出典:釣具のポイント

和歌山県は観光客も多い県で有名ですが、釣り人からも人気の高いエリアです。潮通しの良い釣り場が多く、シーズン中は釣り場所を確保するだけでも一苦労します。

今回は、そんな和歌山県の釣り場の中から絶大な人気を誇る、小浦一文字をご紹介します。初心者の方でも楽しむ事が出来る釣り場なので、ぜひチェックしてくださいね。

小浦一文字はこんな釣り場

出典:pixabay

小浦一文字は和歌山県中紀に位置する沖堤防で、魚種が豊富に狙える釣り場となっています。一年を通して様々な魚が狙えますが、人気な季節が夏~秋のシーズンです。

夏にはシイラ狙いの釣り人が多く、万力の愛称を持つシイラの引きを楽しまれています。 秋には青物やタチウオ、デカアジなど魅力満載のターゲットを狙う事が出来ます。

魅力溢れる小浦一文字へは照ちゃん渡船さんが船で渡してくれるので、まずは照ちゃん渡船さんに向かいましょう。

照ちゃん渡船さんを営業している従業員の方はとても愛想の良い親切な方々なので、分からない事があれば質問する事をおすすめします。

小浦一文字で楽しむ事が出来る釣法

出典:釣具のポイント

小浦一文字ではショアジギングで青物を狙ったり、タチウオを狙うといった釣り人が多いですが、フカセ釣りでのグレ狙いも人気となっています。また、春から夏にかけてはイサギの数釣りも狙う事が出来ますよ。

小浦一文字は水深が15~25mと深くなっているため、カゴ釣りでの釣果にも期待が持てます。様々な魚種が狙う事が出来るので、釣れるまでは何が掛かったか分からないワクワク感を味わう事が出来ますよ。

まだ釣りを始めたばかりの初心者の方は、サビキ釣りでも十分に楽しむ事が出来ます。アジやサバ、イワシ、時にはカマスが釣れる事もあるので、楽しめる事間違いありません。

サビキ釣りではオートマチックに針が掛かってしまうので、掛ける釣りをしたい方はアオイソメやオキアミをエサにした胴突き仕掛けもおすすめですよ。

小浦一文字で狙える魚

出典:pixabay

小浦一文字では様々な魚を狙う事が出来ます。小浦一文字で狙う事の出来る魚を下記のリストでご覧ください。

  • アジ
  • サバ
  • イワシ
  • カサゴ
  • メバル
  • カマス
  • シイラ
  • タチウオ
  • サゴシ~サワラ
  • ハマチ~ブリ
  • クロダイ
  • アイゴ
  • グレ
  • イサギ
  • アオリイカ
  • イシダイ
  • コロダイ

上記のリストを見ただけでも、とても豊富な魚種がいる事が分かりますね。ほとんどの魚が人気のターゲットなので、何が釣れても嬉しいのが喜ばしいポイントです。

コロダイを狙いたい方は夜釣りでの実績が高いので、夜にぶっこみ釣りで狙ってみる事をおすすめします。

シーズンによってばらつきはありますが、初心者の方でもシイラやブリなどの大物を獲る事が出来る可能性は大いにありますので、ぜひ大物を狙ってみてくださいね。

小浦一文字で気を付けたいポイント

出典:pixabay

小浦一文字では気を付けておきたいポイントがあります。事前に何を気を付けておくのかを知っておく事で、小浦一文字での釣りを存分に楽しむ事が出来ます。

難しいことではないので、ぜひ気を付けるべきポイントを押さえておいてくださいね。それでは早速チェックしていきましょう。

ライフジャケットはあらかじめ購入しておこう

沖堤防に渡る際には必ず必要となるライフジャケットですが、照ちゃん渡船さんではライフジャケットの貸し出し、販売を行っています。しかし、貸し出せる数、販売できる数には限りがあるのであらかじめ購入しておく事が望ましいです。

また、レンタル出来るライフジャケットは安全性は高いですが、キャストする際に動きにくかったりと利便性にどうしても欠けてしまう所があるので、腰に巻くタイプのライフジャケットを用意しておく事をおすすめします。

ライフジャケットは決して安いものではありませんが、一度購入すればどの釣り場でも使用出来、安全性もぐっと高まるのでお気に入りのライフジャケットを購入しておく事をおすすめします。

下記でご紹介しているライフジャケットは、筆者が愛用しているダイワ製のライフジャケットです。とても動きやすく、着用している事を忘れてしまうほどの快適さです。気になる方はぜひチェックしてくださいね。

シーズン中は出船時刻よりも早めに到着しておこう

夏~秋のシーズン中は、釣り人客がどっと押し寄せるため出船時刻よりも早めに到着しておく事をおすすめします。筆者の経験では、AM2時出船でAM1時に到着した時にはすでに恐ろしい行列が出来ていました。

