カンパチといった大型青物や、クエやイシダイ、カンダイ、真鯛といったターゲットも人気が高いです。

掛ける事も難しいですが、釣り上げるまでも難しいのが大型魚を狙った釣りです。大型の魚は引きが強烈なため、生半可なタックルでは釣り上げる事は難しいといえます。

今回は、そんな大物を釣り上げるためにおすすめのスピニングリールを10台ご紹介します。

どのスピニングリールも剛性ばっちりなので、大物狙いにはぴったりです。大物を狙ったビッグゲームを楽しみたい方は要チェックの内容となっていますので、ぜひチェックしてくださいね。

大物狙いにはなぜ剛性が大切なのか

出典:pixabay

そもそも、大物を狙うためになぜスピニングリールに剛性が求められるのか分からないという方もいらっしゃると思います。

スピニングリールに剛性があるのとないのとではどんな違いがあるのかを理解する事で、大物用スピニングリールの選び方の重要さがきっと分かります。

以下からは、スピニングリールに剛性がある事によって得られるメリットをご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。

安定した巻き取り力を得る事が出来る

出典:pixabay

スピニングリールに剛性があるという事は、スピニングリールに負荷が掛かっていてもボディがたわみにくいという事になります。

ボディがたわんでしまうと、巻き取ろうとしていても巻き取る力をギアなどに伝える事が出来なくなってしまうので、パワーロスに繋がります。

その結果、巻きたくても巻けないといった状況に陥ってしまい、大物の引きにただただやられ続けるという悲惨な結果になってしまいます。

剛性があればボディがたわみにくくなり、ギアへの力の伝達が上手くいく様になります。その結果、大物が掛かっても安定した巻き取り力を得る事が出来ます。

ボディがたわみにくい事で、重いメタルジグの操作性も上がるというメリットもあります。

剛性がある事はアングラーにとって、数多くの武器を与えてくれる様なものですね。

スピニングリールの破損防止に繋がる

出典:pixabay

スピニングリールに剛性がないと、大物の強い引きでスピニングリールが破損してしまう恐れがあります。

リールシートから折れてしまったりベールアームが壊れてしまったりと、壊れてしまう箇所は様々ですが、剛性があればボディが頑丈になるので安心する事が出来ます。

大物向けに作られているスピニングリールはボディが非常に頑丈になっており、高い防水性能や大きなギアが搭載されていたりと、とことん堅牢な作りになっています。

大物の強い引きに耐えるために重量は重くなってしまいますが、大切なスピニングリールを守るためにも剛性はとても重要です。

魚を掛けるまでに壊れる可能性もある

出典:pixabay

大物を掛けるまでにスピニングリールが壊れる可能性があるというと、いったいどういう事なのかとなりますよね。

大物を狙う釣りというと、ショアジギングやオフショアジギングなどが挙がりますが、どちらにも共通しているのが重いメタルジグを激しくしゃくるという点です。

重いメタルジグをしゃくるとスピニングリールに強い負荷が掛かるので、剛性がないスピニングリールだと急に壊れる可能性があります。

特に、オフショアジギングでは300gのメタルジグを200mの水深で使うという事も珍しくないので、スピニングリールへの負荷は馬鹿に出来ません。

しゃくりによる負荷で壊れかけのスピニングリールに不意に大物が掛かると、高確率で破損に繋がるので注意が必要です。

次ページ▷大物狙いにおすすめのスピニングリール10選!をご紹介します。

1 2