出典:写真AC

みなさんは、寒い時期のナイトゲームは気温が低くなりすぎて辛いと感じたことはありませんか?
夏のナイトゲームと冬のナイトゲームでは気温が大きく異なり、冬は寒さのせいで「日中しか釣りをしたくない」なんて思ってしまうこともありますよね。

ナイトゲームで狙うことが多いアジングですが、ここでは日中に楽しみたい方向けに攻めるべきポイントなどを紹介いたします。冬でも比較的あたたかい日中はアジングを楽しんでみてくださいね。

難しいといわれる日中のアジング

出典:写真AC

夜に比べ難しいといわれがちな日中のアジングですが、まったく釣れないということはありません。狙うべきポイントを知っておくと予想外に釣れることもあります。

サビキ釣りにおいて、遠投サビキが冬には有効とされています。これはアジのような魚は冬になると水温が安定しやすい深い場所を好んで生息するため、足元の浅場よりも、遠投して水深がある場所にルアーを投入することでよりアピールができるためです。

あたたかい時期のように数は出ませんが、サイズが出やすいのが冬のアジ釣りの特徴です。
アジ釣りをする方が少なくなる冬ではありますが、釣れないと決めつけることなく楽しんでください。

冬のデイゲームのポイント

デイゲームとナイトゲームは攻略するべきポイントが異なるといわれます。日中のアジングのポイントをまとめましたのでチェックしてみてください。

水深の深いところを狙う

ナイトゲームは表層から中層のアジを狙うことが多いですが、日中のアジは深いエリアに潜んでいるため、水深の深い場所を狙うことが基本になります。

また冬の特徴として、水深の深いところは水温が低くなり過ぎず、アジ以外にも豊富な魚が潜んでいるという点があります。冬の日中のアジ釣りでは浅いエリアではなく、水深があるエリアを選択し釣行にのぞみましょう。

有効アイテム!ワーム

日中でも食わせがよいとされるのがワームです。アジ以外にもメバルが食いつくこともありますよね。釣り場に着いたときには、まずはワームでアジの反応を確認したいですね。

有効アイテム!ジグヘッド

created by Rinker
オーナー(OWNER)
¥335(2020/09/20 21:51:56時点 Amazon調べ-詳細)

アジングでは1グラム以下のジグヘッドをよく使いますが、3グラムものジグヘッドは飛距離を出すことや、深いレンジを攻める際に有効なウェイトになります。アジングでは重いとされる2〜3グラムのジグヘッドは、冬のデイゲームで活躍しそうです。

飛距離を出して狙う

日中に少し大きなアジを狙いたい場合は飛距離を出して遠いエリアにいるアジを狙うことが基本になります。そのため、飛距離の出るメタルジグで効率よく探ることが有効です。
ワームで届かないエリアは、ルアーの種類をよく検討しながら狙ってみましょう。

有効アイテム!マイクロジグ

created by Rinker
ジャクソン(Jackson)
¥509(2020/09/20 21:51:57時点 Amazon調べ-詳細)

小型のシルエットのためよく飛ぶことがマイクロジグのメリットです。アジングは夜にはワーム中心の攻め方になりますが、日中はこのマイクロジグが大活躍します。軽いキャストで気持ちよく飛んでいき、フグからの猛攻でも痛まない耐久性もうれしいです。

ジグサビキで狙う

出典:写真AC

マイクロジグに比べ、より飛距離に優れるジグサビキを使うといった方法もおすすめです。冬にはアジに限った狙い方は難しいですが、小型のセイゴが掛かることがあり、なにが釣れるかわかならい期待感と楽しさがあります。

ナイトゲームで使うことが少ないジグサビキは、日中に使うルアーの最後の切り札として適しているかもしれません。冬の日中のアジングにはぜひジグサビキも選択肢のひとつとして検討してみてください。

有効アイテム!ジグサビキ

アジ狙いで最も飛距離が出るルアーはジグサビキかもしれません。日中に遠くにいる大きなアジを狙いたい場合には積極的に使いたい仕掛けです。

よく釣れる場所まで遠征する

「この場所では釣れにくい」と感じるときには、思い切って場所を変更してみましょう。遠征は気分もリフレッシュされ、冬の寒い過酷な環境であってもモチベーションを高く保つことができるでしょう。

ベイトの数が減る冬は、暖かい時期に比べてアジングが難しい季節といわれます。アジングのようなライトゲームは近くの漁港で手軽にできることが魅力ですが、難易度があがる時期にはプレッシャーの少ないところや、魚影が濃いとされる場所へ足を運ぶことも有効です。

まとめ

寒い時期の釣りはモチベーションが下がってしまいがちですが、日中であれは寒さがゆるむこともあり、防寒対策をすれば冬でも快適に釣りをすることができそうです。

冬はアジングのイメージが少ないかもしれませんが、オフシーズンではありません。寒い時期にはナイトゲームを控える方は、「狙っている魚が日中には釣れないか?」「釣れるコツはないか?」など探りながら釣りを楽しんでください。