1番船を逃し、2番船、3番船と遅れをとってしまうと、釣り座の確保が非常に厳しくなります。遅くとも2番船には乗れるようにしておく事を強くおすすめします。

内向きの釣り座を確保しよう

小浦一文字には内向きと外向きがありますが、間違っても外向きの釣り座を確保しない様にしましょう。小浦一文字の外向きは非常に足場が高く、6mのランディングネットでも全く届きません。

強靭なタックルで抜き上げる事を前提としている方や、落としダモを所持している方であれば問題ありませんが、基本は内向きの釣り座を確保するようにしましょう。

内向きの釣り座は足場も非常に良く、ランディングネットも問題なく届きます。内向きでもシイラやブリなどを問題なく狙う事が出来るので、安心して内向きの釣り座を確保してくださいね。

足場が途切れている場所に注意しよう

小浦一文字に到着すると左右に釣り座が広がっていますが、右側に進んでいくと突き当りになる場所があります。ここには足場がなくなっている場所があり、小浦一文字に到着してすぐは暗いため気付きにくい可能性があります。

ほとんどの方はヘッドライトなどを使用して地面を照らしながら歩いているので問題ないと思いますが、初めて小浦一文字に行く方は注意しておきましょう。

暗い状態で海に落水してしまうと、救助が難航し命を落としてしまう可能性が高くなるので、ライフジャケットの着用はもちろんの事、ヘッドライトなどのライト類を必ず身に着けておきましょう。

created by Rinker
GENTOS(ジェントス)
¥1,433(2020/09/24 15:59:46時点 Amazon調べ-詳細)

初心者の方でも小浦一文字を存分に楽しむポイント

出典:pixabay

小浦一文字はベテランアングラーからの人気の高い釣り場なので、初心者の方は自分が行っても大丈夫なのかな?と不安になる方もいらっしゃるかと思います。

ここからは、初心者の方でも小浦一文字を存分に楽しむ事が出来るポイントをご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。

ルアー釣りをするならショックリーダーは自宅で結んでおこう

小浦一文字ではルアー釣りが人気なので、ショアジギングやライトゲームで様々な魚を狙いたいという方は非常に数多くいます。初心者の方も同じ気持ちで、小浦一文字に行く気持ちになっていると思います。

小浦一文字は到着してすぐは真っ暗な状態になっている事がほとんどなので、到着してからショックリーダーを結ぶ事はとても大変な作業です。風が強い場合は、なおの事大変な作業になるので、事前に自宅で結んでおく事をおすすめします。

事前にショックリーダーを結束しておけば、ロッドにラインを通すだけで済むのでとてもスムーズに準備が進みます。

念のための防寒対策はしておこう

小浦一文字は夜中の段階で船を出してくれるので、早い段階で釣り座に着く事になります。夏の暑い時期であっても、沖に位置している小浦一文字はとても冷えるので羽織るものなどを用意しておく事をおすすめします。

どうせ暑いから大丈夫と思わずに、寒いと風邪をひいて釣りどころではなくなるという考えを持ち、「念のため」を常に頭に入れておきましょう。

筆者はいつも防寒対策に加えて、釣り針で指を怪我した際の消毒液や絆創膏、体調不良になった際の薬を持ち歩いています。

最低でも2タックルは持っていこう

小浦一文字では一度沖堤防に降りてしまうと、迎えの船が来るまで帰る事が出来ません。そのため、タックルを1つしか持っていっていない状態でタックルが破損してしまうと、ただ海を眺めるだけになってしまいます。

せっかく小浦一文字に着いても釣りが出来なければ悲しくなるだけですよね。そうならないためにも、タックルは最低でも2つ持っていく事をおすすめします。

もちろん、1タックルの方は小浦一文字に行ってはいけないという事ではありませんので、1タックルのみ持っていくという方は気を付けておく様にしましょう。

小浦一文字で釣りをとことん楽しもう!

出典:pixabay

小浦一文字は大人気の釣り場なので、釣り座を確保するだけでも大変かもしれませんが、一度行くと大人気の意味がきっと分かります。

また行きたい、また照ちゃん渡船さんの方々に会ってみたい、次こそは大物を釣ってやるという気持ちにさせてくれるのが小浦一文字です。

筆者も数多くの沖堤防に行った事がありますが、小浦一文字はトップクラスに楽しむ事が出来た釣り場です。釣り座の確保など大変な点があるにはありますが、それを考慮してもまた行きたいと思わせてくれます。

小浦一文字にまだ行った事のない方、初心者の方はぜひ小浦一文字に足を運んでみてください。こんなパラダイスがあったのかと思わせてくれる事間違いありませんよ。

釣りをする際はライフジャケットの着用を徹底し、安全な状態で釣りを楽しんでくださいね。