出典:写真AC

サンマと言えば秋の味覚として有名ですが、岸から釣れることをご存知でしたか?船の漁で漁獲されることは知っていても、釣りの対象とされていることはあまり知られていません。実は北海道や東北では簡単な仕掛けや釣り方で、あの美味しいサンマが釣れてしまいます。そんな、意外と知られていない岸からのサンマ釣りをご紹介します。

サンマの釣り方

サンマの釣り方はとても簡単です。難しいことは一切なく、だれにでも挑戦することができます。基本的に市販の仕掛けを結ぶだけなので、初心者の方でも心配ありません。思った以上に引きが強く、複数が一度に掛かることもあるため、意外とエキサイティングな釣りです。

仕掛け: サビキ

出典:著者

サンマ釣りではサビキ仕掛けを使います。サビキはアジなどの小物を釣るときによく使われる一般的な仕掛けです。釣具店であれば置いていないところはなく、比較的安価で購入できます。ただ、サンマは引きが強いため、やや太めの仕掛けを準備するようにしましょう。

サンマ釣りのエサは?

サンマ釣りではサビキ仕掛けを使うので付けエサは必要ありません。サンマを寄せるためにコマセ(オキアミや粉エサ)を使うと、群れが散りにくいのでおすすめです。

釣り方

サンマは表層を回遊しているので水深1~2mを狙います。遠投する必要はなく、足元に投入するだけでOK。活性が高ければコマセなしでも釣れますが、反応がよくない場合はコマセカゴにコマセを入れてサンマを寄せましょう。基本的に待っていれば掛かります。時折、軽く竿をあおってしゃくると、よりアピールできるので効果的。

また、群れで回遊しているため、1匹が針に掛かっても上げずにそのまま置いておくことで、次々と掛かることがあります。焦らず2匹、3匹と掛かってから取り込むようにすると効率よく釣果を伸ばすことができます。

サンマ釣りのタックル

出典:写真AC

サンマ釣りでは大掛かりな仕掛けは一切必要ありません。遠投することは滅多になく、ポイントも足元なので、リールを使わず渓流竿1本で釣ることもできます。ここでは、タナ(魚のいる水深)の調整が簡単なリールを使ったタックルをご紹介します。

ロッド

磯竿やシーバスロッド、エギングロッドなど、極端に柔らかくなければどんなロッドでも問題ありません。あまり短いと釣りにくいので8フィート以上あるロッドが望ましいです。

リール

遠投することもなく水深も表層なので、糸巻き量は必要ありません。そのため、1000番程度の小型のリールでも十分に楽しむことができます。安価なものであれば数千円で購入することも可能です。

サンマはどんな場所で釣れるの?

サンマは漁港で釣るのが一般的で、時期になると群れで漁港に入ってきます。当然ですが群れがいなければ、いくら頑張っても釣れないので情報収集が肝心。釣具店でサンマが接岸しているかどうか確認、もしくは実際に釣り場で釣り人に聞いてみるとよいでしょう。また、サンマは表層を泳ぐので、目視でいるかどうか確認しながらポイントを探すのも効果的です。

サンマが釣れる季節と時間帯は?

出典:写真AC

サンマは地域によって接岸する時期が大きく異なります。メインとなる北海道や東北地方では秋~冬が狙い目。時間帯は昼間、夜間問わず釣ることができます。情報が少ない場合は魚影が確認できる昼間がおすすめ。また、非常に冷え込むので防寒はしっかりと準備するようにしましょう。

新鮮なサンマは味も格別!

サンマと言えば言わずもがな美味しい魚です。特に釣って間もない新鮮なものは味も格別。滅多に味わうことができないので、まさに釣り人の特権と言えます。時期にもよりますが、もし脂が乗っていない場合は、塩焼きよりもフライや唐揚げといった調理法がおすすめです。

まとめ

View this post on Instagram

サンマゲット!! #サンマ釣り

A post shared by Youta Midorikawa (@youutta) on

食味に重きを置かれるサンマですが、釣っても楽しい魚です。群れに当たると次から次へと針に掛かることも珍しくありません。群れの接岸状況に左右されるので、いつでもどこでも釣れるわけではありませんが、もし釣果情報があれば是非、足を運んでみてください。大漁であれば、贅沢なサンマのフルコースも夢ではありません。