鯉釣りといえばエサで狙うイメージがありますよね。ですが、雑食性である鯉はルアーでも狙って釣れる対象魚です。

バス釣りの延長線上で始めたい方やエサで狙う鯉釣りに飽きてしまった方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

攻めの釣りができる!ルアーで狙う鯉釣りとは?

撮影:筆者

もしかしたら既に経験のある方もいるかもしれませんが、ルアー釣りをしている最中に鯉が釣れてしまったことはありませんか?

日本国内では、鯉が釣れるフィールドにはブラックバスも生息している傾向があります。鯉は雑食性の性質を持っているので、意図せずバスを狙っていると釣れてしまうことがあるのです。

そこで、一部の釣り人は鯉釣りに特化してルアー釣りをする方もいます。ミディアムタックルからヘビータックルまで、使用するルアーの種類に応じて釣りが楽しめる魅力があるのです。

実際に、筆者もルアーで鯉を釣った経験があります。ラバージグ 、スモールラバージグ 、トップウォーター、ミノー、シャッド、スプーンなど、多様なルアーで釣れてしまう意外さがあります。

冬場においては、ほとんどの淡水魚が釣れない時期であっても鯉であれば釣りやすいですよ!

ルアーで鯉を誘う方法とは?

ここでは、ルアーで鯉を誘うために抑えておきたノウハウについて解説します。

鯉は活発に動き回ってエサを捕食するタイプではなく、ゆっくりと回遊コースを泳ぎながらエサを見つけたら捕食します。一日の間に、決められたコースを回遊しているともいわれ、行動がルーティン化されています(野生の鯉に限ります)。

そのような鯉を釣るためには、自然なアプローチを心掛けて誘う必要があります。どのようなルアーを使用する際にも、鯉に違和感を与えないことが大切です。

具体的には鯉の進行方向に目掛けて、ルアーを静かにキャストします。鯉が興味を持ってくれるよう、ゆっくりと誘いを入れるのが基本アクションです。

もちろん、遅すぎるアクションでは見切られてしまうこともあります。その場合は、数秒ほどルアーを放置しておきましょう。鯉が興味を示し始めたら、竿先を少しだけ上げてルアーにリアクションを付けます。

やる気のある鯉は、ルアーのリアクションバイトに思わず捕食してしまいます。活性が上がり、追い食いをしてくることもありますよ。

また、鯉釣りをする上での前提ですが人の気配を極力消すようにしましょう。ルアーはキャストをして誘う釣具なので、着水音があります。これだけでも、プレッシャーを与えてしまいがちです。そのため、しゃがみながらキャストをしたり、物陰に隠れながら鯉にアプローチしましょう。

特におすすめ!鯉釣りでおすすめなルアーとは?

続いて、鯉釣りでおすすめなルアーについて幾つか紹介します。基本的にはバス釣り、トラウト釣りで使用するルアーを使用します。

クランクベイト

クランクベイトはマッディ系の水質で釣りやすいルアーです。濁りがある中で、活性の高い鯉がベイトを求めて捕食してきます。

カラーは特別意識する必要がありませんが、サイズは5-7センチほどの中間サイズにしましょう。アタリに関しては、「ドンッ」とロッドに重みが乗るのでドラグを調整しながら駆け引きをしましょう。



丸みのあるクランクベイトはウォブリングも強いので、鯉に気付いてもらいやすいです。

シャッド

シャッドはミノーとクランクベイトの中間の位置付けで、キビキビとした動きを演出できます。

警戒心が高めの鯉には効果的で、ピッチの速い振動するアクションに好反応を示します。リアクションバイトを誘いやすいので、サイトでの鯉釣りに有効的です。



シャッドは巻きの釣りはもちろんですが、一瞬のリアクションを狙いやすいです。ここぞのポイントでは、シャッドを止めて誘ってみましょう。

スプーン

スプーンはトラウト用で使用する1.8-3グラムほどのサイズがおすすめです。フックに関しては、トラウト用では細すぎるので伸ばされてしまいます。

ですので、太軸のシングルフックを取り付けておきましょう。ボトムに放置をしておき、鯉が興味を示したらボトムパンピングのアクションで捕食させます。

もっとも釣りやすいルアーなので、初心者の方でも扱いやすいですよ。



小型なスプーンですが、吸い込むようにして捕食してくれますよ。適当なサイズ感であるフックを取り付けておきましょう。

ワッキーリグ

ワッキーリグは、ストレートワーム の真ん中付近にフックをセッティングする方法です。ワッキーリグは河川や野池で浮遊している鯉が食べてきやすいです。

障害物周りに付いている鯉に対して、静かにアプローチしてあげると捕食してくる傾向があります。



ミミズをイメージしてアクションしてあげましょう。フリックシェイクはワッキーリグ、ジグヘッド ワッキーリグにも対応しているので、使いやすいです!

ラバージグ

ラバージグはザリガニをイミテートしているルアーで、バス釣りにおいてはカバーフィッシングで用いられます。

鯉に関してもザリガニは好物な捕食対象で、ラバージグのフワッとしたアクションに好反応を示してくれます。濁っていたり、ザリガニが多く生息しているフィールドでよく釣れますよ。



ラバーが濃く、フックを確実に隠せていると鯉にプレッシャーを与えずアプローチできます。

手軽に始められる、ルアーの鯉釣りに挑戦してみよう!

撮影:筆者

今回は手軽に始められる、ルアーでの鯉釣りについて紹介しました。ルアーフィッシングは、日本ではバス釣りやトラウト釣り、ソルトフィッシングが主流です。

日本の淡水魚である鯉をルアーで狙うのは異質な感じがしますが、雑食性であるため小魚やザリガニも捕食しているのです。それゆえ、鯉が好むであろうルアーでもしっかりと狙えます。

さらに、この釣りはバス釣り用のタックルなど、持ち合わせのもので十分に始められるメリットがあります。ルアーで狙う大物釣りにぜひ、チャレンジしてみてくださいね。