出典:写真AC

ダウンショットリグは冬でも効果的なリグです。今でこそ定番中の定番となりましたが、ワームが上、シンカーが下という画期的なシステムが冬でもバスを釣る可能性を高めてくれます。

当記事では、ダウンショットリグが冬でも効果的な理由を紹介すると共に、ダウンショットリグで冬のバスを釣るコツや秘訣などもお伝えします。

ダウンショットリグが冬にも効果的な理由

1.サスペンドしたバスにも有効

ダウンショットリグはリーダーの調整次第で、サスペンドしたバスの鼻先でワームをアクションさせることができます。冬場のやる気のないバスには、これでもかとネチネチアクションすることが時に有効なのでバスの鼻先で誘えるのは非常にメリットです。

また、リーダーを長くすればボトムを切った付近の少しやる気のあるバスも狙えます。冬場のボトムべったりのバスは著しく活性が低いので、状況次第ではリーダーを長くとるのも良いでしょう。

2.1点でじっくり誘うことができる

ダウンショットリグの強みである1点シェイクは、冬場に有効なテクニックの一つです。基本的に冬のバスはスローに誘うのがベターなので、冬のハニースポットやストラクチャー・カバー周りなど、ここぞという場所でのシェイクやステイが効きます。

リーダーがある分移動距離を抑えてシェイクできるのは他のリグにないメリットです。

3.リアクションも狙える

ヘビーダウンショットリグ、通称ヘビダンにすればリアクションバイトを狙うこともできます。

冬のバスはスローに誘うのがベターである一方、食性に訴えても全く反応が無いという場合もあるので、そんな時はリアクションで反射的に口を使わせるというのも効果的です。

シンカーは場所にもよりますが、1/4oz付近がおすすめです。ストンと落としてフォールでバイトを狙うのも良いですし、急にホップをさせたりするのも良いでしょう。この場合は、とりわけリアクションを意識した動きを加えるのがポイントです。

ダウンショットリグで冬のバスを釣るコツや秘訣

1.アタリを見逃さない

冬のバスは低活性なため自ずとバイトも微妙なものが多くなります。モサッとただ重くなるだけのバイトもありますし、ラインの出が止まったりと手に感じないバイトもあります。正直、これらを見極めるのは非常に難しいので違和感を感じたら合わせるというのも手です。

特にモサッと重くなる系のバイトは根掛りと区別するのが難しく、合わせたら根掛りということもあります。ただ、この時ラインを張ってアタリを聞いたり、スィープフッキングにすれば根掛りだとしても回収できる可能性は高くなります。この辺りは、ベストということはなく、やりやすい方法を見つけていくしかありません。

とにかく、冬はアタリが何度もないので見逃さないことが重要です。

2.ティップが柔らかいロッドを使う

先程の「アタリを見逃さない」ということにも関連するのですが、バスのバイト時間を伸ばす工夫をするというのもコツです。

そして、おすすめな対処法の一つがソリッドティップやライトパワーのロッドなどティップが柔らかいものを使うということです。

バスは違和感があるとルアーを離してしまうので、ティップが硬いと食い込みが悪くなります。その点、ソリッドティップなどのロッドを使えば食い込みが良くなりフッキングまでの間が多少なりとも稼げます。

アタリがよく分からない、という初心者の方にぜひ試してほしい対処法です。

3.深場・風裏・温排水を探す

ダウンショットリグは冬でも釣れるリグではありますが、やはりバスがそこに居なければ絶対的に釣れることはありません。そのため、当然ではありますがまずはバスが居るであろうポイントを探すことからです。

冬の代表的な一級ポイントとしては温排水が流れ出る場所や風裏、深場などが挙げられます。ですが、ストラクチャーやカバーが複合的に絡んだポイントは冬でもバスが着いている可能性は十分にあります。丹念に根気強く探っていきましょう。

釣り方も大切な要素ですが、場所の見極めも大切です。

ダウンショットリグにおすすめのワーム3選

1.ゲーリーヤマモト レッグワーム2.5インチ

ダウンショットリグとの相性が良いワームといえばレッグワームです。

おすすめの使い方としては2パターンで1つ目はズル引き。ゆっくり底を引いてきて何かに引っかかり外れた後のバイトを待つ、という使い方です。

もう一つはシェイクしながらゆっくり巻いてくるという使い方です。状況によって使い分けると良いでしょう。

created by Rinker
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)
¥846(2020/11/25 21:23:44時点 Amazon調べ-詳細)

2.ゲーリーヤマモト 4インチカットテール

4インチカットテールの凄さは、もはや説明不要ですが、ダウンショットリグとの相性も抜群と言えます。

ズル引きでも釣れますし、シェイクでもボトムパンピングでもOKです。さらには、細かくシェイクさせながら巻くことでサーチベイト的な使い方もできます。ダウンショットリグにセットするワームでも迷ったらこのワームでも良いでしょう。

3.ビバ サターンワーム

サターンワームもダウンショットリグでこそのワームです。特にマス針にセットしてアクションさせればベイトフィッシュそのもの。シェイクでじっくり誘うにも向いていますし、フォール中にもバイトが期待できます。

コスパが良いのも嬉しいところです。陸っぱりアングラーには有り難いワームです。

もはや困った時はダウンショットリグ

ダウンショットリグは、冬でも釣れるリグです。今でこそダウンショットリグは定番となりましたが、このリグが発明された時は他のリグとの釣果の差に驚いたもの。困った時はダウンショットリグを使うという方も多いのではないでしょうか。

また、ダウンショットリグは初心者にもおすすめのリグです。釣れなくてどうしたら良いか分からなくなったら、このリグに頼るのも良いでしょう。

最後に、ダウンショットリグが無かったら今頃どうなってたことやら。