出典:unsplash

みなさんはロッドの柔らかさにこだわりを持っていますか?

現在では専用ロッドにおいても幅広いロッドの硬さが販売されてありますが、なぜロッドの硬さが数種類に分かれているか知っていますか?硬いロッドが好きな方、柔らかいロッドが好きな方と好みが分かれるのも、それぞれの特徴が異なるためだと思います。ロッドの特性を活かしてバイトからキャッチまでの成功率をあげることができるとうれしいですよね。

釣りにおいてロッドは重要な役割を果たし、ロッドの性能によりモチベーションも変わることがありますので、多種多様なロッドを使ってみることもおすすめです。

ここではそれぞれのロッドの特徴やメリットなどを紹介いたしますので、ロッド選びの参考にしてみてください。

柔らかいロッドのメリット

出典:写真AC

バイトをはじくリスクが少ない

竿先は反発が少なく曲がりますので、バイトの際に乗らないといったことを少なくすることができます。

誰もが後悔するバラシの回数を少なくしたい方はいつもより少し柔らかいロッドを選んでみてもよいかもしれません。

軽いルアーがよく飛ぶ

柔らかいロッドは軽いルアーでも程よくしなり、反発力が活かされます。このため軽いルアーを使う、アジングやメバリング、トラウト用のロッドは柔らかく作られているモデルが多いです。

ロッドの硬さにより取り扱うことができるルアーのウェイトが異なり、飛距離も大きく落ちてしまうことがありますので、適切な硬さのロッドを使いたいところです。

軽量モデルが豊富で扱いやすいロッドが多い

柔らかいロッドはパワーの少ないロッドとも言え、ロッドが細めにつくられていることが多いです。特にカーボンロッドは驚くほど軽いため女性や子どもにはうれしい仕様。ロッドを握るのが毎回楽しみになりそうです。

魚の引きがダイレクトに伝わる

柔らかいロッドは魚が暴れる様子がダイレクトに伝わり、小さい魚であっても大物が掛かったかのような衝撃が楽しいです。ロッドの曲がりも大きく、強いファイトを味わいたい方はあえて柔らかめのロッドを選ぶこともあります。 引きの強さは多くのアングラーが楽しみにしていることですが、ロッドの硬さによっても伝わり方に違いがあるということをおさえておきましょう。

柔らかいロッドのデメリット

ボトムを取るのが難しい

柔らかいロッドは水中の岩や障害物など硬いものに当たった衝撃を逃がしてしまうことがあります。そのため、シンカーをボトムに落とし地形を探るようなことは向いていません。

強引に引き寄せることが難しい

パワーのあるロッドではないため、大物が掛かった場合にはファイトの時間が長くなってしまうことがあります。そのため大物狙いの場合は、ある程度の硬さのロッドが適しています。

硬いロッドのメリット

出典:写真AC

ボトムを取りやすいため、ボトム狙いの釣りに使いやすい

硬いロッドはごつごつと硬いものに当たった感触が伝わりやすいです。

ボトムを攻めるスタイルの釣りにはある程度の硬さのロッドが使いやすいかもしれません。

重いルアーや仕掛けを投げることができる

硬いロッドは反発力が高く、ロッドのしなりを活かして重いルアーを楽にキャストすることが可能です。このように、重いルアーなどを投げる場合は硬いロッドでないと適切な飛距離を出すことが難しくなります。

飛距離を出すためにはアングラーのテクニックの他に、適切なロッドとルアーのバランスが重要です。

硬いロッドのデメリット

軽いルアーを使うと飛距離が出ない

硬いロッドを使うと軽いルアーとの相性が悪く、うまく反発力を使うことができないためしなりを活かした遠投が難しくなります。 ロッドとルアーの適切なバランスが取れていないと飛距離は出せないものです。そのためそれぞれの釣りに適したロッドを数本持っておくとアンバランスになることが少ないです。

バイトをはじきやすくなる

強引なやり取りができる、フッキングが決まりやすいといったメリットがありますが、バイトをはじきやすいといったデメリットがあります。

どのようなことを優先するかはアングラーの考え方や経験によっても違いが出ますね。

自重のあるモデルになりがち

硬いロッドは頑丈なロッドともいえるため、その太さは太く、重量も重くなることが多いです。ロッドには重さを重視するかパワーを重視するか、悩みどころですね。

まとめ

出典:unsplash

硬いロッドや柔らかいロッドにはそれぞれの特徴があり、メリットやデメリットも様々あります。2種類を使ってみてどちらが使いやすいか比べてみてもよいかもしれません。

対象魚によってもロッドの硬さのアベレージは変わりがちで、大きい対象魚になるほどロッドの硬さが強くなる印象があります。

魚とスリリングなやり取りをしたいのか、主導権を渡さず強引にキャッチしたいのかを分ける鍵にもなるロッド選び。様々なものを使ってみると、釣りの楽しみ方のパターンが増えるきっかけになるかもしれません。