ワインド釣法におすすめのタックルをご紹介!

ワインド釣法 ワーム ジグヘッド
出典: Amazon

ワインド釣法の人気が高まっている近年は、さまざまなタックルメーカーから、ワインド釣法での使用に特化して設計された各種タックルが発売されています。ここでは、筆者おすすめの各種タックルを4種類のタックルに分けてご紹介していきます。

ワインド釣法用おすすめタックル① ロッド

ここでは、おすすめの2種類のワインド釣法用ロッドをご紹介します。

ワインド釣法用ロッド: おすすめ1

《このワインド釣法用ロッドのおすすめポイントは?》

大手タックルメーカーである「グローブライド」が製造する、「ダイワ」ブランドのワインド釣法用ロッドです。ブランクスには、表面に巻き付けるカーボンテープをX状にすることで、ねじれによるパワーロスを極限まで抑える「ブレーディングX」テクノロジーが採用されています。このテクノロジーの採用によって、アングラーがロッドを操作する力をルアーの動きに効率的に変換することができるようになっており、操作性の向上に大きく貢献しています。

また、大手タックルメーカーの製品らしく、トップガイドのガイドリングは、高品質ガイドリングとして定評のある、「富士工業」の「SiCリング」が使用されています。手ごろな価格で、大手タックルメーカーの製品ならではの高い品質を感じたいアングラーにぜひともおすすめしたいロッドです。

《このワインド釣法用ロッドのスペックは?》

  • レングス: 251cm
  • ウェイト: 135g
  • 適合ルアーウェイト: 7~21g
  • 適合ライン: PEラインが0.8~1.2号, ナイロンラインが8~16lb

ワインド釣法用ロッド: おすすめ2

《このワインド釣法用ロッドのおすすめポイントは?》

「メジャークラフト」のワインド釣法用ロッドです。メジャークラフトを代表するソルトウォーターゲーム用ロッドの製品シリーズ群である「クロステージ」のワインド専用モデルです。8feet6inchのロングレングスによって、高い遠投力が実現しており、遠距離のポイントにいるターゲットを狙い打つにはもってこいでしょう。

ワインド釣法用ロッドとしては長めのレングスが設定されていますが、握りやすさを追求したグリップ形状や、メジャークラフト独自のXカーボンテクノロジーである「クロフォース製法」の採用によって、非常に扱いやすいロッドに仕上がっています。

《このワインド釣法用ロッドのスペックは?》

  • レングス: 約262cm
  • ウェイト: なし
  • 適合ルアーウェイト: 7~21g
  • 適合ラインクラス (PEライン): 0.6~1.5号

ワインド釣法用おすすめタックル② リール

《このワインド釣法用リールのおすすめポイントは?》

大手タックルメーカーである「シマノ」が製造するワインド釣法用リールです。軽量性とシルキーな回転性能とを最高レベルで形にする汎用スピニングリールとして名高い製品ですが、2019年のモデルチェンジによって、同製品の近年のモデルチェンジ時と比較して、大幅な軽量化が実現しました。ワインド釣法は、ロッドを休みなく上下に振り続ける必要があるため、”腕への負担軽減につながる軽いリールのメリットは非常に大きい”と言えるでしょう。

もちろん、回転性能や操作性についても一切の妥協はなく、内部の各種動作機構の高精度化によって、ギアノイズの発生を極限まで低減させる「サイレントドライブ」テクノロジーや「マイクロモジュールギアII」テクノロジーの採用も高評価に値します。

なお、「C2500S XG」というモデルもラインナップされているのですが、最大巻き上げ長が非常に長く、一般的な各種ゲーム用ロッドよりも短いロッドを使うことが多いワインド釣法では、ロッドのストローク幅分以上のラインを回収してしまう可能性があるため、「C2500S HG」がベストな選択肢でしょう。

《このワインド釣法用リールのスペックは?》

  • ウェイト: 155g
  • ギア比: 6.0
  • 最大巻き上げ長: 81cm
  • 最大ドラグ力: 3kg (実用ドラグ力は2kg)
  • ラインキャパシティー: ナイロンライン 5号が100m, フロロカーボンライン 5号が100m, PEライン 0.8号が150m

