出典:写真AC

バス釣りのメジャーフィールドとして人気の印旛沼は陸っぱりからでも十分楽しむことができます。そこで当記事では印旛沼のおすすめ陸っぱりポイントや釣れるルアーを紹介!印旛沼はサッパリという方はぜひ参考にしてみてください。

印旛沼とは?

出典:写真AC

印旛沼は千葉県の印西市、佐倉市、成田市、八千代市の4市に跨る県内最大の湖沼です。千葉県では亀山ダムや高滝湖と並び古くよりバスが釣れるフィールドとして有名で、プロトーナメントも数多く開催しています。今でこそバサーの数は落ち着きましたが休日などはポイントに入れ代わり立ち代わりなんてことも。

エリアとしては北部調整池と西部調整池に分かれており、その間を捷水路が繋いでいます。入り組んだ細い水路までバスは広く散らばっているので、季節や状況に応じたポイント選択が鍵を握ります。

ほぼ全域陸っぱりが可能ですが、レンタルボート屋も充実しているためボートでの釣行も可能です。

ポイントの特徴

印旛沼はマッディウォーターでシャローというのが特徴です。水質は悪く泥を巻き込んだような水の色をしています。また水深は最深部でも2.5m、平均で1.7mというように広大なシャローエリアが続きます。岸沿いは水深1mもないエリアが多く、激シャローをいかに攻略するかがポイントです。

そして印旛沼の特徴としてはもう一つ。ストラクチャーやカバーが非常に多いということ。アシやガマなどの水生植物や杭、沈船など目に見えるものからボトムにはゴミやゴロタ、ヘラ台の木片なども沈殿しています。

そのため意識しなければ一投でルアーをロストということもあります。根がかりが非常に多いフィールドでもあります。

印旛沼のおすすめ陸っぱりポイント

出典:写真AC

1.舟戸かっぱ公園周辺

西部調整池にあるこのポイントは印旛沼のなかでも非常に魚影の濃いエリアとして知られており、以前はトーナメントが開催された場所でもあります。

ストラクチャーとしてはアシや杭が豊富で、岸沿いをスモラバなどスナッグレス性能の高いルアーで丁寧に攻めることがポイントです。

また、このポイントは漁師さんの網などもいたる所で張られています。引っ掛けたりして迷惑にならないよう十分注意しましょう。

2.ラジコン飛行場周辺

北部調整池にあるラジコン飛行場周辺は、シャローが続くためスポーニングの時期に実績の高いエリアです。基本的には砂底で岸沿いはアシやガマが群生しています。

スピナーベイトなどで広く探る方法と、変化があればスモラバなどをタイトに落とすなどしてメリハリ良く釣っていきましょう。

3.印旛新川

印旛新川は南方の花見川へと続く放水路で、比較的川幅も広く護岸もされているため初心者でも釣りやすいエリアです。

常時バスのストックは豊富ですが印旛沼の特徴である豊富なストラクチャー、カバーが延々続くため根がかりは非常に多いです。もちろん根がかりが多い場所にはバスも多く付いているので上手く根がかりを回避しながら釣っていく必要があります。

横の釣りであればスピナーベイト、縦の釣りであればテキサスリグや高比重ワームのノーシンカーリグなどがおすすめです。

印旛沼で釣れる!おすすめルアー3選

出典:写真AC

1.ゲーリーヤマモト 4インチカットテール

印旛沼でもやはり4インチカットテールは良く釣れます。他のルアーで反応が全くない時でもこのルアーだけ釣れることがある程です。またサイズも基本の4インチがおすすめです。プレッシャーが高い場合はダウンサイジングした3インチも有効ですが普通に使うのであれば4インチが良いでしょう。

リグはダウンショットやノーシンカーなどで、あまりキビキビした動きよりもナチュラルに漂わせるほうが印旛沼では効きます。ボトム付近で根がかりを恐れず積極的に使ってみてください。

2.エバーグリーン C-4ジグ

印旛沼にある縦系のストラクチャーを攻める際に有効なのがスモラバです。基本的にはストラクチャーにタイトに落として数アクションして回収という使い方でテンポ良く釣っていきます。

その際岸際はスレたバスも多いためショートバイトを見逃さないようにしておきましょう。アクションをしたらバスがルアーを咥えてないか軽くラインを張って聞いてみるのもコツです。

ルアーはC-4ジグにエビやクロー系のワームを合わせるのがおすすめ。

エバーグリーン(EVERGREEN)
¥515(2019/10/17 04:27:48時点 Amazon調べ-詳細)

3.エバーグリーン Dゾーン

アシやガマが延々続く場所や、護岸などの変化の乏しいエリアではスピナーベイトで横の釣りを展開することで効率良くバスをキャッチできます。横の釣りであればクランクベイトやバイブレーションなどでも良いのですが、やはり根がかりが多いためにできるだけスナッグレス性能が高いルアーを選んだほうが安心です。

その際ルアーはDゾーンがおすすめ。カラーは濁りが強いのでチャート系やパールホワイトなどアピール系が良いでしょう。

使い方はタダ巻きで十分です。とにかくアシ際や護岸沿いをタイトに引いてみましょう。

印旛沼は陸っぱりバサーにとって最高

印旛沼は陸っぱりからでも十分楽しめるフィールドです。岸沿いにバスが付くストラクチャーやカバーが豊富なため丁寧に探っていけば2桁釣ることもできます。また、春先にはスポーニングでバスが岸に寄るため50cmオーバーも期待できます。

水路も豊富で自分だけの場所を見つけることも可能です。陸っぱりバサーにとって申し分ないフィールドと言えるでしょう。