出典:写真AC

バス釣りはルアー釣りの代表格の対象魚ですが、「生エサを使うとどれぐらい釣れるんだろう?」なんて疑問を一度は感じたことはありませんか?
どの季節でもバスをルアーで狙う場合には一定の難しさがありますが、冬はバスが最も釣れにくい時期とされ、オフシーズンと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

そこでこの低活性の時期に、生エサを使ったバスの数釣りを楽しんでみませんか?ルアー釣りとは違う魅力やエサ釣りならではの楽しさを感じられるかもしれません。

バスの生エサ釣り…メリットは?

出典:写真AC

ミミズを使うとバイトの数がルアーに比べ大幅に増えることが多く、数釣りも可能です。「ルアーでバスが爆釣した」ということはハイシーズンであってもそう多くありません。
筆者も長くルアーを使ったバス釣りをしていますが、いつ行っても「やはり甘くないな」と感じることがほとんどで、バス釣りは難しい印象があります。

しかしミミズを使うと、「こんなにも簡単にバスが釣れるのか?」なんてびっくりするときもあります。ルアー釣りではボウズの確率も高いのですが、ミミズを使うと小さいバスやギルは高確率で釣れます。

小さなミミズに似せたワームと生エサのミミズを使用する場合の最大の違いとしては、ワームはバスがバイトしてもすぐに吐き出すことが多く、フッキングがなかなか決まりません。これは「乗らない」という表現を使う方もいます。
そのためフックに掛かったと思い巻き上げても、魚はフックに付いていないことが多く、空振りになってしまいがちです。

対して生エサを使うミミズ釣りはバスがミミズを少しずつ食べることでフックにかかりやすいです。特に小さいバスの場合は、一口でミミズを飲み込めるというわけではなく少しずつちょんちょんとミミズを食べます。
また何度もワームをバスの目の前に落とすと、しばらくすると反応すらしなくなります。これは、魚が学習するためです。

魚の釣ってみたいという方にとって、ミミズ釣りは釣れる確率の高い釣りです。ルアーに対しての活性が低い冬の季節でも、ミミズ釣りは一定の釣果が期待できるでしょう。

良く釣れる楽しいエサ釣り…デメリットは?

筆者の感想ですが、エサ釣りにおいてゲーム性は皆無に近いです。これは釣れ過ぎるといったことが多くあるためです。

バス釣りはゲーム性の高さが好きな方もおり、長時間粘って釣れた1匹は感動にも近いものがあります。このように難易度が高い中で釣りあげることによる喜びを感じたいといった方は生エサを使う釣りには向かないと思います。

またバス釣りではメジャーな場所に行くほど、ほぼ全員がルアーを使った釣りをしているといっても過言ではありません。その中で、バスのミミズ釣りをすることは少数ゆえになんだか引け目を感じることがあるかもしれません。

アングラーの中には「バスはルアーで狙うのが普通」という考えをお持ちの方もいます。実際にアメリカのプロが集まるバスの大会では、ルアーの釣果のみ記録されます。つまりミミズで大きいバスを釣ったところで1匹にカウントされません。
このようなことからもバスのミミズ釣りがあまりメジャーにならない理由のひとつかもしれません。

さらにエサの確保や、その都度購入することが面倒に感じることがあるかもしれません。生きエサは鮮度が大事なので、ルアーのようにロストに備えまとめ買いということはできません。
また生エサ特有の、「手が汚れる」「手に臭いがつく」ということがあります。虫エサが苦手な方は抵抗があるかもしれません。

ミミズ釣りのおすすめ仕掛け

バスのエサ釣り仕掛けは、種類は少ないですが市販されています。

created by Rinker
ささめ針(SASAME)
¥836(2020/09/29 02:32:37時点 Amazon調べ-詳細)

ミミズ釣りのおすすめ仕掛け ウキ

created by Rinker
ナカジマ
¥198(2020/09/29 02:32:45時点 Amazon調べ-詳細)

バスのミミズ釣りはウキを使用するとアタリがわかりやすいです。ウキから下の長さは水深に合わせ、ミミズがボトム付近に位置するようにセッティングします。
アタリがしばらくない場合にはウキ下の長さを調整し、ルアー釣りと同じようにレンジを替えながら狙ってみましょう。基本的には中層からボトムの間でヒットが出やすいです。

まとめ

出典:写真AC

筆者もルアー釣りを多くしていますがたまにエサ釣りをすると十分に楽しむことができます。特にルアー釣りで何日も釣れない日が続くと小さくても良いから魚の引きを味わいたいなと思うことができます。

初心者の方は初めてのバスを釣るのに半年から1年以上かかる方もいますので、どうしても釣りたい場合は生エサのミミズを使ってみることをおすすめします。

バスをミミズで狙う方は少数ですが、全国にいらっしゃいますし禁止されている釣り方法ではありません。
バスをどうしても釣りあげたい方や、バスのルアー釣りを始める前にバス釣りに興味をもってもらうことができるきっかけとして、バスのミミズ釣りをおすすめいたします。

>>逃がさないぞ冬のバス!関連記事はこちら