出典:著者

カマスはライトタックルで狙える身近な釣りものとして人気が高い魚です。匂いや味があるエサと違って、形と動きだけで魚を引き寄せなければならないルアーは難しいイメージを持たれがちです。しかし、カマスはルアーであっても簡単に釣れるので、お手軽にルアー釣りを楽しみたい人にもおすすめ。さらに、食べてもおいしいことからお土産にしても喜ばれます。

今回はカマス釣りに役立つ生態や特徴、食性などに加えて、味やおいしい食べ方についてご紹介します。

カマスとは?

カマスはスズキ目カマス科に属す海水魚で、釣りものとして人気なのは「アカカマス」と「ヤマトカマス」です。

アカカマスは30~40cm程度のサイズが多く、背側は茶褐色、腹側は白色の体色をしています。釣り場で出会う機会が多いのもこの種類です。ここでは、主にアカカマスについてご紹介します。

一方、ヤマトカマスはアカカマスよりもやや小ぶりで、体色も若干青みがかっています。また、鱗が小さく背びれが腹びれよりも前方にある点が特徴です。味が水っぽいので、アカカマスの方が人気があります。

カマスの生態や生息地

カマスは日本では北海道から九州まで幅広く生息しています。小さいうちは沿岸域でよく見られ、成長するにつれて深場に移動する傾向があります。基本的に群れで移動しながら、鋭い歯でエサとなる魚を捕食する、魚食性の強いフィッシュイーターです。

カマスは身近な釣りのターゲット

カマスは釣りのターゲットとしても有名です。エサ釣りでは生き餌や魚の切り身を使うと簡単に釣ることができます。ルアー釣りも人気があり、アジやメバル用のワーム、小型ミノー、メタルジグがよく用いられます。カマスを釣ることを目的に作られた“カマスサビキ”も効果的です。

漁港などで手軽に釣れるので、初心者からベテランまで幅広い層に親しまれている魚といえます。

カマスの味、旬の時期は?

カマスは淡泊な白身のとても美味しい魚です。クセはなく、身質はやや水っぽいのが特徴。そのため、干物にすると身がしまりうま味が濃くなるので、「カマスの干物」は絶品です。スーパーで見かけることも少なくありません。

カマスの旬は初夏の6~8月と初秋の11月頃の2シーズンです。それは、「ヤマトカマス」は初夏、「アカカマス」が初秋に旬を迎えるためです。ヤマトカマスはアカカマスに比べると味は劣るものの、旬の時期であれば文句なしにおいしい魚といえます。アカカマスと同様、干物として流通することが多いです。

カマスのおすすめ調理法3選!

カマスが釣れた際には是非、試していただきたいおすすめの調理法を3品ご紹介します。カマスの身質と味を活かした調理法なので、一段とおいしくいただくことができます。

カマスの一夜干し

身質が少し水っぽいカマスは程よく乾燥させる一夜干しがおすすめです。腹開きにした後、内臓を取り除き、お好みで5~10%の塩水に漬け込みます。時間は1時間前後、濃い味付けが好きな人は時間を長めにしましょう。

その後は水気を取り、風通しの良い場所、もしくは脱水シートに包んで冷蔵庫で乾燥させます。1時間を目安にして乾燥具合を確認します。

上手く仕上がったカマスの一夜干しはうま味が凝縮し、まさに絶品です。

カマスの塩焼き

新鮮なカマスは塩焼きもおすすめの調理法です。加熱することで水分が落ち、ホクホクとした食感に変わります。皮も香ばしく上品な味わいが口に広がります。さばいた後に塩を振って、余分な水分を落としておくと良いでしょう。

カマスの炙り

カマスは程よく炙ると格段においしくなるので、皮目を炙ることで香ばしさと脂のうま味が際立ちます。大型のカマスが釣れた場合におすすめしたい調理法です。

カマスは釣っても食べても優等生!

簡単かつ手軽に釣れて、ルアーで狙うとゲーム性が高いカマス。さらに、食べてもおいしいという大きな魅力も持ち合わせています。

敷居が高くないターゲットなので挑戦してみてください。自分で釣ったカマスの自家製干物や一夜干しは格別ですよ。