ジャッカルから発売されているアンモナイトシャッドは、数多くのフィールドで絶大な釣果を叩き出してきました。

ボリュームのあるシルエットからは、強烈な波動が生じることでバスの捕食を誘い出します。

誰でも使用できるおすすめのワーム「アンモナイトシャッド」について、当記事では詳しく解説します。

シャッドテールの定番!アンモナイトシャッドとは?

撮影:筆者

アンモナイトシャッドは、ジャッカルから発売されている超人気ワームです。

シャッドテール系ワームの中でも硬めの質感から、強波動アクションを可能とします。泳ぎの安定性、ボリュームのあるボディはレコード級のビックバスを釣り上げるスペックがあります。

実際に、プロデュースに携わっている秦拓馬プロはアンモナイトシャッドをトレーラーにしたルアー(PDチョッパー暴れ神セッティング)にて、デカバスを何度もキャッチしています。

サイズに関しても、

  • 3インチ(フックサイズ:オフセット#1-#1/0)
  • 4,5インチ(フックサイズ:オフセット#2/0-#3/0)
  • 5,5インチ(フックサイズ:オフセット#4/0-5/0)

の3種類があり、フィールドの状況次第で使い分けが可能なサイズが揃っています。

加えて、アンモナイトシャッドのボディ真ん中付近にはラトルを入れられる空洞があります。別途で、ラトルを入れることによってアピール力のアップも図れます。

リグに関しても、ノーシンカーリグによる表層巻きからテキサスリグによるボトムの釣りまで可能です。さらに、スコーンリグ系、チャーター系ルアーのトレーラーとしても相性が良い特徴があります。

ワーム自体が持つポテンシャルが高いので、様々な使い分けで使用できるのです。

アンモナイトシャッドのおすすめリグ&使い方について

ここでは、アンモナイトシャッドにおすすめなリグと具体的な使用方法について解説します。

定番のアクション方法から、少し工夫した釣り方までご紹介するので是非参考にしてみてくださいね。

ノーシンカーリグによる表層攻め

ノーシンカーリグによる表層攻めはバスが上目線の時に有効的です。夏や秋などの活性が高い個体を狙う時に、使用がおすすめです。

アンモナイトシャッドは、形状的に飛距離を出しやすいので遠くからも巻いてこれます。

また、シャロー地帯、ウィードが群生するエリアでは、バジングのように水面をバシャバシャと叩くのも効果的ですよ。

テキサスリグによる中層〜ボトムのただ巻き

アンモナイトシャッド のテキサスリグは、カバーの釣りからオープンフィールドの中層・ボトム攻略におすすめです。

カバー周りではベイトを待ち伏せしているバスにアプローチできます。他にも、開放的なフィールドにおいてはルアーのチョイスが難しくなります。

そんな時は、4,5インチや5,5インチの大型サイズをテキサスリグで使用してみましょう。テキサスシンカーでボトムを「コツコツ」と叩きながら巻いてみてください。

障害物のスタックを外すアクションに、バスが反応しやすいので食わせの間を作れるように意識してみてくださいね!

各種ルアーにおけるトレーラーワーム

アンモナイトシャッドは、スコーンリグ、チャターベイト、ワイヤーベイトなどのルアーと相性が良いです。

とりわけ、PDチョッパーと呼ばれる巻物専用のラバージグのトレーラーとして使用されやすいです。ユラユラとボディ全体で動くアクションがデカバスのバイトを誘発します。

もちろん、スピナーベイトのトレーラーなどにも最適です。基本的には、ルアーを問わずにトレーラーとして活用できますよ。

>>次ページへ

1 2