ワインド釣法用おすすめタックル③ ジグヘッド

ここでは、おすすめの2種類のワインド釣法用ジグヘッドをご紹介します。

ワインド釣法用ジグヘッド: おすすめ1

「オーナーばり」が製造する、「カルティバ」ブランドのワインド釣法用ジグヘッドです。ワインド釣法で使用可能な他のジグヘッドの中でも、特にダートアクションの質を最重視した設計になっており、独特のヘッドの形状を採用することによって、飛び幅の大きいキレのある派手なダートを生み出します。

また、多くのワインド釣法用ジグヘッドは、シーバスかタチウオへの使用を想定した設計になっていますが、このジグヘッドは、青物やフラットフィッシュなどのあらゆるターゲットを想定した設計になっていることも魅力です。

ただし、アクションが非常に派手で大きいため、”ターゲットをスレさせやすい”という点も覚えておく必要があるでしょう。

ワインド釣法用ジグヘッド: おすすめ2

オーナーばりのカルティバブランドのワインド釣法用ジグヘッドです。タチウオゲームでの使用に的を絞って作られたジグヘッドです。ワームをセットするためのシャフトのが長さが短くすることで、水中におけるワームの安定性を意図的に失わせるようになっており、マイルドなダートを演出します。

夜光塗料を用いたグロウカラーになっていますので、さまざまなシチュエーションで威力を発揮することでしょう。フックも、タチウオへのフッキング性能のみを重視したものになっている点もうれしいポイントで、必要に応じて、トレーラーフックを用いることも考慮された設計です。

ワインド釣法用おすすめタックル④ ワーム

ここでは、おすすめの2種類のワインド釣法用ワームをご紹介します。

ワインド釣法用ワーム: おすすめ1

「オンスタックルデザイン」が製造するワインド釣法用ワームです。ワインド釣法用ワームの代表的存在であり、多くのアングラーが確かな実績を上げてきた定番ワームです。魚の本能を刺激する大きな波動を伴う強烈なダートの威力はすさまじく、筆者も過去に、他のワームで全くバイトが出なかった状況でこのワームに交換した際、1投目でバイトが出た経験があります。

また、ワインド釣法用ワームは、ジグヘッドとの相性問題が起きるケースが多々ありますが、ジグヘッドの種類を問わず、安定した動きをしてくれる点も”素晴らしい”と評価できます。

ワインド釣法用ワーム: おすすめ2

「コーモランプロダクト」が製造するワインド釣法用ワームです。タチウオ用のジグヘッドに最適な下穴が設けられている点や、ケミカルライト用のホルダーが付いている点など、タチウオゲームでの使用が想定された設計が光るワームですが、他のターゲットへの使用も全く問題ありません。キレのあるダートで、活性の低い魚からもリアクションバイトを効果的に引き出します。

ワインド釣法をきわめて好釣果を!

この投稿をInstagramで見る

今日はお魚を求めて行ってきやした 今日に限ってタモを忘れました まぁ大丈夫だろーとか思いながら、3投目、フォール中に穂先がググッと入ってグンっ!ってあわせたら顔をブンブンブンブン振ってきた 小さい青物でも食ってきたかと思って寄せてみたら、60cmぐらいのいいサイズのマゴチがガッツリ食ってた!! タモ忘れたからぶち抜いてやろうと思ってグイッと上げたらマゴチの歯でラインがスパッと。。。 しばらく放心状態😳😳 20lbのリーダーが簡単に切られました ガッツリ食ってたからラインが歯で擦れちゃってた しばらくして悔しさが込み上げてきた😱😱😱 でもいい引きを味わえたからめっちゃ楽しかった 釣りは何があるか分からないからみんなタモは忘れないように!! #釣り #fishing #ワインド #ワインド釣法 #メジャークラフト #daiwa #shimano #オンスタックルデザイン #マゴチ #フラットフィッシュ #タモは忘れずに

Ricky(@riki_billy__fishing)がシェアした投稿 –

ワインド釣法は、ターゲットの本能の効果的に刺激するうえで非常に効果的なゲームスタイルです。一般的なゲームスタイルでは太刀打ちができないような超シビアコンディションにおいても、フィッシュイーターの持つ習性をいかしてリアクションバイトを引き出せるワインド釣法は強力な武器です。

この記事をお読みの皆さんもぜひ、ワインド釣法をきわめて好釣果を自分のものにしませんか。

1 2