出典:unsplash

宮城県では夏にフラットフィッシュ、秋から冬はロックフィッシュ釣りが人気です。ここでは、ロックフィッシュであるアイナメがよく釣れるスポット紹介をいたします。
みなさんは場所選びで悩まれたご経験はありませんか?アイナメが多く生息する場所や少ない場所というのは確実に存在します。岩礁帯が大規模に広がっているエリアを探し、アイナメ釣りを楽しんでくださいね。

周辺を豊かな自然に囲まれている、鮎川港

牡鹿半島の最も先端にある港になります。
半島の入り口からは車で1時間程度の距離があり、道中はカーブや坂などアップダウンが多くアクセスもしにくいため、アングラーでいつも混んでいるといった心配がない場所です。漁港付近や道路沿いには夜間になると鹿が出やすいため、運転の際は鹿との衝突に注意してください。

鮎川港は西側にあるテトラ帯で大型のアイナメが釣れやすいポイントです。水は透き通っていてきれいなので、水中の状態を把握しやすいこともうれしいです。
護岸工事をしている箇所も多いので、立ち入り禁止の標識に注意しながら釣りをしてください。

ロックフィッシュの聖地、金華山

ここで釣れるアイナメはアベレージサイズが大きく、体高がある個体が多いです。アイナメ以外にはソイや尺メバルが人気のターゲットになります。
アクセス方法は鮎川港から渡船を使い島へ渡ります。
ロックフィッシュの大会が開かれることもあり、ロックフィッシュ釣りが好きなアングラーからすると一度は訪れてみたい場所です。雑誌掲載されることも多いスポット。

どこを見つけるかはあなた次第!牡鹿半島 地磯

このエリアは多くの地磯が点在します。アングラーが入りづらいポイントになるほどスレていないアイナメに出会える可能性は高く、特にワーム釣りでは1投目から数投の間にヒットが出やすいです。
いくつもの磯の中から新規の磯を開拓することも楽しみのひとつで、あなた次第で最高のアイナメスポットに出会うことができますよ。漁港のルアー釣りでアイナメが釣れる気がしない方や、とにかく大型を狙いたい場合は地磯での釣行がおすすめです。

アクセスがよく、敷地面積の広い桃浦漁港

半島に入って比較的すぐの漁港であるため、アクセスがよく人気です。中央には小さなトイレがあり、長時間の滞在もしやすいです。
駐車できるスペースは多く、10月から11月の暖かく天気の良い日には大勢のアングラーで込み合います。その後、本格的に気温が寒くなるにつれてアングラーの数は少しずつ減っていきます。家族連れが多く、湾内ではサビキ釣りが人気で小型のサバを中心に数釣りを楽しむことができます。

アイナメ以外には小さいメバルが多いポイントのため、エサだけ持っていかれるといったことがよくあります。
周辺にアオイソメを販売している釣具店やコンビニがないため、仕掛けやオモリ、釣りエサ、飲料、食べ物などはあらかじめ準備しておくと良いでしょう。

車で休みながら釣りを楽しむことができる、女川港

女川港は、車をすぐ横に停めて釣りを楽しむことができアイナメ釣りやサビキ釣りをしている方が多いです。
水深のある場所なので、ボトムを確実に取ることができるウェイトのあるオモリの使用がおすすめです。

近隣にはシーパルピア女川という商業施設があり、海鮮丼やカキなど地元でとれた海産物を提供しています。土日は観光客やツーリングの方などで混んでいて食事の際に待つことが多いので、早めの時間に食事を済ませても良いかもしれません。

あると便利!おすすめアイテムを紹介

ダイワ ヒップバック

ダイワ(DAIWA)
¥3,864(2019/10/17 09:39:55時点 Amazon調べ-詳細)

アイナメは基本的には同じ場所で粘って釣る魚ではありません。ランガンの相棒としてヒップバックは大活躍します

手拭き用ウエットティッシュ

メイホウ(MEIHO)
¥231(2019/10/17 09:39:56時点 Amazon調べ-詳細)

釣り場にはトイレや水道が整備されている場所だけではありません。そして釣り場を変える場合には車移動もあり、筆者はハンドルにエサや魚の臭いがつくことが気になることがありました。ウェットティシュがあると手のべたつきや臭いが軽減されるためおすすめです。

携帯用ハンドソープ

ダイワ(DAIWA)
¥3,864(2019/10/17 09:39:55時点 Amazon調べ-詳細)

釣り場のトイレには水道があってもハンドソープがない場所がよくあります。そしてエサや魚の臭いは1回洗うだけでは臭いが取れません。
筆者は女性のアングラーがハンドソープを携帯しているのをみて、釣りのときに持ち合わせておくと便利だなと感じました。保管場所を取らない小さいタイプがおすすめです。

まとめ

出典:unsplash

宮城県でアイナメを狙う場合は、牡鹿半島や南三陸がよく釣れるエリアになります。ハイシーズンには県外から訪れる方も多く、関東地方から毎週のように通っているなんて方もいるほど魅力的なポイントです。

堤防釣りの魅力は気軽に釣りを楽しむことができること、磯釣りの魅力は危険もありますが自然をかき分けて入っていくアトラクション感覚と、釣れればデカいということにあると感じています。

アイナメは数年前に比べ全然釣れなくなったという場所もよくありますので、小さいサイズや持ち帰って食べない場合などはすぐにリリースし、釣りを楽しめる環境を守っていきたいですね。