出典:ヤマガブランクス

ヤマガブランクスは数多くのアングラーから絶大な支持を誇るロッドメーカーですが、中でも高い人気を得ているのがブルーカレント93TZ NANOです。

ジャンルとしてはライトゲームロッドですが、長いレングスから生み出す圧倒的な飛距離や、ナノアロイを組み込んだ事で得られるしなやかな曲がり、大物が掛かっても追従するしなやかなブランクスなど、魅力的なポイントがいくつもあります。

今回は、筆者がメインロッドとして愛用しているブルーカレント93TZ NANOの魅力をお伝えするだけでなく、実際に使用したインプレッションもお伝えします。

本記事を読んで頂ければブルーカレント93TZ NANOの素晴らしさが分かって頂けるので、ぜひチェックしてくださいね。

ブルーカレント93TZ NANOはこんなロッド

出典:ヤマガブランクス

ブルーカレント93TZ NANOのインプレッションをお伝えする前に、まずはブルーカレント93TZ NANOがどんなロッドなのかについてご紹介します。

一つ一つが魅力的で知れば知るほど欲しくなる情報ばかりなので、ぜひチェックしてくださいね。

ロングレングスが生み出す圧倒的な飛距離

出典:photoAC

ブルーカレント93TZ NANOは、ライトゲームロッドでありながらも9.3フィートというロングレングス仕様になっています。

一般的なライトゲームロッドは5~7.8フィートの長さである事が多いので、9.3フィートがいかに長いかよく分かります。

ナノアロイを組み込んでいるためロッドの曲がりが良く、ルアーをキャストする際にしっかりとロッドを曲げてキャスト出来るので飛距離は抜群です。

不意の大物にも余裕で対応出来るパワーの持ち主

出典:pixabay

ブルーカレント93TZ NANOはアジやサバ、カサゴ、メバルといった小型の魚を狙うロッドですが、ハマチやシーバス、タチウオ、クロダイなども問題なく獲る事が出来るパワーを秘めています。

小アジの小さなアタリを感じ取る繊細さを兼ね備えていながらも、不意の大物にも屈さないバットパワーで掛けた魚を逃しません。

ロッドが魚の引きに合わせてしなやかに曲がるので、細いPEラインでも安心してやり取りする事が出来ますよ。

幅広いルアーウエイトが生み出す万能さ

出典:photoAC

ブルーカレント93TZ NANOは3~21gという幅広いルアーウエイトを扱う事が出来るため、様々なルアーを扱う事が出来ます。

3g程度のジグヘッドリグやマイクロメタルジグ、7g前後のプラグや14g程度のメタルバイブ、さらには20gのメタルジグなど実に幅広くなっています。

この幅広いルアーウエイトによって、ブルーカレント93TZ NANOはなんでもロッドとも呼ばれています。

アジングやロックフィッシュゲーム、シーバスゲームにチニング、エギングにスーパーライトショアジギングなど、ソルトで楽しむ事が出来るルアーゲームのほとんどを一本で楽しむ事が出来ます。

ブルーカレント93TZ NANOのインプレッション

出典:photoAC

ブルーカレント93TZ NANOがどんなロッドか知って頂いたら、ここからは実際に実釣で使ってみたインプレッションをお伝えします。

実釣時に使っていたタックルは以下の通りです。

  • ロッド:ブルーカレント93TZ NANO
  • リール:セルテートLT2500S-XH
  • ライン:G-soul upgread PE X8 0.6号 200m
  • ショックリーダー:弾丸フロロショックリーダー 10lb

上記のタックルで実釣を行いましたので、参考にして頂ければ幸いです。

created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥49,115(2020/11/26 07:05:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥38,250(2020/11/26 07:05:04時点 Amazon調べ-詳細)
YGK G-soul X8 アップグレード 200m 0.6号/14lb
created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥550(2020/11/26 07:05:05時点 Amazon調べ-詳細)

キャストのしやすさ・飛距離が秀逸

出典:photoAC

ブルーカレント93TZ NANOで初キャストをした時の感想ですが、本当にフルキャストしても大丈夫なのか?と感じました。

20gのメタルジグをキャストしましたが、ロッドが非常に軽量なので折れないかどうかがとても心配でした。

しかし、思い切ってフルキャストしてみるとロッドがしなやかに曲がり、メタルジグがはるか彼方にまで飛んでいきました。飛距離にして100Mは飛んでいたかと思います。

ロッドが軽量なので9.3フィートの長さでも振り抜きがしやすく、軽くキャストしただけでもルアーがしっかり飛んでいくので、体力的にもとても楽でした。

5gのジグヘッドをキャストしてみましたが、5gの軽さでもロッドがしっかりと曲がって十分な飛距離を稼ぐ事が出来ました。

初めてブルーカレント93TZ NANOを使った日は、こんなロッドは初めてだという気持ちでいっぱいだった事を覚えています。

軽量さが生み出す圧倒的な操作性

出典:photoAC

ブルーカレント93TZ NANOは上記でもお伝えした通り、非常に軽量なロッドです。そのため、ルアーの操作を非常に行いやすく、軽量ルアーに細かなアクションを伝える事が出来ます。

20gのメタルジグを使ってスーパーライトショアジギングをしていても腕が非常に楽で、キャロを使ったアジング・メバリングで細かなトゥイッチなどもしっかりと行う事が出来ました。

タチウオ狙いでワインドも行いましたが、問題なく行う事が出来ました。しかし、ワインド専用ロッドと使い比べてみるとどうしても腕に疲れは出てしまうので、さすがに専用ロッドには敵いませんでした。

5gのジグヘッドを使い、小型の魚を狙ったライトワインドであれば非常に快適に使用する事が出来たので、さすがはライトゲームロッドのハイエンドモデルだと感じました。

1 2