金目鯛は深海魚だということはご存じでしょうか?深海魚は水深200mより深い場所にに生息します。金目鯛も200mより深い場所に生息するので深海魚に分類されます。電動リールや糸の進化によって、深海に潜む金目鯛も比較的簡単に釣れるようになりました。この記事では、金目鯛の沖釣りについて紹介します。

金目鯛(キンメダイ)とは

出典:写真AC

金目鯛(キンメダイ)は日本の釧路沖より南の太平洋に生息します。水深200mより深い大陸棚や海山に群れを作って行動しています。金目鯛の真っ赤な魚体は大きなもので60cmあり、甲殻類やイカなどを捕食しながら成長。

金目鯛は夜行性で水圧の変化に強いため、深海から引き揚げても元気なので釣り上げるまでファイトが楽しめます。金目鯛の旬な時期は冬となっています。脂が乗った身は刺身やしゃぶしゃぶして食べるととても美味しいので、高級魚として高値で取引されています。

金目鯛の沖釣りについて

出典:写真AC

一般的な沖釣りは、乗り合いの遊漁船で釣り場まで行きます。金目鯛の沖釣りでは電動リールを装着した深海用の釣り竿にドウヅキ仕掛けを付けて投げ入れます。複数の人が船の上で釣りを行うため、仕掛けの投げ入れや巻き取りなどは船頭さんの指示に従い行います。

遊漁船で沖釣りを楽しむために必要な料金は1~2万円程度、釣り竿や竿、餌をレンタルする際は、プラス1万円前後となっています。沖釣りを楽しむためにお金がかかりますが、金目鯛は東京で2,000円/kg前後の高級魚なので爆釣りすれば満足度は大です。

金目鯛の沖釣りの仕掛けについて

釣りメディアGyoGyo編集部

金目鯛の沖釣りに使う仕掛けはオーソドックスです。5連ボールベアリングサルカン&スナップサルカン(1号)をフロロカーボンの幹イト(10~12号)に結び付けます。

幹イトには、150cm間隔にクレン親子サルカン(1×2~2×3)を介してムツバリ(17~18号)&枝ス(8号)を5~6つ結び付けた後に、最後にスナップサルカン&シンカー(200号)を結び付けます。

金目鯛の沖釣りに必要な道具について

出典:写真AC

ロッド

ロッドはグラス製で長さは2m前後、オモリ負荷は150号前後がおすすめ。6:4もしくは7:3調子が扱いやすいです。おすすめのロッドは次の通りです。

電動リール

金目鯛の沖釣りで使う電動リールのミチイトはPE(4号)を800m程度巻けるスペックが必要だといわれています。

大型電動リールには12Vと24Vがあります。
遊漁船は24Vが多いので24Vの大型電動リールがおすすめです。
一方、廉価版の電動リールも予算重視の人にはおすすめです。

廉価版の電動リールは12Vが多いので、遊漁船に対応する電源がない場合に備えて別売りのバッテリーと一緒に紹介します。

・24Vのオススメ!電動リール

・ミヤエポック CZ-10HP 
¥283,200(2019/12/11 03:29:53時点 楽天市場調べ-詳細)

・12Vのお手頃電動リール

ライトキンメを狙うなら、こちらもおすすめ。乗る船に確認するのが一番ですが、自前の電源があればなお安心です。

・ダイワ(Daiwa) 電動リール レオブリッツ S500J
ダイワ(DAIWA)
¥39,800(2019/12/11 03:29:54時点 Amazon調べ-詳細)
・ダイワ タフバッテリー 12000[4]
ダイワ(DAIWA)
¥12,033(2019/12/11 04:15:46時点 Amazon調べ-詳細)

ミチイト

4号のPEを800m程度用意して下さい。

カタクチイワシに加え、鯖やイカの切り身(5~6cm)を用意して下さい。

ライフジャケット

船に乗ったらライフジャケットは必需品となっています。船宿でレンタルできることがあるので問い合わせてください。

レインウエア&長靴

船上では、急に雨が降ってきたり、波を被ったりすることを想定してレインウエア&長靴を用意して下さい。

金目鯛の沖釣りのコツ

金目鯛を爆釣りするためには、ちょっとしたコツが必要なので紹介します。

【コツ①:海底から4mを狙う】

積極的にたなを取り直して、海底から4m前後の位置を維持しながら、あたりを待ちます。

【コツ②:金目鯛を誘う】

沖釣りでは、ミチイトの「送り」と「張り」を繰り返して、金目鯛を誘います。

タイミングについては、船頭さんの指示がある場合があるので、初心者は従って下さい。

【コツ③:餌を染める】

食用色素などで、赤や青、緑に染めることで金目鯛にアピールする方法があるので試してください。

まとめ

金目鯛の沖釣りでは、船頭さんの指示に従って下さい。特に、仕掛けを流すタイミングは遅れると、金目鯛がいるポイントからズレてしまうので、しっかり準備して待ちましょう。
金目鯛は、刺し身やしゃぶしゃぶにして頂くととても美味しいので釣っていても楽しいです。

>>気になる魚をしっかりGET!関連記事はこちら