出典:写真AC

ヒイカはアオリイカやコウイカといったメジャーどころの陰に隠れがちですが、実は釣り味、食味ともに人気の高いイカです。釣りものが減る冬場でも数釣りを楽しむことができ、ルアー、エサ問わず狙えるので、とても貴重な存在と言えます。そんな、あまり有名ではない影の人気者、ヒイカの特徴や生態、調理法についてご紹介します。

ヒイカとは?その特徴は?

ヒイカはツツイカ目ヤリイカ科に属すイカで、ジンドウイカと呼ばれることもあります。他にも地域によって、コイカやアカイカ、ケンイカ、テクビイカ、ハナイカ、ボウズイカとも呼ばれ、親しまれています。全長は12cm前後と小柄。体には小さな斑紋が散在しており、体色は基本的に透明ですが、周囲の状況に合わせて変化させます。エサを見つけて興奮しているときは褐色が濃く現れます。

ヒイカの生態や生息地

ヒイカは北海道南部以南であれば、全国的に生息しています。潮の流れの速い場所よりも、湾内部を好み、足の中でも特に長い“触腕”を使って巧みに小型の魚類や甲殻類を捕食。夜行性のため昼間は水深の深い場所であまり活発には動き回りません。夜になるとエサを求めて浅場に移動するので、小魚の集まる常夜灯付近ではヒイカの群れを見ることもできます。繁殖期は地域によって異なりますが、一般的に春~夏にかけて繁殖することが知られています。

コアなファンもいる人気のヒイカ釣り!

View this post on Instagram

今日はだめじゃ〜釣れん #ヒイカ

A post shared by hiroaki (@hiroaki.tsuridaisuki) on

ヒイカは釣りの対象として人気があります。冬の釣りものが少ない時期に狙えるのも、その理由の1つ。さらに、エサ釣りだけでなくエギを使ったエギングでも狙えるため、好きな釣法で楽しめるのも嬉しい点です。群れでいることが多いので、1匹釣れると連続で釣れることも珍しくはありません。

また、ヒイカは夜行性なので、夜釣りがメインとなります。非常に冷え込むため、寒さ対策は怠らないようにしましょう。釣った後はもちろん実食。釣りたてのヒイカが食べられるのは釣り人の特権です。味に定評があるので、是非、一度味わってみてください。

ヒイカはどんな味?

出典:写真AC

ヒイカは1年を通して味の変化が少なく、美味しくいただくことができます。小ぶりながらもしっかりと甘みがあり、食感も申し分ありません。小さいので捌くことなくそのまま調理することもできるため、面倒がなくお手軽なところも高評価です。

旬の時期は?

旬の時期は地域によってことなりますが、寒くなる冬~春と言われています。漁獲量が最も多いものこの時期です。

ヒイカのおすすめの調理法3選!

冬の味覚であるヒイカ。とても美味しく、丸ごと食べられる優秀な食材です。寝かせるとより甘みが出て当然美味しいのですが、新鮮だからこそ味わえる調理法もあります。今回はヒイカが手に入ったら挑戦してもらいたいおすすめの調理法を3品ご紹介します。

沖漬け

沖漬けとは生きた状態のイカをそのまま調味液に漬け込む調理方法です。釣りたてのものでしか作ることができないので、まさに“釣り人の特権”と言っても過言ではありません。あらかじめ醤油と酒、みりんを煮立たせたものを用意しておけば、後は釣ったそばから漬け込むだけです。ポイントは漬け込む前によく墨を吐かせること。墨が混じると生臭くなってしまいます。釣り終えて帰る頃には美味しい沖漬けの完成。酒の肴にぴったりの1品です。

刺身

鮮度のよいヒイカの刺身は格別です。コリコリとした食感と甘みが口いっぱいに広がります。イカにはアニサキス(寄生虫)が潜んでいることがあるので、細かく包丁を入れることでリスクを減らすことができます。

煮つけ

View this post on Instagram

#ヒイカの煮付け# うまうま~🤩

A post shared by Itoigawa Hitomi (@nyantomi) on

ヒイカと言えば、煮つけは外せません。水洗いをして汚れを落としたら、そのまま煮汁へ投入。調理の手間もなく、丸ごと味わえるヒイカならではの調理法です。目は硬いので、あらかじめ取り除いておくと一層食べやすくなります。内臓が苦手な人は煮つける前に外しておくことをおすすめします。

まとめ

ヒイカは小ぶりでちょっとマイナーかもしれませんが、魅力がたくさん詰まっています。少し寒さの和らいだ冬の晩に漁港を覗いてみてください。ヒイカが群れを成して待ち構えているかもしれません。釣って楽しんだ後は、お酒にも合うヒイカ料理で乾杯しましょう。