みなさんはセコ釣りというワードを聞いたことがありますか?セコ釣りは少し邪道と感じる方もいるかもしれませんが、よく釣れる釣り方法です。
「どうしても1匹釣りたい!」という場面があったら、ぜひセコ釣りを試してみてください。

そもそもセコ釣りとは?

セコ釣りとは、ワームやルアーのサイズダウンを行い、ヒット数に特化した釣り方法です。

小物狙いの釣りともいえ、魚の強い引きを楽しむというより、小さい魚と遊ぶというイメージです。釣れない場合にセコ釣りに切り替えるという方が多く、セコ釣りメインで楽しむ方は少ない印象があります。

どのくらいのサイズのワームを使う ?

ワームは2から3インチ程度がおすすめで、細めのシルエットが理想的となります。ワームの太さによっても魚の反応が変わることがありますので、選ぶ際は注意してください。
3インチを超えるワームでもセコ釣りはできますので、持ち合わせがないときはなるべく小さめのワームで誘ってみてください。

セコ釣りは数釣りも可能ですが、ワームのカラーを同じものばかり使っていると徐々に食いが悪くなり、その後は反応すらしてもらえないこともあります。
セコ釣りであっても、カラーチェンジや場所のこまめな移動が釣果につながりますので試してみてください。

大きいワームを使う場合とは難易度が異なるセコ釣りは、どうしても釣れない場合に頼りになる釣り方法です。

セコ釣りのメリット

出典:写真AC

ヒット数が大幅に増える

ブラックバスはハイシーズンでなければなかなか釣るのが難しいことがあります。大型の個体は警戒心も高く、何度通っても釣れない方も少なくないと思います。

そんなときに試して欲しいことがこのセコ釣り。プレッシャーの高いスポットでもワームをサイズダウンすることで、興味を持ってもらえるようになります。少数派のセコ釣りですが、手軽に釣りを楽しむには最適で、難しいといわれるスポットであっても小さい個体は比較的釣れやすい傾向にあります。

また、よく釣れるセコ釣りはボウズ逃れの釣りとして知られています。1匹も釣れないと、どうしても釣りの楽しさが感じにくいこともあります。1匹でも釣りあげてから帰りたい方にとっては試してみる価値のある釣り方法です。

小さいワームは価格の安さも魅力

ほとんどのワームはサイズが大きくなるほど、価格も高くなります。セコ釣りに使う2~3インチほどのワームはお求めやすい価格で、いくつかのカラーを購入しても1000円に満たない場合もあります。

ワームは適切な保管場所であれば長期保存が可能なこともうれしく、小さなワームは収納場所も確保しやすいです。

セコ釣りのデメリット

出典:写真AC

小さい魚ばかり釣れる状況は飽きやすいことも

魚が掛かることはうれしいのですが、サイズが小さいものばかりが釣れるとマンネリしてしまうこともあります。

大物が狙いにくい釣り方法でもあるので、予想外のサイズが釣れないことは、アングラーを少し残念な気持ちにさせるかもしれません。

魚との強いやり取りを楽しむことができない

小さい魚は簡単に釣りあげることができ、やりとりを楽しむことは難しいです。

釣り初心者の方や女性、子どもの方がセコ釣りから初めてみることについてはおすすめできる釣り方法です。

おすすめのワームはこちら!

【KEITECH(ケイテック) 】ルアー スイングインパクト3インチ

created by Rinker
ケイテック(KEITECH)
¥514(2020/09/20 08:02:55時点 Amazon調べ-詳細)

ワームの重量は軽く、飛距離を出すのが難しいワームです。素材は柔らかく、フックも簡単に通せることが特徴です。

【エコギア(Ecogear)】 ワーム グラスミノーM 2‐1/2インチ

created by Rinker
エコギア(Ecogear)
¥484(2020/09/20 08:02:56時点 Amazon調べ-詳細)

古くからあるワームで、販売されている場所が多い認知度の高いワームです。素材は柔らかく、テールの波動がナチュラルなことが特徴です。海釣り用としても使うことができますので、汎用性が高いです。

【JACKALL(ジャッカル)】 ワーム フリックシェイク 2.8インチ

created by Rinker
JACKAL(ジャッカル)
¥475(2020/09/20 08:02:57時点 Amazon調べ-詳細)

ミミズに似せたワームで、アクションなしでも釣れることがあります。小物狙いの釣りに最適のワームです。

【JACKALL(ジャッカル)】 ワーム チャンクロー 2.8インチ

created by Rinker
JACKAL(ジャッカル)
¥752(2020/09/20 08:02:57時点 Amazon調べ-詳細)

甲殻類が多いスポットで使うことをおすすめします。当たり外れがある甲殻系ワームですが、場所によってはよく釣れるワームのひとつになります。

甲殻系ワームが難しいと感じる方は、まずは小さいものから使うことでヒットが出やすいです。

まとめ

出典:unsplash

セコ釣りのようにワームやルアーなどをサイズダウンする釣りは、大型の個体は狙いにくいですが、小さい魚からのヒット数が増えることが魅力です。
サイズや数など、アングラーによって、重視するポイントは異なりますが、数釣りを楽しみたい方にはおすすめの釣りです。ちょんちょんと小さいアタリを感じられるとうれしくなりますね。

釣りは釣れるときばかりではないので、セコ釣りのように釣れないときの楽しみ方もあるといいと思います。
みなさんもセコ釣りをメインで楽しむことや、釣れないときの手段として楽しんでください。