出典:写真AC

冬にハイシーズンを迎えるヒイカはサイズが小さく引きも強くありませんが、釣り人に人気の対象魚です。なぜ、寒い時期にわざわざ小さなイカを釣りに行くのでしょうか?それは、小さいながらも釣り人を虜にしてしまう魅力を持っているからに他なりません。今回は、そんな魅力的なヒイカ釣りについてご紹介します。

ヒイカの釣り方

ヒイカ釣りは「エサ釣り」と「エギング」の二通りに分かれます。どちらもゲーム性が高く面白いので、自分に合った好みの釣り方で挑戦することができます。初めての人は仕掛けが簡単なエギングがおすすめです。

仕掛け①:エサ釣り

出典:著者

ヒイカは小型なので大掛かりな仕掛けは必要ありません。小型のウキを使ったウキ仕掛けが一般的です。夜釣りがメインとなるため、視認性のよい電気ウキがおすすめ。大きな浮きでは浮力が強すぎてアタリが出にくいので注意しましょう。釣り針はヒイカ専用の掛け針が市販されているのでそちらを使用します。

釣り竿

4m前後の磯竿を使用します。水深の浅い場所であれば、シーバスロッドや渓流竿でも代用できます。

リール

スピニングリールの1000番以上であれば問題ありません。遠投する必要はないので糸巻き量も50m程度で十分釣りができます。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥11,415(2020/09/26 06:02:05時点 Amazon調べ-詳細)

ライン

引きは強くないので太いラインは必要ありません。ナイロンラインの2号前後を用意しましょう。

電気ウキ

ヒイカの繊細なアタリでもわかる小型のものがおすすめです。

created by Rinker
冨士灯器
¥1,057(2020/09/26 06:02:07時点 Amazon調べ-詳細)

掛け針

ヒイカ専用の掛け針を使います。サイズが小さいので、アオリイカ用などの仕掛けでは針掛かりしません。

created by Rinker
ヤマシタ(YAMASHITA)
¥504(2020/09/26 06:02:07時点 Amazon調べ-詳細)

ヒイカ釣りのエサ

ヒイカのエサ釣りではシラサエビを使用します。活エビの方が明らかに反応がよいため、釣具屋で事前に購入して活かしバケツに活かしておきましょう。

釣り方

専用の掛け針にエビを通し刺しにして投入します。イカがいるタナ(水深)がわかるまでは細目にウキ下を調整して探り、反応があったタナを重点的に攻めるようにしましょう。イカが仕掛けをつかむと「ジワー」とウキが沈んでいきます。魚のようにわかりやすいアタリではないので要注意。少し様子を見てしっかり仕掛けをつかんでいるようであれば、軽く竿を立てて抜き上げます。強く合わせると身が切れてバレてしまいます。

仕掛け②:エギング

出典:著者

ヒイカ釣りではエギングも人気があります。仕掛けがシンプルなので、初めての人にもおすすめです。

釣り竿

エギング用のロッドの中でも柔らかいものを使います。パワーはL(ライト)、長さは6~8フィートあれば問題ありません。メバルやアジングロッド、バスロッドでも代用できます。

リール

1000番以上のスピニングリールをおすすめします。基本的に遠投することは多くありませんが、水深のある場所を広範囲に探る場合は糸巻き量が50m以上ある方が安心です。

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥11,415(2020/09/26 06:02:05時点 Amazon調べ-詳細)

ライン

created by Rinker
クレハ(KUREHA)
¥871(2020/09/26 06:02:09時点 Amazon調べ-詳細)

フロロカーボンの4lb前後が使いやすくおすすめ。好感度かつ飛距離の出るPEラインもよいのですが、ライントラブルが多いため玄人向きです。

エギ

小型のエギを使用します。イカのサイズと水深に合わせて2号前後を使い分けましょう

釣り方

エギをキャストして、沈め、シャクる。これが一連の動作になります。最初は表層、中層、下層と探っていき、アタリがあった場所を丹念に狙います。アタリは繊細でわかりにくいため、ラインが少しでも動いたり違和感があったりなどしたら軽く合わせを入れましょう。

ヒイカはどんな場所で釣れるの?

ヒイカは漁港内の常夜灯付近が1級ポイントです。光に集まる習性があり、エサとなる小魚も多いためヒイカ狙いでは外せません。また、船周りやスロープ周辺にいることも多いので、常夜灯で反応がなければそちらもおすすめです。

ヒイカが釣れる季節と時間帯は?

ヒイカは晩秋から冬がベストシーズンとなります。この時期に漁港をのぞくと群れを成して泳ぐヒイカを見ることができます。夜行性のため、夜釣りがメイン。予想以上に冷え込むので防寒は怠らないようにしましょう。

まとめ

ヒイカは引きこそ強くありませんが、こだわればこだわる程、釣果に繋がるゲーム性の高い釣りです。群れでいることが多いので、ヒットパターンがわかると連発することも珍しくはありません。ヒイカは魚の活性が渋い冬場でも大漁を味わわせてくれる癒やしの存在と言えるでしょう。