みなさんは渓流釣りの経験はありますか?3月は多くの場所で、ヤマメやイワナ釣りなどの渓流釣りが解禁する季節です。特に解禁日や解禁直後には多くのアングラーで賑わい、渓流釣りを楽しみにしている方にとってうれしい時期です。

今回は解禁直後の季節の渓流釣りでよく釣れるポイントを紹介いたしますので、ぜひみなさんも参考にしてみてください。

解禁直後は水温が低く、数釣りが難しい時期

アングラーで賑わう時期ですが、この時期は最も釣れる時期ではありません。数釣りの難しい状況で、少ないヒットを確実にものにすることが重要な時期です。

川の中はまだまだ水温が低く、高活性なヤマメやイワナに遭遇することはあまり期待できません。「1匹釣れれば上出来」と考えているアングラーもいて、難易度として少々高めの時期といえます。

3月後半からその後の時期は少しずつ水温が上昇しますので、それに伴って徐々に魚の活性が期待できますね。

ヤマメやイワナはどのようなポイントを狙う?

出典:写真AC
出典:写真AC

この時期のポイントの選び方としては、流れが速い場所よりもゆっくりとした流れの場所を探ることです。
水がたまって深くなっているところにヤマメやイワナは着きやすくなっています。これは水温が低い時期の特徴で、水温が低くなりがちな流れのあるポイントよりも、水温が少しでも下がりにくい場所を好んで生息しているためです。水深がある場所は水温が変化しにくいため、この時期は浅瀬よりも深い場所にいるヤマメやイワナをターゲットに狙ってみましょう。

誘い方のポイントとしては、魚が低活性のため速く動くものはなかなか追いかけることができません。そのため、この時期のルアー釣りには、少し遅いテンポのルアーアクションが適しているとされます。

時期によってよく釣れるポイントは少しずつ変化していますので、その時期にあわせたポイント選びがアングラーには求められます。

【Brighton(ブライトン) 】From北海道 渓流 スプーン

スプーンは渓流釣りで最も実績のあるルアーのひとつです。釣り場に到着するとまず初めに選択することも多いルアーで、フォールアクションで誘うスプーンは水深のある場所も簡単に探ることができます。ミノーに比べると根掛かりや、木などにひっかけてしまうリスクも少ないルアーです。
1つ数百円で手に入れることが可能で、耐久性と価格に優れたルアーです。

【スミス(SMITH LTD)】 ミノー D-コンタクト

created by Rinker
スミス(SMITH)
¥1,480(2020/09/24 15:11:38時点 Amazon調べ-詳細)

スプーンとともに渓流釣りの人気ルアーです。フローティングタイプ、シンキングタイプと魚が潜んでいるレンジによって使い分けを行います。
渓流釣りでミノーを使う場合にはキャスト時に周辺の木々に引っ掛けてしまうことも多く、キャストの正確さやキャスト時の振りかぶりには特に注意が必要です。

海釣りとは周辺環境が異なるため、初心者の方はまずは扱いやすいスプーンから使ってみることがおすすめです。

低活性時はエサ釣りもおすすめ

最近は渓流のルアー釣りが人気ですが、この時期はなかなか難しい時期でもあります。釣果を求める場合はエサ釣りへシフトチェンジすることもおすすめです。

エサはブドウ虫やイクラなどを使用しますが、虫系のエサが苦手な方はイクラを使用すると抵抗が少ないはずです。イクラは臭いも少なく初心者や女性の方であっても馴染みやすい種類のエサです。

難しい時期はルアー釣りにこだわることなく、エサ釣りも選択肢のひとつに加えてみましょう。

ブドウ虫 ワーム

created by Rinker
アドバンスワークス
¥710(2020/09/24 15:11:39時点 Amazon調べ-詳細)

生エサが苦手な方はブドウ虫に似せたワームを使ってみても面白いかもしれません。エサ釣り用の仕掛けにこれを付けて使うため、特別なアクションは必要ありません。生エサに比べると魚からの反応は劣りますが、十分に釣果を期待できるワームです。

渓流釣りで釣れる外道の魚の紹介

渓流釣りは川のどのあたりで行うかによっても、外道が釣れる可能性が異なります。ここでは渓流釣りをしていると比較的よく釣れることがある外道の魚を紹介します。

ブラックバス

出典:写真AC

上流ではあまり見かけない魚ですが、なかには驚くべきほど上流でも釣れることがあります。ヤマメやイワナの稚魚を捕食することや、繁殖力が強く生態系を乱す魚としても知られています。

コイ

出典:写真AC

中流付近になると釣れる確率の高くなる魚です。ヒットさせると渓流釣りのロッドでは、寄せることが難しくなることがあるので注意が必要です。あまりに上流になるとほとんど遭遇することはありません。

ウグイ

出典:写真AC

上流で渓流釣りをしているとよく釣れる魚で、ヤマメやイワナとは体表の模様が異なります。お腹の部分が少しオレンジ色をしているのが特徴で、ヤマメやイワナ狙いのアングラーは釣れると少しがっかりするかもしれませんが、水質がいい場所のウグイは食味に優れ、美しい見た目を持つ「うれしい外道」のひとつになります。

まとめ

3月は渓流釣りが解禁する時期で、アングラーの数が多くなる時期でもあります。山に囲まれた場所での釣りは、海釣りとは異なった魅力があります。

水温が低く難しい時期ではありますが、そのなかでも釣れた1匹はとても良い思い出になりそうですね。みなさんも機会がありましたら渓流釣りにも挑戦してみてはいかがでしょうか。