出典:pixabay

釣りはとても楽しい遊びなので、男女問わず多くの方々が楽しんでいます。そのため釣り場には多くの釣り人が訪れますが、マナー違反の行動をしてしまうと他の釣り人とトラブルになるなんてことも。今回はそんなトラブルを未然に防いで、楽しく釣りをするためのマナーについてご紹介します。

釣りをしている際のマナー編

出典:pixabay

釣りをしている際についついやりがちなマナー違反があります。このマナー違反は隣にいる釣り人に不快な思いをさせる可能性が非常に高いので、ぜひ気を付けたいポイントです。さっそくチェックしていきましょう。

1.隣の釣り人の直線上にキャストする

初心者アングラーに非常に多いマナー違反ですが、ルアーフィッシングをしている際にキャストする方向が定まらずに、隣にいる釣り人の直線上にキャストしてしまう事です。隣の釣り人の直線上にキャストしてしまう事によって、ラインが絡まってしまったりキャストする事が出来ないといった事になってしまいます。

これは横にいる釣り人からすると非常に不愉快な思いを抱いてしまいますので、キャストに不慣れな方は混みあった釣り場で釣りをする際は注意しましょう。

2.ウキを横にいる釣り人の目の前に流す

ウキ釣りをしていると、潮の流れや風によってウキはどんどん流されていきます。ウキを流していく事自体は戦略としてある事ですが、横に釣り人がいる場合は目の前まで流さないように気を付ける事が必要です。目の前にウキがあるとキャストするのも難しくなりますし、仕掛け同士が絡まる危険性も出てきますのでウキを流しすぎないように注意しましょう。

3.ウキ釣りをしている釣り人のウキのそばで大きな音をたてない

ウキ釣りを楽しむ釣り人は多く、釣りに行くと多くのウキが浮かんでいる事は珍しくありません。ウキ釣りは繊細な仕掛けであるため、ウキの近くでルアーや仕掛けを落とすと魚が警戒して散ってしまいます。そのためウキの近くに不用意にルアーや仕掛けを落とすのはマナー違反になってしまいます。

ルアーや仕掛けをキャストする際は、ウキが近くにないポイントを狙ってキャストするようにしましょう。

釣りをしていない際のマナー編

出典:pixabay

釣りをしている際のマナーについてご紹介してきましたが、ここからは釣りをしていない際のマナーについてご紹介します。釣りをしていない際というのは休憩をしている時や、釣り場についてすぐの時、片づけをしている時についてのタイミングを指します。意外とやってしまいがちなマナー違反がありますので、ぜひチェックしてくださいね。

1.釣り場で大声を出す

釣りは仲の良い友人や家族で行くととても楽しいものですよね。楽しくなってついつい声が大きくなってしまいがちですが、大きな声を出すと魚が警戒して散ってしまう事があります。沖を狙うルアーマンにとってはあまり関係ありませんが、ウキ釣りやフカセ釣りをしている釣り人にとっては非常に迷惑です。

楽しくなって声が大きくなるのは分かりますが、トラブルにならないためにも気を付けたいポイントです。

2.水面をライトで照らす

朝マズメの時合いを狙って暗い内に釣り場に着いたり、夜釣りで釣りをする際は海の状況が非常に分かりにくいもの。そのためライトで水面を照らして海の状況をついつい確認しがちですが、魚はライトの光に照らされると散ってしまいます。それだけで魚の警戒心が高まってしまい、釣れにくくなるなんて事も珍しくありません。先に釣りをしている釣り人にとってはとても嫌な行為になってしまうので、水面をライトで照らさないように気を付けましょう。

3.混みあっている釣り場に挨拶なしで釣り座を構える

釣りは人気が高まってきているため、休日となると多くの釣り人で釣り場が賑わいます。そのためなかなか釣り座を見つける事が出来ないなんて事も珍しくありません。釣り座を探しているとわずかに釣りが出来そうなスペースが空いている事がありますが、そういった際は隣にいる釣り人に挨拶をして釣りをしてもいいか聞く事が大切です。

挨拶をせずにいきなり狭いスペースに釣り座を構えられると、隣にいる釣り人は釣りがしにくくなるだけでなく、割り込まれた気分になるのでトラブルになりやすいです。混みあっている釣り場で釣り座を探す際はぜひとも気を付けたいポイントです。

4.ゴミを持ち帰らずに放置する

このマナーに関しては釣り以外でも同じ事がいえますが、仕掛けの入っていたパッケージやルアーの箱、アミエビや虫エサなどの残り物、飲食物のゴミを持ち帰らない行為はマナー違反となります。このマナー違反は他の釣り人に迷惑をかけるだけでなく、最悪の場合釣り場が使用禁止になる可能性もあります。

綺麗な釣り場を維持する事は釣り人にとって大切な事であり、貴重な釣り場を今後も残していくためには絶対に守らないといけないマナーです。釣りで出たゴミは各々が一つ残らず持ち帰り、気持ちの良い釣り場を維持していきましょう。

マナーを守って気持ちよく釣りを楽しもう!

出典:pixabay

釣りは楽しいレジャーですがマナーを守るともっと楽しく釣りをする事が出来ます。マナーの良い釣りをしていれば他の釣り人と情報交換をする事も出来ますし、釣り仲間が出来るなんて事もあります。トラブルが起きてしまうと釣りが楽しくなくなってしまうので、マナーの良い釣りをして楽しいフィッシングライフを送りましょう!

釣りをする際はライフジャケットの着用を徹底し、安全な状態で釣りを楽しんでくださいね。

>>初心者アングラー必見!関連記事はこちら