バス釣りをしているとよく見かけることのある鯉。バス釣りアングラーの方にとっては外道として扱われがちですよね。

ところが、鯉をバスロッドで狙うと強烈な引きに思わず、本腰で釣りを楽しめるようになります。巨体ともいえる鯉を釣るためには、専用ロッドが必要と思われている方もいるかもしれません。

そんなイメージの強い鯉釣りですが、バスロッドでも十分に釣れてしまうのです。この記事では、バスロッドで狙う鯉釣りの魅力とタックル準備、注意点等について詳しく解説します!

手軽に狙える!バスロッドでも鯉は釣り上げられるのか?

撮影:筆者

この記事をご覧の方の多くに、バス釣りをしていたら鯉が掛かってしまった経験がある方はいるかもしれません。

ヒット後におけるやり取りの難易度はありますが、時間を掛けながら鯉を寄せることでしっかりと釣り上げられます。

バスロッドで鯉を釣る魅力とは?

鯉をバスロッドで狙う最大の魅力は、「手軽さ」です。

通常、鯉を狙うとなると専用のタックル・仕掛けが必要となります。しかし、バスロッドで狙う鯉釣りでは食パンやルアーをメインに狙えてしまいます。仕掛け自体がフックにエサを付ける、あるいはルアーを取り付けるだけなので手軽に鯉を狙えるのです。

また、本格的な鯉釣りのように吸い込み仕掛けではないので、テンポ良く鯉にアプローチすることも可能です。スポーティな釣りスタイルで、鯉にエサを捕食してもらえるようになります。

加えて、バスロッドで鯉を掛けると強烈にロッドが曲がります。最低でもLクラスのロッドが必要ですが、釣り人のやり取りする技術次第でキャッチ率が変わるのです。

バスが釣れない日や腕試しをしたい時に、気軽に挑戦できるのがバスロッドで狙う鯉釣りなのです。

バスロッドで鯉を釣る際のおすすめタックル

次に、鯉をバスロッドで狙うために必要な全体的なタックルについて紹介します。バスロッドだけでなく、リールやラインの適切な選択も必要となります。

ロッド

ロッドの硬さは硬すぎず、柔らか過ぎないほどがおすすめです。Mクラスの硬さであれば、鯉の引きをちょうど良く吸収してくれます。

というのも、ロッドが硬すぎると早く手前に寄せ過ぎてしまうので、ランディングが雑になりがちだからです。

とはいえ、お手持ちのバスロッドで手軽に釣りたいですよね。あくまでMクラスの硬さは目安なので、L-Hクラスのバスロッドでも十分に鯉の引きに対応できますよ。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥9,510(2020/09/24 13:48:23時点 Amazon調べ-詳細)


バランスの取れた硬さなので、鯉釣りだけでなくバス釣りにおいてもルアーからワームの釣りまで幅広く対応しています。

リール

リールに関しても、鯉釣りをする上では要検討した上で選びたいです。ベイトリールであれば強引な引きにも対応しやすいです。

ただし、初心者の方にはドラグ調整がしやすいスピニングリールがおすすめです。スピニングリールの番手としては、3000番を目安にすると鯉の引きに余裕を持ったファイトが楽しめます。

3000番台のスピニングリールは、ラインキャパシティとドラグ調整に余裕がありますよ。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥10,800(2020/09/24 13:48:24時点 Amazon調べ-詳細)

使い心地抜群で、コスパの良いスピニングリールです!

ライン

鯉釣りで使用するラインは、少し太めのサイズを選びたいところです。というのも、ラインが細すぎるとドラグを出しっぱなしになってしまうからです。

さらに、障害物が周りにあるポイントでは鯉が暴れ回ってしまうことでライン切れも起きてしまいがちです。

created by Rinker
クレハ(KUREHA)
¥902(2020/09/24 13:48:24時点 Amazon調べ-詳細)

ラインの太さは6-12lbを目安に選びますが、鯉釣りはラインの消耗も早いのでコスパの良い大容量ラインがおすすめです。

仕掛け

バスロッドで狙う鯉釣りでは仕掛けは主に2パターンとなります。

  • ミミズやパンなどのエサ釣り仕掛け
  • スプーンやラバージグ などのルアー仕掛け

いずれも鯉の好むパターンによって変わるので、好反応な仕掛けを用いて狙ってみましょう。

鯉の強い引きに柔軟に対応する方法とは?

鯉の引きはバスにはない「重たさ」と「突っ込み」があります。重量感がある引きで、ズルズルと動き回る引き方をします。

ですが、手前に寄せる時には鯉が暴れ回るようにして突っ込む引きをします。バスロッドで狙う際は、リールのドラグを調整してロッドへの負荷を掛け過ぎないようにしましょう。

鯉の体力が消耗するまでじっくりと泳がせてから、キャッチしてくださいね。

これだけはダメ!バスロッドで鯉を狙う際の注意点について

そもそも、バスロッドはバスの硬い口を貫通させて主導権を釣り人が握るためにも緻密なバランス設計がされています。

それゆえ、鯉のような大型魚であっても強い引きに対応できるのです。けれども、バスロッドで鯉を釣る際に絶対にしてはいけないことがあります。

ズバリ、鯉のぶっこ抜きです。

バス釣りであれば、足場が高い場所でも、ほとんどの場合はぶっこ抜いてキャッチできます。ただ、鯉は大きいサイズになると2-10kgほどはあります。

とても、バスロッドでは高い場所から抜き上げることができないのです。著者も一度、足場の高い位置から鯉をぶっこ抜こうとしてロッドが折れた経験があります。

大切なバスロッドを折らないためにも、ネットの使用や足場の良い位置でランディングするようにしましょう。

バスロッドで重量感のある引きを堪能してみよう!

撮影:筆者

今回はバスロッドで鯉を狙う魅力や実際の釣り方、タックルについて紹介しました。鯉は専用タックルで狙うのが一般的ですが、バスタックルでも十分に釣れます。

この釣りは、バスが釣れない時期やバスの引きに飽きてしまった時におすすめです。バスアングラーの方であれば、鯉のファイトを楽しみながらもロッドワークを磨ける機械にもなります。

外道として扱われがちな鯉ですが、視点を変えてバスロッドを用いた釣りに挑戦してみてはいかがでしょうか。