撮影:筆者

通常、バス釣りというと「ラージマウスバス」を思い浮かべると思います。しかし、関東を中心に比較的綺麗な河川では近年、「スモールマウスバス」と呼ばれる口のサイズが小さめのブラックバスが釣れています。

この記事では、川を主な生息域としているスモールマウスバスの釣り方について詳しく紹介します。

川に生息するスモールマウスバスの特徴

出典:筆者

川に生息しているスモールマウスバスは「虎」とも呼ばれる異名を持っています。理由としては、体色が黒光の茶褐色をしているためです。

また、スモールマウスバスは水中でエサとなりそうな物を見つけると興味津々に近付いて捕食行動を取ろうとします。引きごたえに関しては、ラージマウスバスより断然に強く、川で鍛えられた身は筋肉質になっています。

川のスモールマウスバスが生息するポイントとは?

川のスモールマウスバスが生息するポイントとしては、主に速く流れるポイントトロ場のような緩やかな流れが形成するエリアを見つけるのがコツです。
小型から中型サイズのスモールマウスバスはシャローで速い流れのポイントから、深場になるトロ場付近を回遊している傾向にあります。他方、40センチを越す大型サイズになると激流の中でベイト(小魚)を待ち伏せていることが多いです。

基本的には、川の本流で釣れると考えて頂いて良いです。ただし、テトラ帯や岸壁のエグレなども格好の住みかにしている場合もあります。身を寄せておきながらエサが流れてくるのを待っているので、丹念に攻めたいポイントになります。

川でスモールマウスバスを釣る方法について

川のスモールマウスバスを釣るために大前提となるのは、エサがフィールドにいるかどうかです。スモールマウスバスの食性は非常に強く、小さな口であってもラージマウスバスよりも捕食量は多いぐらいです。
ゆえに、スモールマウスバスを確実に釣るためにはベイトやエビなどが水中に生息しているかを確認しましょう。

ベイトに関しては、群れで泳いでると高確率で周辺にスモールマウスバスがいる可能性があります。また、朝夕のまずめの時間帯になるとベイトがスモールマウスバスに追われて水面でバシャバシャとしているシーンを見かけます。高活性なスモールマウスバスが泳いでいる証拠なので、ベイト系のルアーなどで誘ってみましょう。
一方、エビ系に関しては大岩や小石、ウィードなどが形成されているとエビの生息率が高いです。日中のスモールマウスバスは手軽に捕食できるターゲットを探しているので、川エビやザリガニは絶好のエサになります。

ベイトを意識したハードルアーの釣り

ここでは、実際にベイトを意識したスモールマウスバスを釣る方法について解説します。

ベイトのサイズはおおよそ5-10センチ程度になることを想定しておきましょう。そこで、シャッドやミノー、ビックベイトなどの強烈なフラッシング効果のあるルアーを用います。急流なポイントも多いので、流れに負けないスペックのルアーを選びたいです。

川の瀬になる落ち込みや深場周辺、障害物となる周辺にハードルアーを通してみましょう。ほとんどの場合は身を隠せるポイントに隠れていて、勢いよく飛び出してアタックしてきます。リトリーブスピードは超高速の早巻きが効果的で、スレにくい状態でバイトさせるとフッキング率も向上します。
その上、ストップ&ゴーやジャークアクションも良く釣れますよ。

安定のスイミング姿勢を出してくれるので、操作性が抜群に良いです。

小エビを意識したワームの釣り

小エビを意識したワームの釣りでは、2-3インチクラスのシュリンプ系ワームが特におすすめです。ベイト系のルアーは大きめでも捕食してきますが、目の良いスモールマウスバスはエビ系のワームに関して、しっかりとエサかどうかを見抜いてるのが分かります。つまり、大きすぎても小さすぎても違和感なのでフィールドに生息しているエビのサイズに合わせてあげると釣果も伸びます。

リグはスプリットショットリグやダウンショットリグにして、川の流れに沿ってドリフトさせながら狙います。オモリの重さは1.5-3g程度を目安に、流れの速さと深さからゆっくりとリグが流れるくらいのオモリを選びましょう。

狙い方のコツとしては、驚くことにほとんどロッドアクションを加えないことです。時折、小石などの障害物にリグが挟まってしまう場合があります。そのような際は、ロッドを煽るようにしてリグを外してあげます。リグが小石から外れるとエビが逃げたようなアクションになり、スモールマウスバスが好反応を示すケースがあります。

抑え目なシルエットですが、釣れる要素がたっぷり詰まっています。繊細なアクションを生み出すので、スモールマウスバスが思わずバイトしてくるワームです。

強烈な引きが面白いスモールマウスバス釣りに挑戦してみよう!

出典:筆者

この記事では、強烈な引き応えが楽しめる川でのスモールマウスバス釣りについて紹介しました。スモールマウスバスは一般的に川を住みかとしている魚で、流れが速い所でも生息可能です。
ラージマウスバスとは違う釣りの醍醐味があり、追われるベイトを模してルアーで釣れると最高に楽しいです。上記でご説明した釣り方のコツを参考に、スモールマウスバス釣りに挑戦してみてくださいね。

>>これで完璧!関連記事はこちら