「ブルーカレントTZ」って評判良いけど、どこがいいの?3万円ちょいだからギリギリ手が伸びそうだし、自分にピッタリのモデルが見つかれば買いたいな。

 

↑のような疑問をお持ちの方のために本記事では、ヤマガブランクスの「ブルーカレントTZ」の特徴を徹底解説していきます。購入を検討されている方はぜひお役立て下さい。

ヤマガブランクス製アジングロッドの全体像

ヤマガブランクスのライトゲームロッドは「ブルーカレント」という名前でリリースされています。製品ラインと実売価格の一覧は以下のとおりです。

製品ライン実売価格
ブルーカレントTZ/NANO40,000円~
ブルーカレントTZ33,000円~
ブルーカレント21,000円~

ブルーカレントTZはミドルエンドにあたる機種となっており、そこそこのお値段ながらもかなりの高性能。「ハイエンドはさすがに手は伸びないけど、良いロッドがほしい」という方から人気です。

「ブルーカレントTZ」シリーズの特徴

続いては「ブルーカレントTZ」シリーズの特徴をご紹介していきます。ポイントは以下の4点です。

  1. 自社工場で生産されたこだわりのブランクス
  2. チタンフレーム×トルザイトリングの軽量ガイドセッティング
  3. ハイエンド機並みの軽さを実現
  4. シンプルで洗練されたデザイン

自社工場で生産されたこだわりブランクス

ヤマガブランクス製のロッドはすべて国内の自社工場で生産されています。安価な海外生産ではなく、国内生産にこだわるのは

  • 生産クオリティーの安定
  • 「フィールドテスト→改良」サイクルの高速化

といった明確な理由があってのこと。

ヤマガブランクス製ロッドの一番の魅力は、フィールドテスターと職人が共闘して造り上げた極上の品質。こだわりが詰まったロッドを使えば、楽しい釣りに没頭できること間違いなしです。

チタンフレーム×トルザイトリングの軽量ガイドセッティング

「ブルーカレントTZ」には軽量かつ高機能なガイドセッティングが採用されています。

ライトゲームロッドの上位機種の定番であるチタンフレーム×トルザイトリングを搭載。ロッドの軽量化と感度強化に貢献してくれます。

ハイエンド機並みの軽さを実現

「ブルーカレントTZ」はブランクスやガイドを中心に徹底的に軽量化されています。

  • 5ft台のショートレングス:50g台前半
  • 6ft台のミドルレングス:60g前後

というハイエンド機と同水準の軽さに仕上がっており、感度も超ド級です。より繊細さが求められるようになった近年のアジングシーンにしっかり適応しています。

シンプルで洗練されたデザイン

ヤマガブランクス製のロッドは派手さこそないものの、シンプルで洗練されたデザインも魅力的です。派手な装飾を省いて、シックな印象に仕上げられています。

出典:ヤマガブランクス
GyoGyoくん
GyoGyoくん

美しい金文字でブランド名とスペックが印字されてることも素敵やな。ゴールドってやっぱりいいよね~♪

 

「ブルーカレントTZ」全モデルの特徴を解説

続いては「ブルーカレントTZ」全モデルの特徴を解説していきます。スペックのラインナップは以下の8種類です。

モデル全長自重ルアー重量
53/TZ1.603m50gMAX3g
58/TZ1.73m50gMAX3g
65/TZ1.96m58gMAX5g
610/TZ2.088m61gMAX6g
72/TZ2.195m63gMAX7g
76/TZ2.288m69gMAX10g
83/TZ2.52m72gMAX10.5g
91/TZ2.765m84gMAX15g

短い順にご紹介していきます。

BlueCurrent 53/TZ

※ネットショッピングは品切れ中

全長自重ルアー重量継数
1.603m50gMAX3g1pc

スペックの中で最も短いモデル。1ピースロッドなので保管と運搬に関しては不便ですが、豆アジの小さなアタリも明確にとれるほど感度はビンビンです。

BlueCurrent JH-Special 58/TZ

全長自重ルアー重量継数
1.73m50gMAX3g2pcs

軽量ジグ単の使用に特化したショートロッドです。アンダー1gのジグ単でも全く操作感を失わず、意図した動きで巧みにアジを誘うことができます。港湾部での近距離戦とベストマッチな1本です。

BlueCurrent JH-Special 65/TZ

created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥36,300(2020/09/24 17:52:03時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
1.96m58gMAX5g2pcs

「58/TZ」と同じくジグ単での攻めを得意とするモデル。ロッドの長さがあるぶん飛距離を出しやすいのが利点です。また、5gまでのリグを背負えるので、軽めの遠投リグを使った中距離戦でも強みを発揮します。

BlueCurrent JH-Special 610/TZ

created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥33,638(2020/09/24 17:52:04時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.088m61gMAX6g2pcs

「65/TZ」よりもブランクスにパワーがあるモデル。長さが5インチ伸びたぶん、さらに飛距離が増します。足場の高いフィールドでも快適に釣りができ、場所を選ばず活躍してくれる1本です。

BlueCurrent 72/TZ

全長自重ルアー重量継数
2.195m63gMAX7g2pcs

ジグ単から軽めの遠投までオールマイティーにこなすロングロッド。巻き主体の釣りに最適なチューニングとなており、万能型のメバリングロッドが欲しい方におすすめです。

BlueCurrent 76/TZ

created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥37,100(2020/01/08 21:15:19時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.288m69gMAX10g2pcs

10gまでのリグを背負えるロングロッド。キャロやフロートといった遠投リグを主体にしたアジング・メバリングに最適です。ジグ単用とは別に遠投用のロッドが欲しい方にピッタリの1本となっています。

BlueCurrent 83/TZ LongCast

全長自重ルアー重量継数
2.52m72gMAX10.5g2pcs

8フィート台の長尺ながらも、1gのジグ単も扱える繊細さを持つ珍しいロッドです。「76/TZ」よりも飛距離のアドバンテージもあり、沖の良型を仕留めることができます。

BlueCurrent 91/TZ Long Cast

全長自重ルアー重量継数
2.765m84gMAX15g2pcs

ライトゲームには珍しい9フィート台の超ロングロッド。シーバスやショアジギングロッド並みの長さですが、ライトゲームに必要な感度を実装するためにブランクスは細身に作られています。これまでのライトゲームで手を伸ばせなかったポイントにリグを届けられるロマンある1本です。

「ブルーカレントTZ」でライトゲームを楽しもう!

ヤマガブランクスの自信作「ブルーカレントTZ」は

  • 自社工場で生産されたこだわりのブランクス
  • チタンフレーム×トルザイトリングの軽量ガイドセッティング
  • ハイエンド機並みの軽さを実現
  • シンプルで洗練されたデザイン

の特徴をもつ高機能ロッドです。3万円台の価格帯ながらもハイエンドに迫る性能を持っていますので、入門機や中級機からのステップアップに検討してみてはいかがでしょうか。

「ブルーカレントTZ」用途別のおすすめモデル

とはいえ、なかなか種類が多いので最後に用途別のおすすめモデルをピックアップしておきます。

ジグ単特化のおすすめモデル「BlueCurrent JH-Special 58/TZ」

全長自重ルアー重量継数
1.73m50gMAX3g2pcs

遠投リグ特化のおすすめモデル「BlueCurrent 76/TZ」

created by Rinker
ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks)
¥37,100(2020/01/08 21:15:19時点 Amazon調べ-詳細)
全長自重ルアー重量継数
2.288m69gMAX10g2pcs